http://www.google.co.jp/blank.html

http://www.google.co.jp/blank.html

夭折の天才画家、オーブリー・ビアズリー展 | 北欧雑貨と日本の民芸

夭折の天才画家、オーブリー・ビアズリー展 | 北欧雑貨と日本の民芸

兵庫県立美術館「パウル・クレーだれにもないしょ」展チラシ

兵庫県立美術館「パウル・クレーだれにもないしょ」展チラシ

青いね。横浜。

青いね。横浜。

アンティークフェア新宿

アンティークフェア新宿

葛西臨海水族園の新年イベント(2016) | 東京ズーネット もっと見る

1

休館日 月曜日 開館時間 午前10時‐午後5時 (入場は午後4時半まで) 入場料 一般1000円、学生800円 *中学生以下は無料 肥前地方(現在の佐賀県一帯)で江戸時代に作られた陶磁器は、唐津、古武雄(こたけお)と言われる陶器と、朝鮮半島から伝えられた新しい技術で作られた磁器があります。 肥前磁器の楽しさは、中国から請来されていた古染付、呉州染付(ごすそめつけ)、祥瑞(しょんずい)などを手本にした染付磁器に始まり、ゆったりとした意匠の作品を生み、やがて赤、緑、黄、紫などの色彩で文様を描く色絵磁器へと急速に展開するところにあります。 はじめ灰白色であった白磁は、純白の白磁へと完成度を高め、やがて柿右衛門や古伊万里として知られる華やかな色絵磁器となりました。17世紀中頃になると、肥前磁器は東南アジア諸国から中近東、そしてヨーロッパ諸国へと輸出され、海外市場の需要に応じた器形や意匠の磁器が大量に作られました。一方、鍋島は、藩窯として活動し、献上品を中心に優雅な色絵や染付、青磁を焼きました。

Pinterest
検索