神経学

「恋って、気持ちじゃない。」恋愛にメスをいれる神経学財団の広告  |  AdGang  ビジュアル×コピー 反転

Case:True love comes from the brain ニュージーランドの首都、オークランドで制作されたシリーズプリント広告。 2月14日のバレンタインデーにかけた、時節もの広告が溢れる中で、このビジュア...

恋愛にメスをいれる神経学財団の広告 | Fashionsnap.com | Fashionsnap.com

恋愛にメスをいれる神経学財団の広告

Case:True love comes from the brain ニュージーランドの首都、オークランドで制作されたシリーズプリント広告。 2月14日のバレンタインデーにかけた、時節もの広告が溢れる中で、このビジュア...

神経学で解明。ミソフォニア(音嫌悪症)の人たちは大袈裟に反応しているわけじゃない   ミソフォニアの人たちの大脳の前部島皮質(AIC)では、感情の処理や制御をおこなう前頭前皮質(vmPFC)、後内側皮質(PMC)、海馬や扁桃体といった脳のエリアと異常な機能的結合が見られました。また、クチャクチャと噛む音や人が呼吸をする音に晒されたとき、心拍数やガルバニック皮膚反応が増幅したこともわかりました。

イギリスのニューカッスル大学の研究によると、クチャクチャ音やズルズル音などの特定の音に嫌悪感を覚えるミソフォニア。その原因が神経学的なアプローチで解明されました。詳しいその原因は、感情の処理や制御を行なう皮質と大脳の前部島皮質と異常な機能的結合にあるとのことです。

検査の風景  姿勢検査や筋力検査神経学検査理学検査などの風景  #カイロプラクティック #メンテナンス #コンディショニング #痺れ #筋骨格系 #筋膜リリース #ボディビルディング #ボディメイク #肉体改造 #姿勢 #chiropractic #新橋 #大門 #御成門 #浜松町

153 Likes, 2 Comments - Makoto Miyachi (@mark.miyachi) on Instagram: “検査の風景 姿勢検査や筋力検査、神経学検査、理学検査などの風景 #カイロプラクティック #メンテナンス #コンディショニング #痺れ #筋骨格系 #筋膜リリース #ボディビルディング…”

「恋って、気持ちじゃない。」恋愛にメスをいれる神経学財団の広告 | AdGang

Case:True love comes from the brain ニュージーランドの首都、オークランドで制作されたシリーズプリント広告。 2月14日のバレンタインデーにかけた、時節もの広告が溢れる中で、このビジュア...

デリトン® (クロチアピン) 1970年 精神神経学雑誌

シュールな広告アートまとめ on Twitter: "精神分裂症治療薬「デリトン」(1970) 大日本製薬らしいシュールなポスター。 色違いの2パターンがある。 https://t.co/nW1gmzm2OH"

[記憶を担う解剖学的基盤]papez回路、Yakovlev回路、統合筋神経学講義シラバスp61

[記憶を担う解剖学的基盤]papez回路、Yakovlev回路、統合筋神経学講義シラバスp61

「恋って、気持ちじゃない。」恋愛にメスをいれる神経学財団の広告。世界の秀逸なバレンタインデー広告20選-そこにある愛とアイディアに魅せられる | AdGang

I THOUGHT YOUR HEART WAS MINE.But true love comes from a chemical response in the brain. (キミの心は僕のものだと思っていた。いいえ、本当の愛とは脳内の化学反応です。) I THOUGHT LOVE WAS JUST A FEELING.But true love comes from a chemical response in the brain. (愛とは、単なる気持ちだと思っていた。いいえ、本当の愛とは脳内の化学反応です。)

神経科学が教える「4つの学習の秘訣」  Attention(集中):学習する際は、1つのことに全神経を傾け、集中を維持する。 Generation(アウトプット):話を聞くだけでは不十分。学習した情報を使ってなんらかの活動をすることで記憶定着率が高まる。情報を有意義に活用するようなシチュエーションを作り出す。 Emotion(感情): 強い感情は強い記憶につながる。学習したことを感情に結びつける方法を考える。 Spacing(間隔):記憶量を増やすためには、学習と学習のあいだの間隔を作る必要がある。

Inc. : これからの仕事は、イノベーションと俊敏性がすべてになります。めまぐるしく変わり続ける状況にいつでも対応できるようにしておく、つまりいつでも新しいことを学べるようにしておかなければならないということです。 もはや学習は、学校でするものとは限りません。新卒で働き始めたときに学んだスキルだけに依存してはいられないのです。それでは間違いなくキャリアが停滞してしまうでしょう。 そこで私は、科学を応用した、潜在的なリーダーシップ能力の開発を研究するNeuroLeadership Institute(NLI)の研究責任者で主任教授であるJosh Davis博士に話を聞くことにしました。 NLI が最近研究しているのは、どうすれば考えを頭にとどめておくことができるかということです。この研究によって、同研究所は、効果的学習のための4つの条件――Attention(集中)、Generation(アウトプット)、感情(Emotion)、Spacing(間隔)――を説明するモデル、AGESを考案しました。 | ライフハッカー[日本版]

神崎・高橋神経行動学研究室

神崎・高橋神経行動学研究室

Pinterest
検索