Pinterest

スバル360 - Google 検索

てんとう虫こと「スバル360」が機械遺産に!スバル360の魅力と中古車情報をまとめていきます。富士重工業のスバル360はてんとう虫の愛称で親しまれた日本の名車であり、戦後日本史に残る大衆車です!昔も今も、子供からお年寄りまで人気の秘訣は!?機械遺産の決め手は!?

Daihatsu - シェブロンモデルズ・スバル360(ボディのみ)と昔の軽はおもしろマシン!!

Daihatsu - シェブロンモデルズ・スバル360(ボディのみ)と昔の軽はおもしろマシン!! もっと見る

未読19件 - Yahoo!メール

Yahoo! JAPANのメールサービス。大容量のメールボックスや、迷惑メール対策機能を用意。パソコンやスマートフォン、携帯電話でも便利に使えるヤフーメール(無料)です。

クロネコヤマト仕様を纏ったランボルギーニ「ムルシエラゴ」

過去に、ランボルギーニの「アヴェンタドール」や「ウラカン」「ムルシエラゴ」「ガヤルド」等、宣伝カーやデモカー、カスタムカー等を紹介してきましたが、今までの紹介車両の中で、ずば抜けて斬新過ぎるものを発見しました。 それが、クロネコヤマト仕様に纏ったランボルギーニ「ムルシエラゴ」です。 いやいや、確かに

SUBARU / 360 Commercial                                                                                                                                                                                 もっと見る

SUBARU / 360 Commercial もっと見る もっと見る

水色のワーゲンバス (ビーチ)

水色のワーゲンバス (ビーチ) もっと見る

redpuffin:  (via Fiat 600 multipla mister croccantino 1000 miglia - a photo on Flickriver)                                                                                                                                                                                 もっと見る

redpuffin: (via Fiat 600 multipla mister croccantino 1000 miglia - a photo on Flickriver) もっと見る もっと見る

Toriyama                                                                                                                                                                                 もっと見る

昔は漫画や映画が車を教えてくれた🎵

#Toyota #Publica http://pinterest.com/toyotawatertown/vintage-toyotas/                                                                                                                                                                                 もっと見る

#Toyota #Publica http://pinterest.com/toyotawatertown/vintage-toyotas/ もっと見る もっと見る

TOYOTA CELICA

TOYOTA CELICA X X: 郷愁の自動車・カタログギャラリー

半世紀に渡り、趣味で集めた自動車カタログ…お茶でもしながら美しいそのフォルムを眺め、一緒にお話ししませんか?

Schlorwagen-Pillbug-03

小じんまりで美しい1930年代の傑作車。 Schlörwagen

DDN は音楽・映像に関する デジタルアートを中心に情報ミックスを配信中

世界の名車<第116回>日本のクルマの原点「ダイハツ・ミゼット」 - 小川フミオのモーターカー - 朝日新聞デジタル&M

販売戦略も、その軽便性を売りとする「街のヘリコプター」なるユニークなキャッチフレーズ、楠トシエの歌うコマーシャルソングなど個性的であったが、特筆すべきはテレビコマーシャルのいち早い活用であった。当時ダイハツがスポンサーとなっていたコメディドラマ「やりくりアパート」(1958年 - 1960年)の生CMに、ドラマの主役である大村崑を起用、番組終わりのCM枠では毎回、大村がギャグ混じりで「ミゼット!、ミゼット!」と連呼した。これらの拡販策は大当たりとなり、ミゼットは一躍ベストセラーとなった。 以後大手・中堅のオート三輪メーカー各社はミゼットに追随して軽オート三輪に続々参入し、この軽オート三輪ブームは1960年(昭和35年)頃まで続く