中世的ファンタジー世界。スチームパンク感溢れるジオラマ作品に好奇心をくすぐられる | ARTIST DATABASE/アーティストデータベース
中世的ファンタジー世界。スチームパンク感溢れるジオラマ作品に好奇心をくすぐられる | ARTIST DATABASE/アーティストデータベース
静物(骸) 横田七郎 1929年 平塚市美術館所蔵このたび、武蔵野美術大学 美術館・図書館では、展覧会「近代日本彫刻展 ― A Study of Modern Japanese Sculpture」を開催します。 本展は、西欧の研究者が日本の近代彫刻を紹介するこれまでにない試みとして、エドワード・アーリントン教授(Edward Allington/ロンドン大学スレード校大学院)の協力のもと、リーズ(イギリス)にあるヘンリー・ムーア・インスティテュートによって企画され、同地にて2015年1月18日から4月19日まで開催されました。西欧の視座から日本の近代彫刻とその歴史を見直すことで、日英の双方が「彫刻」についての認識を深める一方で、イギリス展を契機に、西欧においても「近代日本彫刻」が新たな研究分野として確立されることが期待されます。…
團扇に眠る猫 (高村光雲作) 開創1200年を迎えた高野山で、金剛峯寺金堂の本尊が、昭和9年におさめられて以来、初めて開帳された。作者は、幕末から昭和にかけて、日本の近代彫刻を切りひらいた彫刻家・高村光雲。金堂の本尊は、70歳を過ぎ、なみなみならぬ思いで彫り上げたこん身の作。職人であることに誇りを持ちながら、新たな時代の彫刻を探求し続けた、その生涯に迫る。 高村光雲は、11歳で仏師のもとに弟子入りし、ひとりの職人としてその道を歩み始めた。 明治維新の後、廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)などの影響で、木彫の世界が厳しい状況に追い込まれる中、決して信念を曲げず修行を重ねた。西洋の彫刻を学んだ息子の光太郎は、職人としての姿勢を貫こうとする光雲を強く批判したが、光雲自身も新しい彫刻を模索し、「老猿」など、近代彫刻を代表する傑作を世に送り出した。  そんな光雲が、最晩年「現代第一流ノ人格手腕ヲ具備スル彫刻家」と目され、依頼を受けたのが高野山の秘仏だった。死を意識しながら、何を目指したのか。職人と芸術家、相反する領域をひょうひょうと行き来しながら、木彫一筋に生きた光雲の実像に迫る。
静物(豆) 横田七郎 1929年 平塚市美術館所蔵このたび、武蔵野美術大学 美術館・図書館では、展覧会「近代日本彫刻展 ― A Study of Modern Japanese Sculpture」を開催します。 本展は、西欧の研究者が日本の近代彫刻を紹介するこれまでにない試みとして、エドワード・アーリントン教授(Edward Allington/ロンドン大学スレード校大学院)の協力のもと、リーズ(イギリス)にあるヘンリー・ムーア・インスティテュートによって企画され、同地にて2015年1月18日から4月19日まで開催されました。西欧の視座から日本の近代彫刻とその歴史を見直すことで、日英の双方が「彫刻」についての認識を深める一方で、イギリス展を契機に、西欧においても「近代日本彫刻」が新たな研究分野として確立されることが期待されます。…
干物(めざし) 横田七郎 1928年 平塚市美術館所蔵このたび、武蔵野美術大学 美術館・図書館では、展覧会「近代日本彫刻展 ― A Study of Modern Japanese Sculpture」を開催します。  本展は、西欧の研究者が日本の近代彫刻を紹介するこれまでにない試みとして、エドワード・アーリントン教授(Edward Allington/ロンドン大学スレード校大学院)の協力のもと、リーズ(イギリス)にあるヘンリー・ムーア・インスティテュートによって企画され、同地にて2015年1月18日から4月19日まで開催されました。西欧の視座から日本の近代彫刻とその歴史を見直すことで、日英の双方が「彫刻」についての認識を深める一方で、イギリス展を契機に、西欧においても「近代日本彫刻」が新たな研究分野として確立されることが期待されます。…
撮影:Jerry Hardman-Jonesこのたび、武蔵野美術大学 美術館・図書館では、展覧会「近代日本彫刻展 ― A Study of Modern Japanese Sculpture」を開催します。  本展は、西欧の研究者が日本の近代彫刻を紹介するこれまでにない試みとして、エドワード・アーリントン教授(Edward Allington/ロンドン大学スレード校大学院)の協力のもと、リーズ(イギリス)にあるヘンリー・ムーア・インスティテュートによって企画され、同地にて2015年1月18日から4月19日まで開催されました。西欧の視座から日本の近代彫刻とその歴史を見直すことで、日英の双方が「彫刻」についての認識を深める一方で、イギリス展を契機に、西欧においても「近代日本彫刻」が新たな研究分野として確立されることが期待されます。…
石川光明 (1852-1913)「羊」(遠山記念館所蔵) 宮彫師の家に生まれる。祖父・藤吉は浅草寺雷門を手掛けその名を知られたという。数え3歳で父を、9歳で祖父を亡くし、駒形に住む叔父の家で家業の宮彫を習う。1862年から絵画を狩野寿信に、1886年(慶応2年)からは牙彫を根付師・菊川正光に学ぶ。1881年の第2回内国勧業博覧会出品の「牙彫魚籃観音像」と「嵌入の衝立」はともに妙技二等賞受賞。1882年(明治15年)に同い年の高村光雲と出会い、互いに良き理解者として親交を深めた。彼らは共に、1890年(明治23年)帝室技芸員(10月2日[1])、東京美術学校教授、文部省の美術展覧会審査員などを歴任し、東京彫工会で近代彫刻の発展に尽力した。
白文鳥 高村光太郎 1931年頃 個人蔵(フジヰ画廊) 撮影:髙村規このたび、武蔵野美術大学 美術館・図書館では、展覧会「近代日本彫刻展 ― A Study of Modern Japanese Sculpture」を開催します。  本展は、西欧の研究者が日本の近代彫刻を紹介するこれまでにない試みとして、エドワード・アーリントン教授(Edward Allington/ロンドン大学スレード校大学院)の協力のもと、リーズ(イギリス)にあるヘンリー・ムーア・インスティテュートによって企画され、同地にて2015年1月18日から4月19日まで開催されました。西欧の視座から日本の近代彫刻とその歴史を見直すことで、日英の双方が「彫刻」についての認識を深める一方で、イギリス展を契機に、西欧においても「近代日本彫刻」が新たな研究分野として確立されることが期待されます。…
石に就て 橋本平八 1928年 個人蔵(三重県立美術館寄託)このたび、武蔵野美術大学 美術館・図書館では、展覧会「近代日本彫刻展 ― A Study of Modern Japanese Sculpture」を開催します。  本展は、西欧の研究者が日本の近代彫刻を紹介するこれまでにない試みとして、エドワード・アーリントン教授(Edward Allington/ロンドン大学スレード校大学院)の協力のもと、リーズ(イギリス)にあるヘンリー・ムーア・インスティテュートによって企画され、同地にて2015年1月18日から4月19日まで開催されました。西欧の視座から日本の近代彫刻とその歴史を見直すことで、日英の双方が「彫刻」についての認識を深める一方で、イギリス展を契機に、西欧においても「近代日本彫刻」が新たな研究分野として確立されることが期待されます。…
Pinterest
検索