コレクション展 遠州・不昧の美意識

コレクション展 遠州・不昧の美意識

❻銹陶銀彩ぐい呑(2016.06) 井口 大輔  1975  栃木県に生まれる  1998  東北芸術工科大学 芸術学部美術科陶芸卒業  1999  栃木県窯業指導所研究生修了。浦口雅行氏に師事   土を紐作りではなくて玉作りにして貼り付けて形を作っていく為に独特の 風合いになっています。今年の新作だそうです (7.1×H6)

❻銹陶銀彩ぐい呑(2016.06) 井口 大輔 1975 栃木県に生まれる 1998 東北芸術工科大学 芸術学部美術科陶芸卒業 1999 栃木県窯業指導所研究生修了。浦口雅行氏に師事 土を紐作りではなくて玉作りにして貼り付けて形を作っていく為に独特の 風合いになっています。今年の新作だそうです (7.1×H6)

正阿弥勝義 (1832-1908)《蓮葉に蛙皿》明治時代 (径12.0cm,  清水三年坂美術館蔵) 美作国津山藩(岡山県東北部)が抱えていた彫金師・中川五右衛門勝継の三男(幼名は淳蔵、通称は淳蔵、勝義は工名)。幼い頃から父に彫金を学び、江戸出府を試みるが果たせず、18歳で岡山藩御抱え彫金職人の名家・正阿弥家の婿養子となり正阿弥家9代目を継ぐ。実兄・中川一匠(幕府抱え彫金家 後藤家の門人で幕府及び朝廷御用職人)や、その師・後藤一乗から、手紙で下絵、脂型、作品を遣り取りして指導を受ける。廃藩置県・廃刀令で刀装具の仕事がなくなり、美術工芸品や茶器などを制作し始める。明治11年(1878)職人30余名で輸出産業を起こし、神戸貿易商・濱田篤三郎の紹介でイギリス商人と契約締結。大衝立の注文を受け、加納夏雄・海野勝珉の十二支図案で、勝義の金工彫、逸見東洋の木工により3年がかりでを制作(現在ボストン美術館所蔵)。国内外で博覧会・美術展に出品し各地で高い評価を受ける。明治32年(1899年)67歳で美術研究のため京都へ転居し、京文化を吸収し更なる飛躍を遂げる(名作の多くは京都移住後のもの)。

正阿弥勝義 (1832-1908)《蓮葉に蛙皿》明治時代 (径12.0cm, 清水三年坂美術館蔵) 美作国津山藩(岡山県東北部)が抱えていた彫金師・中川五右衛門勝継の三男(幼名は淳蔵、通称は淳蔵、勝義は工名)。幼い頃から父に彫金を学び、江戸出府を試みるが果たせず、18歳で岡山藩御抱え彫金職人の名家・正阿弥家の婿養子となり正阿弥家9代目を継ぐ。実兄・中川一匠(幕府抱え彫金家 後藤家の門人で幕府及び朝廷御用職人)や、その師・後藤一乗から、手紙で下絵、脂型、作品を遣り取りして指導を受ける。廃藩置県・廃刀令で刀装具の仕事がなくなり、美術工芸品や茶器などを制作し始める。明治11年(1878)職人30余名で輸出産業を起こし、神戸貿易商・濱田篤三郎の紹介でイギリス商人と契約締結。大衝立の注文を受け、加納夏雄・海野勝珉の十二支図案で、勝義の金工彫、逸見東洋の木工により3年がかりでを制作(現在ボストン美術館所蔵)。国内外で博覧会・美術展に出品し各地で高い評価を受ける。明治32年(1899年)67歳で美術研究のため京都へ転居し、京文化を吸収し更なる飛躍を遂げる(名作の多くは京都移住後のもの)。

❻(2015.06)黒銹陶銀彩ぐい呑 井口 大輔  1975  栃木県に生まれる  1998  東北芸術工科大学 芸術学部美術科陶芸卒業  1999  栃木県窯業指導所研究生修了。浦口雅行氏に師事   銹陶(しゅうとう)サビた陶器という意味だそうで、独特の風合いです (8.2-6.4×H5.6)

❻(2015.06)黒銹陶銀彩ぐい呑 井口 大輔 1975 栃木県に生まれる 1998 東北芸術工科大学 芸術学部美術科陶芸卒業 1999 栃木県窯業指導所研究生修了。浦口雅行氏に師事 銹陶(しゅうとう)サビた陶器という意味だそうで、独特の風合いです (8.2-6.4×H5.6)

加須のIさん 植物のデッサン続き - 絵画指導 菅野公夫のブログ

加須のIさん 植物のデッサン続き - 絵画指導 菅野公夫のブログ

正阿弥勝義 (1832-1908)《蓮葉に蛙皿》明治時代 (径12.0cm,  清水三年坂美術館蔵) 美作国津山藩(岡山県東北部)が抱えていた彫金師・中川五右衛門勝継の三男(幼名は淳蔵、通称は淳蔵、勝義は工名)。幼い頃から父に彫金を学び、江戸出府を試みるが果たせず、18歳で岡山藩御抱え彫金職人の名家・正阿弥家の婿養子となり正阿弥家9代目を継ぐ。実兄・中川一匠(幕府抱え彫金家 後藤家の門人で幕府及び朝廷御用職人)や、その師・後藤一乗から、手紙で下絵、脂型、作品を遣り取りして指導を受ける。廃藩置県・廃刀令で刀装具の仕事がなくなり、美術工芸品や茶器などを制作し始める。明治11年(1878)職人30余名で輸出産業を起こし、神戸貿易商・濱田篤三郎の紹介でイギリス商人と契約締結。大衝立の注文を受け、加納夏雄・海野勝珉の十二支図案で、勝義の金工彫、逸見東洋の木工により3年がかりでを制作(現在ボストン美術館所蔵)。国内外で博覧会・美術展に出品し各地で高い評価を受ける。明治32年(1899年)67歳で美術研究のため京都へ転居し、京文化を吸収し更なる飛躍を遂げる(名作の多くは京都移住後のもの)。

正阿弥勝義 (1832-1908)《蓮葉に蛙皿》明治時代 (径12.0cm, 清水三年坂美術館蔵) 美作国津山藩(岡山県東北部)が抱えていた彫金師・中川五右衛門勝継の三男(幼名は淳蔵、通称は淳蔵、勝義は工名)。幼い頃から父に彫金を学び、江戸出府を試みるが果たせず、18歳で岡山藩御抱え彫金職人の名家・正阿弥家の婿養子となり正阿弥家9代目を継ぐ。実兄・中川一匠(幕府抱え彫金家 後藤家の門人で幕府及び朝廷御用職人)や、その師・後藤一乗から、手紙で下絵、脂型、作品を遣り取りして指導を受ける。廃藩置県・廃刀令で刀装具の仕事がなくなり、美術工芸品や茶器などを制作し始める。明治11年(1878)職人30余名で輸出産業を起こし、神戸貿易商・濱田篤三郎の紹介でイギリス商人と契約締結。大衝立の注文を受け、加納夏雄・海野勝珉の十二支図案で、勝義の金工彫、逸見東洋の木工により3年がかりでを制作(現在ボストン美術館所蔵)。国内外で博覧会・美術展に出品し各地で高い評価を受ける。明治32年(1899年)67歳で美術研究のため京都へ転居し、京文化を吸収し更なる飛躍を遂げる(名作の多くは京都移住後のもの)。

3年生 水彩絵の具の入門期の指導  水によく溶けた線がどこまでも伸びる心地よさ。 いつの間にかきれいな模様ができていく心地よさ。 細い線を思い通りにコントロールできる心地よさ。 これらの心地よさを味わいながらできた作品です

3年生 水彩絵の具の入門期の指導 水によく溶けた線がどこまでも伸びる心地よさ。 いつの間にかきれいな模様ができていく心地よさ。 細い線を思い通りにコントロールできる心地よさ。 これらの心地よさを味わいながらできた作品です

ゲスト◇宮田亮平(Ryohei Miyata)新潟県佐渡市出身の金属工芸家。東京藝術大学院美術研究科修士課程修了。美術学部長などを経て05年12月から学長。専門は鍛金。京芸術大学教授として鍛金技法研究の指導にあたる一方、工芸家としても活動し、その作品は日本のみならずドイツ・イスラエル・韓国・中国などで展覧が催されている。イルカをモチーフにした「シュプリンゲン(Springen)」シリーズがある。

ゲスト◇宮田亮平(Ryohei Miyata)新潟県佐渡市出身の金属工芸家。東京藝術大学院美術研究科修士課程修了。美術学部長などを経て05年12月から学長。専門は鍛金。京芸術大学教授として鍛金技法研究の指導にあたる一方、工芸家としても活動し、その作品は日本のみならずドイツ・イスラエル・韓国・中国などで展覧が催されている。イルカをモチーフにした「シュプリンゲン(Springen)」シリーズがある。

陶芸体験・陶芸教室 - 川崎の陶芸教室 かんだ手づくり工房 【電動ろくろ・川崎】元美術教員が指導。陶芸の楽しさを教えます!

陶芸体験・陶芸教室 - 川崎の陶芸教室 かんだ手づくり工房 【電動ろくろ・川崎】元美術教員が指導。陶芸の楽しさを教えます!

特別展示「姫路の名工 大村雲谷 没後30年-木との対話」 姫路市書写の里 美術工芸館(企画:公益財団法人 姫路市文化国際交流財団)会期:平成27年9月4日~10月12日 播磨を代表する刳物師であった大村雲谷(本名・正治。明治39(1906)~昭和60(1985)年)が没してから、平成27年に30年を迎えます。 大阪市天王寺に6人兄弟の長男として生まれた大村正治は、大正10年に15歳で姫路の市川周道に入門します。小竹斎一門の祖師である周道からは大きな影響を受け、雲谷もまた小竹斎を名乗りました。また号の「雲」の一字をもらい受けたのは、指導を請うた明治時代を代表する彫刻家・高村光雲からでした。昭和56年には姫路市ふるさと文化賞を受賞し、同年「播磨木工芸保存会」の発足にあたって会長を務めています。盆など煎茶趣味の道具類を中心に数多くの作品が伝存し、肥松やケヤキ材を好んで彫りました。 本展では、ご遺族をはじめ雲谷作品のよき理解者であるコレクターの所蔵品を拝借し、その技と魅力に迫ります。

特別展示「姫路の名工 大村雲谷 没後30年-木との対話」 姫路市書写の里 美術工芸館(企画:公益財団法人 姫路市文化国際交流財団)会期:平成27年9月4日~10月12日 播磨を代表する刳物師であった大村雲谷(本名・正治。明治39(1906)~昭和60(1985)年)が没してから、平成27年に30年を迎えます。 大阪市天王寺に6人兄弟の長男として生まれた大村正治は、大正10年に15歳で姫路の市川周道に入門します。小竹斎一門の祖師である周道からは大きな影響を受け、雲谷もまた小竹斎を名乗りました。また号の「雲」の一字をもらい受けたのは、指導を請うた明治時代を代表する彫刻家・高村光雲からでした。昭和56年には姫路市ふるさと文化賞を受賞し、同年「播磨木工芸保存会」の発足にあたって会長を務めています。盆など煎茶趣味の道具類を中心に数多くの作品が伝存し、肥松やケヤキ材を好んで彫りました。 本展では、ご遺族をはじめ雲谷作品のよき理解者であるコレクターの所蔵品を拝借し、その技と魅力に迫ります。

Pinterest
検索