慢性的で予測不可能なストレスは、脳の海馬の神経回路を変化させる。その結果、気分の落ち込みや記憶力の低下が生じ、うつ病を発症しやすくなる。 カフェインは、脳のアデノシン受容体と呼ばれるタンパク質に作用する。 神経科学において、受容体が本来結合すべき分子と結合するのを阻害する別の分子を「アンタゴニスト」(拮抗物質)と呼ぶ。 慢性ストレスを与えたあとのアデノシンA1受容体、およびアデノシンA2A受容体の挙動の変化を調べた。 慢性ストレスがアンタゴニストを通じて引き起こす神経伝達機能の変化を調べた結果、慢性ストレスによってA1受容体とアンタゴニストの結合は減少するのに対し、A2A受容体とアンタゴニストの結合は増大することが明らかになった。 慢性ストレスに関連して生じる生理学的変化に、A2A受容体が重要な役割を果たしていると結論づけている。アデノシン受容体は気分障害の抑制に普遍的な役割を果たしている可能性があり、今後の治療法研究の標的として期待できるという。

慢性的で予測不可能なストレスは、脳の海馬の神経回路を変化させる。その結果、気分の落ち込みや記憶力の低下が生じ、うつ病を発症しやすくなる。 カフェインは、脳のアデノシン受容体と呼ばれるタンパク質に作用する。 神経科学において、受容体が本来結合すべき分子と結合するのを阻害する別の分子を「アンタゴニスト」(拮抗物質)と呼ぶ。 慢性ストレスを与えたあとのアデノシンA1受容体、およびアデノシンA2A受容体の挙動の変化を調べた。 慢性ストレスがアンタゴニストを通じて引き起こす神経伝達機能の変化を調べた結果、慢性ストレスによってA1受容体とアンタゴニストの結合は減少するのに対し、A2A受容体とアンタゴニストの結合は増大することが明らかになった。 慢性ストレスに関連して生じる生理学的変化に、A2A受容体が重要な役割を果たしていると結論づけている。アデノシン受容体は気分障害の抑制に普遍的な役割を果たしている可能性があり、今後の治療法研究の標的として期待できるという。

神経科学が実証:ランニングは体だけでなく脳も鍛えている

神経科学が実証:ランニングは体だけでなく脳も鍛えている

脳科学と神経科学の研究結果が明らかにした、世界の市場で効果が実証済の「販売の科学」を徹底解説!!知らない間に買っている「欲しい」が生まれるメカニズム「脳科学マーケティング100の心理技術」ロジャー・ドゥーリ―著

脳科学と神経科学の研究結果が明らかにした、世界の市場で効果が実証済の「販売の科学」を徹底解説!!知らない間に買っている「欲しい」が生まれるメカニズム「脳科学マーケティング100の心理技術」ロジャー・ドゥーリ―著

神経科学が教える「4つの学習の秘訣」  Attention(集中):学習する際は、1つのことに全神経を傾け、集中を維持する。 Generation(アウトプット):話を聞くだけでは不十分。学習した情報を使ってなんらかの活動をすることで記憶定着率が高まる。情報を有意義に活用するようなシチュエーションを作り出す。 Emotion(感情): 強い感情は強い記憶につながる。学習したことを感情に結びつける方法を考える。 Spacing(間隔):記憶量を増やすためには、学習と学習のあいだの間隔を作る必要がある。

神経科学が教える「4つの学習の秘訣」 Attention(集中):学習する際は、1つのことに全神経を傾け、集中を維持する。 Generation(アウトプット):話を聞くだけでは不十分。学習した情報を使ってなんらかの活動をすることで記憶定着率が高まる。情報を有意義に活用するようなシチュエーションを作り出す。 Emotion(感情): 強い感情は強い記憶につながる。学習したことを感情に結びつける方法を考える。 Spacing(間隔):記憶量を増やすためには、学習と学習のあいだの間隔を作る必要がある。

ワシントン大学、スウェーデン神経科学研究所(シアトル)の研究者たちによって開発された新しい楽器「エンセファロフォン(Encephalophone)」。科学雑誌「Frontiers in Human Neuroscience」に実験結果が発表されたこの楽器は、なんと脳波を通じてシンセサイザーを演奏するというもの。

ワシントン大学、スウェーデン神経科学研究所(シアトル)の研究者たちによって開発された新しい楽器「エンセファロフォン(Encephalophone)」。科学雑誌「Frontiers in Human Neuroscience」に実験結果が発表されたこの楽器は、なんと脳波を通じてシンセサイザーを演奏するというもの。

米国人がホラー映画に支出するお金は1年間に5億ドル。脳神経科学的に見ると、「恐怖」と「快感」は密接に絡み合っている。

米国人がホラー映画に支出するお金は1年間に5億ドル。脳神経科学的に見ると、「恐怖」と「快感」は密接に絡み合っている。

脳は情報を一瞬で処理することができるが、それはなぜだろうか。分子動力学の計算モデルを利用した、脳活動の「非常に詳細な」シミュレーション研究が行われており、各種認知障害の治療に役立つかもしれない。 脳は情報を一瞬で処理することができるが、それはなぜだろうか。カナダのマギル大学やオックスフォード大学などの研究者チームによると、それにはタンパク質が関係しているという。 この研究は、脳の信号伝達に関与するタンパク質の高分子「AMPA型グルタミン酸受容体」に注目したものだ。 この結果は、自閉症やアルツハイマー病などの脳疾患についてのこれまでの理解に影響を与える可能性があるという。

脳は情報を一瞬で処理することができるが、それはなぜだろうか。分子動力学の計算モデルを利用した、脳活動の「非常に詳細な」シミュレーション研究が行われており、各種認知障害の治療に役立つかもしれない。 脳は情報を一瞬で処理することができるが、それはなぜだろうか。カナダのマギル大学やオックスフォード大学などの研究者チームによると、それにはタンパク質が関係しているという。 この研究は、脳の信号伝達に関与するタンパク質の高分子「AMPA型グルタミン酸受容体」に注目したものだ。 この結果は、自閉症やアルツハイマー病などの脳疾患についてのこれまでの理解に影響を与える可能性があるという。

神経科学でアスリートの成績向上はかるヘッドホンHalo Sport発表。リオ・オリンピック出場選手もトレーニングに使用 - Engadget Japanese

神経科学でアスリートの成績向上はかるヘッドホンHalo Sport発表。リオ・オリンピック出場選手もトレーニングに使用

神経科学でアスリートの成績向上はかるヘッドホンHalo Sport発表。リオ・オリンピック出場選手もトレーニングに使用 - Engadget Japanese

しかし「制御」は一方でカオスの面白さである動的な力(ダイナミズム)も殺してしまいます。そこで合原先生は最近生命システムの研究の中で使われているカオスのダイナミズムを活かして制御する方法「ハーネス」という概念を取り上げました。 「ハーネス」に関して合原先生は、神経系の可塑性の問題で上手に問題に合うようにフラクタル構造を設定し(ハーネス)より良いカオスを導き出すことが宗教的な問題の解決(仏教の修行による良い神経系への改良など)に役に立つのではないかと科学の可能性を示唆されました。 佐々木先生は最後に、科学的手段の無い釈迦の時代は瞑想などの精神の集中により「わたし」を分解・再構築してきたが、それ以降の仏教の精神分析は進化し尽くし、現代の仏教に行き詰まり感があるが、今回のカオスやフラクタル等のように現実世界に即した科学分野の進歩は仏教に新たな方向性を導いてくれるのではないかと今後の科学の展開に期待され講座は終了となりました。

しかし「制御」は一方でカオスの面白さである動的な力(ダイナミズム)も殺してしまいます。そこで合原先生は最近生命システムの研究の中で使われているカオスのダイナミズムを活かして制御する方法「ハーネス」という概念を取り上げました。 「ハーネス」に関して合原先生は、神経系の可塑性の問題で上手に問題に合うようにフラクタル構造を設定し(ハーネス)より良いカオスを導き出すことが宗教的な問題の解決(仏教の修行による良い神経系への改良など)に役に立つのではないかと科学の可能性を示唆されました。 佐々木先生は最後に、科学的手段の無い釈迦の時代は瞑想などの精神の集中により「わたし」を分解・再構築してきたが、それ以降の仏教の精神分析は進化し尽くし、現代の仏教に行き詰まり感があるが、今回のカオスやフラクタル等のように現実世界に即した科学分野の進歩は仏教に新たな方向性を導いてくれるのではないかと今後の科学の展開に期待され講座は終了となりました。

神経科学が推奨する「IQを23%高くする」習慣  「結晶性知能」とは、情報、スキル、経験など基本的に脳に蓄えられた知識を活用する能力のことで、年齢と共に高くなる傾向があります。 それとは対照的に、「流動性知能」は、パターンの認識、新たな問題の解決、理論的思考ができる能力です。知識量ではなくて、創造力、認知力、洞察力などが問われます。 結晶性知能を発達させるのは比較的簡単です。読書する、音楽を聴くなどして学習すればいいからです。しかし流動性知能はそうは行きません。事例や数字でなく、新しい場面へ適応する能力が重要となってくるからです。  その流動的知能とIQ全般を発達させる手段があることが研究によりわかっています。その手段とは瞑想です。

神経科学が推奨する「IQを23%高くする」習慣 「結晶性知能」とは、情報、スキル、経験など基本的に脳に蓄えられた知識を活用する能力のことで、年齢と共に高くなる傾向があります。 それとは対照的に、「流動性知能」は、パターンの認識、新たな問題の解決、理論的思考ができる能力です。知識量ではなくて、創造力、認知力、洞察力などが問われます。 結晶性知能を発達させるのは比較的簡単です。読書する、音楽を聴くなどして学習すればいいからです。しかし流動性知能はそうは行きません。事例や数字でなく、新しい場面へ適応する能力が重要となってくるからです。 その流動的知能とIQ全般を発達させる手段があることが研究によりわかっています。その手段とは瞑想です。

Pinterest
検索