食品化学新聞2016年1月14日号まとめ (その1/4) から続き、 その2では、各分野ごとの15年の動向を見ていきます。 ・分野別解説 ・甘味料 新製品登場で市場に期待 ▽高甘味甘味料 高甘味度甘味料分野の15年の話題は、アドバンテームの本格上場であり、申請者である味の素に加えて三栄源エフ・エフ・アイの2社により新製品が投入された。 〜中略〜 いずれの製品もアドバンテームの物性を最大限に生かした製品に仕上げられており、マスキング効果やフレーバーエンハンス効果といった風味改善効果が高い。ネオテームに続く大型製品の登場により、市場が活況を呈していくことが期待されている。 一方、アスパルテームやス…

各分野ごとの15年の動向を見ていきます (食品化学新聞の紹介 2/4) - waca-jhiのブログ

食品スーパーの酒類を含む一般食品の売上げ動向では、一時的な低下はあるが、酒類の生産や居酒屋業態のような長期低下傾向は見られない。

食品スーパーの酒類を含む一般食品の売上げ動向では、一時的な低下はあるが、酒類の生産や居酒屋業態のような長期低下傾向は見られない。

マドモワゼルC「I love shopping ~fleur~」1万円

高まる母の日ギフト需要。日本橋三越、「花ケーキ」を特集 1枚目の写真・画像

ファッショントレンドニュース|FASHION HEADLINEの記事、高まる母の日ギフト需要。日本橋三越、「花ケーキ」を特集 1枚目の写真・画像です。

「食品、料理」カテゴリはスマートフォン利用者数がPC利用者数を逆転~ニールセン、スマートフォンとパソコンからのカテゴリ別最新利用動向を分析

「食品、料理」カテゴリはスマートフォン利用者数がPC利用者数を逆転~ニールセン、スマートフォンとパソコンからのカテゴリ別最新利用動向を分析 | ニュースリリース | ニールセン デジタル株式会社

「食品、料理」カテゴリはスマートフォン利用者数がPC利用者数を逆転~ニールセン、スマートフォンとパソコンからのカテゴリ別最新利用動向を分析

「食品、料理」カテゴリはスマートフォン利用者数がPC利用者数を逆転~ニールセン、スマートフォンとパソコンからのカテゴリ別最新利用動向を分析 | ニュースリリース | ニールセン デジタル株式会社

こんにちは。 INYOUオーガニックスペシャリストの小林くみんです。 食品添加物は、食品の裏に記載されている表示をみれば、ある程度は避けることは可能かもしれません。 しかし、農薬は、毎日スーパーで買っている野菜に一体どんな農薬が、どれくらい使われているのかが分かりにくいのが現状。 そのため、つい見落としがちになるのが「残留農薬」ではないでしょうか? そんな農薬の中でも、今、話題にあがっているのがネオニコチノイド系農薬。 「ミツバチの減少に関係性が高い」 「私たち人間の脳と神経の発達に悪影響を及ぼす」 そんな報告が相次ぎ、海外でもその使用に規制をかける国が後を絶ちません。 そんな中、日本では2015年5月、厚労省がネオニコチノイド系農薬であるクロチアニジンとアセタミプリドの残留農薬基準を大幅に緩和。 そして、さらに 2016年6月ネオニコチノイド系農薬であるチアメトキサムの残留基準値も緩和しています。 世界の動向と全く逆に進む日本。 一体、日本では何が起こっているのでしょうか? 日本ではネオニコチノイド系農薬が主食であるお米も含め、多くの作物に使用されています。…

こんにちは。 INYOUオーガニックスペシャリストの小林くみんです。 食品添加物は、食品の裏に記載されている表示をみれば、ある程度は避けることは可能かもしれません。 しかし、農薬は、毎日スーパーで買っている野菜に一体どんな農薬が、どれくらい使われているのかが分かりにくいのが現状。 そのため、つい見落としがちになるのが「残留農薬」ではないでしょうか? そんな農薬の中でも、今、話題にあがっているのがネオニコチノイド系農薬。 「ミツバチの減少に関係性が高い」 「私たち人間の脳と神経の発達に悪影響を及ぼす」 そんな報告が相次ぎ、海外でもその使用に規制をかける国が後を絶ちません。 そんな中、日本では2015年5月、厚労省がネオニコチノイド系農薬であるクロチアニジンとアセタミプリドの残留農薬基準を大幅に緩和。 そして、さらに 2016年6月ネオニコチノイド系農薬であるチアメトキサムの残留基準値も緩和しています。 世界の動向と全く逆に進む日本。 一体、日本では何が起こっているのでしょうか? 日本ではネオニコチノイド系農薬が主食であるお米も含め、多くの作物に使用されています。…

豆腐、練物、パン、卵など保存食ではない「日配」食品の売上げにおいては、12月に上昇するものの、構成比は下がっており、他の食品に比べると盛り上がりに欠ける。

豆腐、練物、パン、卵など保存食ではない「日配」食品の売上げにおいては、12月に上昇するものの、構成比は下がっており、他の食品に比べると盛り上がりに欠ける。

「食品、料理」カテゴリはスマートフォン利用者数がPC利用者数を逆転~ニールセン、スマートフォンとパソコンからのカテゴリ別最新利用動向を分析

「食品、料理」カテゴリはスマートフォン利用者数がPC利用者数を逆転~ニールセン、スマートフォンとパソコンからのカテゴリ別最新利用動向を分析 | ニュースリリース | ニールセン デジタル株式会社

酒類を含む一般食品の売上げの季節パターンをみると、12月と8月に盛り上がるという、酒類出荷と似たパターンが見られる。

酒類を含む一般食品の売上げの季節パターンをみると、12月と8月に盛り上がるという、酒類出荷と似たパターンが見られる。

Pinterest
検索