地方札・十四月花  月が14月まである花札。 京都の松井天狗堂が製造したもので、正確には地方札でも伝統ある札でもないが、 伝統ゲームである花札の新しい形と言うことで掲載する。 13ヶ月目は別名地の月で、植物は「竹」。「竹に虎」の10点札、短冊の5点札がある。 14ヶ月目は別名天の月で、植物は「蓮」。「蓮に竜」の20点札、短冊の5点札がある。 札の点数合計は308で、4で割ると77になる。4人で八八と同様のゲーム七七ができるようになっている。 七七では手札は6枚、場札は8枚とする。  十四月花(じゅうよんがつばな) Juyon-gatsu-bana

地方札・十四月花 月が14月まである花札。 京都の松井天狗堂が製造したもので、正確には地方札でも伝統ある札でもないが、 伝統ゲームである花札の新しい形と言うことで掲載する。 13ヶ月目は別名地の月で、植物は「竹」。「竹に虎」の10点札、短冊の5点札がある。 14ヶ月目は別名天の月で、植物は「蓮」。「蓮に竜」の20点札、短冊の5点札がある。 札の点数合計は308で、4で割ると77になる。4人で八八と同様のゲーム七七ができるようになっている。 七七では手札は6枚、場札は8枚とする。 十四月花(じゅうよんがつばな) Juyon-gatsu-bana

Hanafuda by Kelsey Cretcher, via Behance.  I love hanafuda.

Hanafuda by Kelsey Cretcher, via Behance. I love hanafuda.

大連花(だいれんばな) Dairen-bana  中国に渡った日本人の間で使われた札。 短冊札に背景があり、模様が赤短、青短、その他で異なっている。  大連花

大連花(だいれんばな) Dairen-bana 中国に渡った日本人の間で使われた札。 短冊札に背景があり、模様が赤短、青短、その他で異なっている。 大連花

hanahuda,flower cards,koi koi,japanese playing cards,kiku

hanahuda,flower cards,koi koi,japanese playing cards,kiku

月が13月まである花札(八八花)。 京都の松井天狗堂が製造したもので、正確には地方札でも伝統ある札でもないが、 伝統ゲームである花札の新しい形と言うことで掲載する。 13ヶ月目は「竹」で、20点札は「竹に虎」、10点札は「竹に雀」と、竹に縁のある鳥獣を配している。 4人で八八とい...

月が13月まである花札(八八花)。 京都の松井天狗堂が製造したもので、正確には地方札でも伝統ある札でもないが、 伝統ゲームである花札の新しい形と言うことで掲載する。 13ヶ月目は「竹」で、20点札は「竹に虎」、10点札は「竹に雀」と、竹に縁のある鳥獣を配している。 4人で八八とい...

Relearning this game ... Fun!

Relearning this game ... Fun!

阿波花(あわはな) Awa-hana  四国徳島地方で使用された花札。金太郎の鬼札(ジョーカーのようなもの)が入っており、金時花とも呼ばれる。

阿波花(あわはな) Awa-hana 四国徳島地方で使用された花札。金太郎の鬼札(ジョーカーのようなもの)が入っており、金時花とも呼ばれる。

入の吉(日本骨牌)

入の吉(日本骨牌)

任天堂地方札   其の壱   【赤八】 【地方札を知らない人の為の解説】   まず地方札というのは、簡単に分類にまとめると、『天正カルタ』、『めくり札』、『黒札』、『うんすうかるた』、『株札』、『豆札』、『花札』、『手本引き』、『道才かるた』の9種類で、これをもっと名称わかれすると46種類もの数になります。  元々カルタというのは室町時代にポルトガルから入ってきたカード(カルタ)が全国に広がり、各地方の文化や技法で独自な進化をして今現在に伝承されています。  皆さんが知っている花札、百人一首、歌留多も、その中の一つです。  しかし残念ながら昭和40年を皮切りに任天堂は株札と花札以外の地方札の製造を中止。  今では『赤八』をはじめ他の地方札の遊び方を知っている方が、時代の流れと供にいなくなり地方札の存在自体が危やうくなっています。  既に地方札を販売している店は無く、私が知る限り首都圏に店を構える某店しか確認されてません。  しかも在庫なくなり次第終わりです。  せめてもの救いは競合店の大石さんと松井さんが未だに地方札を製造している事です。

任天堂地方札 其の壱 【赤八】 【地方札を知らない人の為の解説】 まず地方札というのは、簡単に分類にまとめると、『天正カルタ』、『めくり札』、『黒札』、『うんすうかるた』、『株札』、『豆札』、『花札』、『手本引き』、『道才かるた』の9種類で、これをもっと名称わかれすると46種類もの数になります。 元々カルタというのは室町時代にポルトガルから入ってきたカード(カルタ)が全国に広がり、各地方の文化や技法で独自な進化をして今現在に伝承されています。 皆さんが知っている花札、百人一首、歌留多も、その中の一つです。 しかし残念ながら昭和40年を皮切りに任天堂は株札と花札以外の地方札の製造を中止。 今では『赤八』をはじめ他の地方札の遊び方を知っている方が、時代の流れと供にいなくなり地方札の存在自体が危やうくなっています。 既に地方札を販売している店は無く、私が知る限り首都圏に店を構える某店しか確認されてません。 しかも在庫なくなり次第終わりです。 せめてもの救いは競合店の大石さんと松井さんが未だに地方札を製造している事です。

伊勢札(松井天狗堂)

伊勢札(松井天狗堂)

Pinterest
検索