蔵収納・ロフトのある家・間取り(愛知県あま市) | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

蔵収納・ロフトのある家・間取り(愛知県あま市) | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

栃木県宇都宮市といえば餃子!その餃子目指して宇都宮を訪れる方はとても多いものです。そんな宇都宮ドライブの帰りに立ち寄っていただきたい宇都宮周辺の駐車場があるスターバックスをご紹介します。

栃木県宇都宮市といえば餃子!その餃子目指して宇都宮を訪れる方はとても多いものです。そんな宇都宮ドライブの帰りに立ち寄っていただきたい宇都宮周辺の駐車場があるスターバックスをご紹介します。

ルーバー状格子状の木製水切りのある、横長でゆったりとした作りのキッチンシンク

【最短の動線を平行移動】横長のシンクの上に作り込まれたゆったりとした作業スペース

ルーバー状格子状の木製水切りのある、横長でゆったりとした作りのキッチンシンク

2階の4畳半のキッチン。シンク前の一部以外は畳ばり。

2階の4畳半のキッチン。シンク前の一部以外は畳ばり。

こんばんわ、おろしです。 今日は『モールテックス』という左官材のお話にします。 知ってるよ!って方はスルーなさってくださいまし。 『モールテックス』はベルギーのBEAL社という会社で作られているセメント系の薄塗り左官材です。 ボクは家の中でのポイントポイントでモルタルチックにしたい願望があり、キョンちゃんに相談したところ、この左官材を紹介されました。 特徴は ①薄塗りでも強度がある (1~3mm厚でコンクリートの5倍らしい) ②セメント系だけど、弾力性がある (下地がコンパネとかでも塗れる) ③もちろん見た目はモルタルやコンクリートと同じ意匠性がある (どころか選べる色が満載) ④防水処理をす…

こんばんわ、おろしです。 今日は『モールテックス』という左官材のお話にします。 知ってるよ!って方はスルーなさってくださいまし。 『モールテックス』はベルギーのBEAL社という会社で作られているセメント系の薄塗り左官材です。 ボクは家の中でのポイントポイントでモルタルチックにしたい願望があり、キョンちゃんに相談したところ、この左官材を紹介されました。 特徴は ①薄塗りでも強度がある (1~3mm厚でコンクリートの5倍らしい) ②セメント系だけど、弾力性がある (下地がコンパネとかでも塗れる) ③もちろん見た目はモルタルやコンクリートと同じ意匠性がある (どころか選べる色が満載) ④防水処理をす…

階段室から2階のリビングダイニングを見上げる。黒と白の仕上げのコントラストが際立つ空間。

階段室から2階のリビングダイニングを見上げる。黒と白の仕上げのコントラストが際立つ空間。

1階奥にある浴室。狭いスペースが広く感じられるように、床から掘り下げられている。

1階奥にある浴室。狭いスペースが広く感じられるように、床から掘り下げられている。

階段をスチールにしたのは、その下に玄関があるため高さをできるだけ取りたかったのと開放感を出したかったため。

階段をスチールにしたのは、その下に玄関があるため高さをできるだけ取りたかったのと開放感を出したかったため。

松山茶花蒔絵硯箱 尾形光琳 個人蔵 尾形深省の箱書をもつ光琳蒔絵(まきえ)の基準作として知られている。被蓋造で、蓋の甲を高く盛り上げた硯箱である。本作品は、身の左側に水滴・硯を収め、右に筆置をもうけて刀子入を刳っており、光悦蒔絵硯箱の形式を踏襲している。黒漆の蓋表に大きく鉛板で山茶花の花を表し、金平蒔絵・描割で葉と葉脈を表している。その背後に細い銀の板金を貼り付けて、松葉を表す。材料・技法ともに光琳蒔絵の特徴を示す硯箱である。益田家伝来。『光琳二百年忌記念光琳遺品展覧会出品目録』所載。

松山茶花蒔絵硯箱 尾形光琳 個人蔵 尾形深省の箱書をもつ光琳蒔絵(まきえ)の基準作として知られている。被蓋造で、蓋の甲を高く盛り上げた硯箱である。本作品は、身の左側に水滴・硯を収め、右に筆置をもうけて刀子入を刳っており、光悦蒔絵硯箱の形式を踏襲している。黒漆の蓋表に大きく鉛板で山茶花の花を表し、金平蒔絵・描割で葉と葉脈を表している。その背後に細い銀の板金を貼り付けて、松葉を表す。材料・技法ともに光琳蒔絵の特徴を示す硯箱である。益田家伝来。『光琳二百年忌記念光琳遺品展覧会出品目録』所載。

終章   オディロン・ルドン『グラン・ブーケ(大きな花束)』(1901年、三菱一号館美術館蔵)   シャルダン展をどうにか観終わって、さあ帰ろうと ― もちろん大阪にある自分の家にだが ― 思っているとき、意外な絵と出会った。三菱一号館の最後の一室に、ルドンの大作『グラン・ブーケ...

終章 オディロン・ルドン『グラン・ブーケ(大きな花束)』(1901年、三菱一号館美術館蔵) シャルダン展をどうにか観終わって、さあ帰ろうと ― もちろん大阪にある自分の家にだが ― 思っているとき、意外な絵と出会った。三菱一号館の最後の一室に、ルドンの大作『グラン・ブーケ...

Pinterest
検索