薪 ストーブ

薪ストーブ・焚き火・バーベキュー・ダッチオーブン・かまどなど、5つの用途に使える、とっても便利な1台。アウトドアでの煮炊きや焼き物など、幅広く対応するマルチな煙突ストーブです。

薪ストーブ・焚き火・バーベキュー・ダッチオーブン・かまどなど、5つの用途に使える、とっても便利な1台。アウトドアでの煮炊きや焼き物など、幅広く対応するマルチな煙突ストーブです。 もっと見る

建築家:ALTS DESIGN OFFICE「「末広の家」薪ストーブ・吹抜・焼杉」

こんなに便利って知らなかった~部屋別にみる現代の土間の在り方~

滋賀県の建築家 ALTS DESIGN OFFICEのプロフィール|-私たちは”デザイン”を通して世の中を豊かにします-私たちはデザインをすることが好きで日々デザインすることを楽しんでいます。このデザインという手法を使い、世の中を少しでも豊かにできればと思っています。人が自然と感じる心地よさや豊かさをデザインによって形を表現できれば、世の中はすごく楽しくなるのではないでしょうか…?私たちは、ただ単に綺麗なモノや斬新なモノを世の中に打ち出すのではなく皆さまの想い・家族との繋がり・人生観、その場所の心地よさ、人とモノとの関係性…さまざまな視点・観点からクライアント一人一人にぴったり合う“アイディア”を見つけ出しコンセプト化しています。私たちは、クライアント一人一人に寄り添い・対話し、クライアントに合ったコンセプトを提案することがそこに住まう・訪れる人々の思い描く心地よさ・豊かさを形にすることができ、日々の暮らしをよりよいものに変化させることができると思っています。私たちの”アイディア”によってつくり出されるデザインは、人と人・人とモノとのストーリーを生み出しその人・そのモノの本質に迫る“デザイン”だと考えています。私たちはこうした“デザイン”を通して、世の中を少しでも豊かにできればと思っています。オフィシャルブログhttp://alts-design.com/blog/

薪ストーブ

薪ストーブのある暮らし方をログハウスで提案

別荘に薪ストーブを置きたいと思っている人は多いはず。ただ置くだけではもったいない! ライフスタイルにあわせた設置方法をログハウスメーカー「BESS」が提案しています。

土間と薪ストーブ

『kinoto』では、土間を再評価し、 「インナーテラス」として、現代の住宅に取り入れてご提案しています。 「土間」と聞くと、日本の伝統的な農家の風景を 連想される方が多いかと思いますが、 『kinoto』が住宅設計に取り入れているのは、 懐古主義的な和風テイストのアレンジではなく、 土間が元来果たしていた役割や機能性です。 かつて、土間は家の外と中とをつなぐ中間の場でした。 また、収穫した作物の...

mu-g-uさんの、ダッチウエスト,3Coins,セリア,多肉植物,100均,モノトーン,照明,雑貨,DIY,アンティーク,観葉植物,薪ストーブ,サーファーズハウス,カフェ風,カリフォルニアスタイル,男前,部屋全体,のお部屋写真

リノベーション/ダッチウエスト/3Coins/セリア/多肉植物/100均…などのインテリア実例 -2016-10-22 19:31:12

女性で、3LDKのリノベーション/ダッチウエスト/3Coins/セリア/多肉植物/100均…などについてのインテリア実例を紹介。「リビング側からのキッチン&ダイニング。」(この写真は 2016-10-22 19:31:12 に共有されました)

テント内にインストール可能なポータブル薪ストーブが続々登場。冬のキャンプが癒し空間に

テント内にインストール可能なポータブル薪ストーブが続々登場。冬のキャンプが癒し空間に

バーモントキャスティングス アンコール ~薪ストーブの世界~【FIRESIDE】

バーモントキャスティングス アンコール ~薪ストーブの世界~【FIRESIDE】 もっと見る

土間のある家|作品集|紀州材を使った木の家、木造住宅、在来工法、民家型工法、地域密着型(和歌山県)、外断熱通気工法の住宅設計|一級建築士事務所 中村伸吾建築設計室

土間に薪ストーブのある家。リビングからこの風景は最高。

YUHさんの、Overview,照明,ナチュラル,TRUCK,セルジュムーユ,薪ストーブ,TRUCK FUNITURE,アースカラー,大きな窓,FKソファ,白い家,iron…

truckfurniture/SLOW LIFE STYLE/薪ストーブ…などのインテリア実例 -2016-08-03 21:52:32

SLOW LIFE STYLE/薪ストーブ/アースカラー/iron leg low table/白い家…などのインテリア実例 - 2016-08-03 21:52:32 | RoomClip(ルームクリップ)

グレゴリーさんのリクエストで薪ストーブを設置。丸太から薪をつくるのはグレゴリーさんの役目。

海辺のスローライフ海から歩いて0分、五感で海を感じる家。

窓の向こうに広がる水平線 美しい海岸線で知られる秋谷海岸。晴れると富士山も見えるその眺めは古くから絶景として知られ、シーズンには海水浴も楽しめる。夫のグレゴリーさん、妻の麻紀さん、そして小学生の娘さんのスターさん一家が暮らすのは、その秋谷の海辺というロケーションを最大限に生かした住まいだ。 スターさんの家の玄関を入ると、まず目に飛び込んでくるのは、リビングダイニングの窓一面に広がる水平線。眺めていると、太陽の日差しできらきらと光る海面をゆっくりと船が横切っていく。「海と家の間を隔てるものが何もないから、海とダイレクトにつながっている感じがします」と麻紀さん。 ウッドデッキに立てば砂浜が見えるが、リビングダイニングからは海しか見えない。水平線を眺めながら心地良い潮風と波の音に包まれていると、まるで船の上にいるような気がしてくる。 思い切って東京から引っ越し スターさん一家が秋谷にこの家を建てたのは約4年前。けれども、この場所との縁は古く、1990年頃にさかのぼる。もともとは築80年を超える平屋を、グレゴリーさんが数名の友人とシェアして借りたのが始まりだった。「みんな都内に住んでいて、休み

Pinterest
検索