❺(2015.05)信楽手捻盃  藤本 秀  1954  滋賀県甲賀市に生まれる 1973-83 働きながら油彩を学び制作を続ける 1987-92 木や草による造形・制作展を続ける 1990  野焼きによる陶制作を始める 1991  信楽の陶工房で働く 1995  信楽の山中に穴窯を築く  陶芸の森 作家市で戴いてきました (7.3×H6.5)

❺(2015.05)信楽手捻盃 藤本 秀 1954 滋賀県甲賀市に生まれる 1973-83 働きながら油彩を学び制作を続ける 1987-92 木や草による造形・制作展を続ける 1990 野焼きによる陶制作を始める 1991 信楽の陶工房で働く 1995 信楽の山中に穴窯を築く 陶芸の森 作家市で戴いてきました (7.3×H6.5)

Pit Fire - Ryo MIKAMI, Potter / 野焼き~三上亮・陶芸家(6) - YouTube

Pit Fire - Ryo MIKAMI, Potter / 野焼き~三上亮・陶芸家(6) - YouTube

阿曽藍人 野焼き小皿 銀 - toripie トリピエ

阿曽藍人 野焼き小皿 銀 - toripie トリピエ

びわと なんだか実みたいな 野焼きオブジェ

びわと なんだか実みたいな 野焼きオブジェ

大草原をオレンジ色の炎が焼き尽くす『野焼き』/塩塚高原(徳島県三好市) | 瀬戸内Finder

大草原をオレンジ色の炎が焼き尽くす『野焼き』/塩塚高原(徳島県三好市) | 瀬戸内Finder

❺(2016.05)番外編 信楽 蹲 藤本 秀 1954  滋賀県甲賀市に生まれる 1973-83 働きながら油彩を学び制作を続ける 1987-92 木や草による造形・制作展を続ける 1990  野焼きによる陶制作を始める 1991  信楽の陶工房で働く 1995  信楽の山中に穴窯を築く

❺(2016.05)番外編 信楽 蹲 藤本 秀 1954 滋賀県甲賀市に生まれる 1973-83 働きながら油彩を学び制作を続ける 1987-92 木や草による造形・制作展を続ける 1990 野焼きによる陶制作を始める 1991 信楽の陶工房で働く 1995 信楽の山中に穴窯を築く

野焼き

野焼き

藤本 秀  1954  滋賀県甲賀市に生まれる 1973-83 働きながら油彩を学び制作を続ける 1987-92 木や草による造形・制作展を続ける 1990  野焼きによる陶制作を始める 1991  信楽の陶工房で働く 1995  信楽の山中に穴窯を築く  陶芸の森 作家市でどうしても気になり戴いた小振りの蹲です  藤本さんも良い焼けの為に捨てきれずに欠けた口を金直ししたそうです (6.7×H8.3)

藤本 秀 1954 滋賀県甲賀市に生まれる 1973-83 働きながら油彩を学び制作を続ける 1987-92 木や草による造形・制作展を続ける 1990 野焼きによる陶制作を始める 1991 信楽の陶工房で働く 1995 信楽の山中に穴窯を築く 陶芸の森 作家市でどうしても気になり戴いた小振りの蹲です 藤本さんも良い焼けの為に捨てきれずに欠けた口を金直ししたそうです (6.7×H8.3)

burning heather:野焼き

burning heather:野焼き

渡良瀬遊水地 野焼き吟行の画像:吟行燦燦

渡良瀬遊水地 野焼き吟行の画像:吟行燦燦

⑫(2015.12)杯 高山 大  1972 三重県津市生まれ 1996 近藤高弘氏に師事 2001 独立 2002 タンザニアにて土器の製作研究 現在 三重県津市在住  野焼き後漆を掛けて焼いた後磨いているそうです 果物のような高台が可愛いです (8.3×H6.5)

⑫(2015.12)杯 高山 大 1972 三重県津市生まれ 1996 近藤高弘氏に師事 2001 独立 2002 タンザニアにて土器の製作研究 現在 三重県津市在住 野焼き後漆を掛けて焼いた後磨いているそうです 果物のような高台が可愛いです (8.3×H6.5)

❿(2015.10)生成り瓷器盃 川淵 直樹  1946 奈良に生まれる 1971 和光大学人文学部芸術学科卒業 1974 奈良西の京にて作陶を開始。一時赤膚焼の窯元に入門するが     いわゆる職人芸に中途半端に馴染んでしまう事を嫌い     一年を待たず辞去。独学で粉引・井戸などの作品に取り組む 1976 京都府下、南山城村童仙房に工房を移し、半地上式単房長窯、俗にいう     蛇窯を築く粉引・井戸などと共に、本格的に南蛮風焼締陶を焼く  いつもの南蛮や赤い野焼きと違い無垢の地肌のような焼け・・・・・ 叩くとキンキンと音がしますのでしっかりと焼けているようです (6.6×H5.5)

❿(2015.10)生成り瓷器盃 川淵 直樹 1946 奈良に生まれる 1971 和光大学人文学部芸術学科卒業 1974 奈良西の京にて作陶を開始。一時赤膚焼の窯元に入門するが いわゆる職人芸に中途半端に馴染んでしまう事を嫌い 一年を待たず辞去。独学で粉引・井戸などの作品に取り組む 1976 京都府下、南山城村童仙房に工房を移し、半地上式単房長窯、俗にいう 蛇窯を築く粉引・井戸などと共に、本格的に南蛮風焼締陶を焼く いつもの南蛮や赤い野焼きと違い無垢の地肌のような焼け・・・・・ 叩くとキンキンと音がしますのでしっかりと焼けているようです (6.6×H5.5)

❾(2015.09)野焼銀彩酒盃 川淵 直樹  1946 奈良に生まれる 1971 和光大学人文学部芸術学科卒業 1974 奈良西の京にて作陶を開始。一時赤膚焼の窯元に入門するが     いわゆる職人芸に中途半端に馴染んでしまう事を嫌い     一年を待たず辞去。独学で粉引・井戸などの作品に取り組む 1976 京都府下、南山城村童仙房に工房を移し、半地上式単房長窯、俗にいう     蛇窯を築く粉引・井戸などと共に、本格的に南蛮風焼締陶を焼く 一度素焼きをしてから野焼きがしてあるそうです (6.6×H5.8)

❾(2015.09)野焼銀彩酒盃 川淵 直樹 1946 奈良に生まれる 1971 和光大学人文学部芸術学科卒業 1974 奈良西の京にて作陶を開始。一時赤膚焼の窯元に入門するが いわゆる職人芸に中途半端に馴染んでしまう事を嫌い 一年を待たず辞去。独学で粉引・井戸などの作品に取り組む 1976 京都府下、南山城村童仙房に工房を移し、半地上式単房長窯、俗にいう 蛇窯を築く粉引・井戸などと共に、本格的に南蛮風焼締陶を焼く 一度素焼きをしてから野焼きがしてあるそうです (6.6×H5.8)

野焼き

野焼き

初瀬出雲人形 俵ねずみ 奈良県 桜井市  奈良県桜井市出雲でつくられる初瀬出雲人形の歴史は大変古く、約2000年前の土偶の生産が起源とされています。現在でも窯を使わず、籾殻を燃やして野焼きにより焼成されています。ねずみは多産のため子孫繁栄を、俵は五穀豊穣を、と俵ねずみは古来より縁起がよいと親しまれる組み合わせです。 水野 佳珠 〒633-0122 奈良県桜井市出雲町1208 TEL: 0744-47-7255

初瀬出雲人形 俵ねずみ 奈良県 桜井市 奈良県桜井市出雲でつくられる初瀬出雲人形の歴史は大変古く、約2000年前の土偶の生産が起源とされています。現在でも窯を使わず、籾殻を燃やして野焼きにより焼成されています。ねずみは多産のため子孫繁栄を、俵は五穀豊穣を、と俵ねずみは古来より縁起がよいと親しまれる組み合わせです。 水野 佳珠 〒633-0122 奈良県桜井市出雲町1208 TEL: 0744-47-7255

大草原をオレンジ色の炎が焼き尽くす『野焼き』/塩塚高原(徳島県三好市) | 瀬戸内Finder

大草原をオレンジ色の炎が焼き尽くす『野焼き』/塩塚高原(徳島県三好市) | 瀬戸内Finder

Pinterest
検索