久しぶりの鳥取砂丘です 相変わらず大きく綺麗です_  横には砂の美術館もあるので是非鳥取に来られた際は寄ってください  砂の美術館 http://ift.tt/1b6WVjN  #鳥取 #砂丘 #砂 #美術館 tags[鳥取県]

久しぶりの鳥取砂丘です 相変わらず大きく綺麗です_ 横には砂の美術館もあるので是非鳥取に来られた際は寄ってください 砂の美術館 http://ift.tt/1b6WVjN #鳥取 #砂丘 #砂 #美術館 tags[鳥取県]

いまやほんのり定期イベントになりつつある鳥取砂の美術館 ナイトミュージアム 10月も14日にすでにあったみたい 21日にも開催されるらしくて夕方18時から20時までの日が暮れてからの探検です  もしかしたらまた開催されるかもしれないけど一度は参加してみたいよね  http://ift.tt/2dC87Rz  10月21日砂の美術館ナイトミュージアム 参加者募集 | 鳥取砂丘 砂の美術館 tags[鳥取県]

いまやほんのり定期イベントになりつつある鳥取砂の美術館 ナイトミュージアム 10月も14日にすでにあったみたい 21日にも開催されるらしくて夕方18時から20時までの日が暮れてからの探検です もしかしたらまた開催されるかもしれないけど一度は参加してみたいよね http://ift.tt/2dC87Rz 10月21日砂の美術館ナイトミュージアム 参加者募集 | 鳥取砂丘 砂の美術館 tags[鳥取県]

鳥取砂の美術館今年のクリスマスは砂像と3Dプロジェクションマッピングのコラボ映像ショーが開催されます  テーマは砂と光の幻想曲伝説の黄金郷エルドラド黄金を求めて  これはすごい迫力あるショーになりそう    鳥取砂丘 砂の美術館 伝説の黄金郷エルドラド黄金を求めて 期間年月日月日tags[鳥取県]

鳥取砂の美術館今年のクリスマスは砂像と3Dプロジェクションマッピングのコラボ映像ショーが開催されます テーマは砂と光の幻想曲伝説の黄金郷エルドラド黄金を求めて これはすごい迫力あるショーになりそう 鳥取砂丘 砂の美術館 伝説の黄金郷エルドラド黄金を求めて 期間年月日月日tags[鳥取県]

Tottori Japan 鳥取県 砂の美術館

Tottori Japan 鳥取県 砂の美術館

ルーシー・リー展 国立新美術館で - マダムJのヨーロッパ的生活★ファッション・ブランド・旅file

ルーシー・リー展 国立新美術館で - マダムJのヨーロッパ的生活★ファッション・ブランド・旅file

Tottori Sand Dunes, Japan 鳥取砂丘

12月の鳥取砂丘&砂の美術館 (鳥取市) - 旅行のクチコミサイト フォートラベル

鳥取砂の美術館-3D立體投影秀 - YouTube

鳥取砂の美術館-3D立體投影秀 - YouTube

マトリョーシカや聖ワシリイ大聖堂などロシアにちなんだ砂像が並ぶ=4月18日午後、鳥取市の砂の美術館(平野実季撮影) ▼9May2014時事通信|砂像でロシア旅行=鳥取市 http://www.jiji.com/jc/c?g=jfn&k=2014050800599 #Tottori_city #The_Sand_Museum #Matryoshka #Saint_Basils_Cathedral

砂像でロシア旅行=鳥取市

マトリョーシカや聖ワシリイ大聖堂などロシアにちなんだ砂像が並ぶ=4月18日午後、鳥取市の砂の美術館(平野実季撮影) ▼9May2014時事通信|砂像でロシア旅行=鳥取市 http://www.jiji.com/jc/c?g=jfn&k=2014050800599 #Tottori_city #The_Sand_Museum #Matryoshka #Saint_Basils_Cathedral

水で固めただけの砂の塊を彫る彫刻芸術「砂像」を展示する「砂の美術館」(鳥取)

水で固めただけの砂の塊を彫る彫刻芸術「砂像」を展示する「砂の美術館」(鳥取)

本阿弥光悦(1558-1637)作 白楽茶碗 銘「不二山」、高さ8.9 cm/口径11.6 cm/高台5.5cm、サンリツ服部美術館所蔵、国宝。 素地は荒い砂が混じった白土。始め「手捏ね」で成形し、へらを使って側面を縦に削って整形。その後、透明性低火度の白釉を厚く掛けて焼成、偶然に窯の中で茶碗の下半分が内側・外側ともに炭化し、暗灰色に変色。光悦が娘を大阪に嫁がせた際、支度の代わりにと本作を精魂込めて制作し、持参する際、振袖に包んだことから「振袖茶碗」とも呼ばれる。伝来:比喜多権兵衛→高原治兵衛→井上源三郎→姫路藩藩主 酒井忠学→近年まで酒井家に伝来→服部家 サンリツ服部美術館。

本阿弥光悦(1558-1637)作 白楽茶碗 銘「不二山」、高さ8.9 cm/口径11.6 cm/高台5.5cm、サンリツ服部美術館所蔵、国宝。 素地は荒い砂が混じった白土。始め「手捏ね」で成形し、へらを使って側面を縦に削って整形。その後、透明性低火度の白釉を厚く掛けて焼成、偶然に窯の中で茶碗の下半分が内側・外側ともに炭化し、暗灰色に変色。光悦が娘を大阪に嫁がせた際、支度の代わりにと本作を精魂込めて制作し、持参する際、振袖に包んだことから「振袖茶碗」とも呼ばれる。伝来:比喜多権兵衛→高原治兵衛→井上源三郎→姫路藩藩主 酒井忠学→近年まで酒井家に伝来→服部家 サンリツ服部美術館。

鳥取砂丘 砂の美術館 (Sand Museum). Image via jalannet.

鳥取砂丘 砂の美術館 (Sand Museum). Image via jalannet.

鳥取砂の美術館2006展示作品 2006 exhibited works Museum of Tottori sand|サンピエトロ大聖堂 St. Peter's Basilica |ローマのバチカン市国南東端にあるカトリック協会の総本山。

鳥取砂の美術館2006展示作品 2006 exhibited works Museum of Tottori sand|サンピエトロ大聖堂 St. Peter's Basilica |ローマのバチカン市国南東端にあるカトリック協会の総本山。

鳥取砂の美術館2009展示作品

鳥取砂の美術館2009展示作品

Pinterest
検索