石窯で焼くpaysanの天然酵母パン|健康的な“食”を「健食(kensyoku)」

石窯で焼くpaysanの天然酵母パン|健康的な“食”を「健食(kensyoku)」

国産の小麦を使用した遠赤外線で焼く石窯パンの店「日月堂」|LOHASCLUB

国産の小麦を使用した遠赤外線で焼く石窯パンの店「日月堂」|LOHASCLUB

薪窯設計図 大公開! ~ 瀬戸内海の大三島で薪窯を作って、みかん酵母パンを焼く全記録

薪窯設計図 大公開! ~ 瀬戸内海の大三島で薪窯を作って、みかん酵母パンを焼く全記録

窯扉 ~ 瀬戸内海の大三島で薪窯を作って、みかん酵母パンを焼く全記録

窯扉 ~ 瀬戸内海の大三島で薪窯を作って、みかん酵母パンを焼く全記録

温度計と加湿窓 ~ 瀬戸内海の大三島で薪窯を作って、みかん酵母パンを焼く全記録

温度計と加湿窓 ~ 瀬戸内海の大三島で薪窯を作って、みかん酵母パンを焼く全記録

オープンは2010年。陶芸家の友人らからも知恵を借り、窯を作って、パンを焼いている。イーストは使わず、自家製の天然酵母100%使用、試行錯誤を繰り返しながら手づくりの石窯で焼くパン

オープンは2010年。陶芸家の友人らからも知恵を借り、窯を作って、パンを焼いている。イーストは使わず、自家製の天然酵母100%使用、試行錯誤を繰り返しながら手づくりの石窯で焼くパン

【カフェハーモニー ベーカリー リヨンドール】 フランスの片田舎にありそうなログハウスカフェ。オープンテラス席やサイロの個室。店内には、石窯で焼くパンをはじめ、道内作家の陶芸品や手造り雑貨の販売コーナーと充実。 http://www.scci-net.com/shops/details/?id=319

【カフェハーモニー ベーカリー リヨンドール】 フランスの片田舎にありそうなログハウスカフェ。オープンテラス席やサイロの個室。店内には、石窯で焼くパンをはじめ、道内作家の陶芸品や手造り雑貨の販売コーナーと充実。 http://www.scci-net.com/shops/details/?id=319

ガスコンロで焼く!石窯焼き風そば粉パン

ガスコンロで焼く!石窯焼き風そば粉パン

失いたくない、究極の食材「手ごねして、煉瓦窯で焼く山形食パン」 作り手 兵庫県神戸市岡本 フロイン堂竹内善之さん 予約なしではまず買えない山型食パンを目当てに、地元の神戸はもとより、遠方から訪れる顧客も多い「フロイン堂」。ドイツパンの名店「フロインドリーブ」の支店として始まり、以来82年、今でもミキサーなどの機械に頼ることなく、頑なに手作りの味わいを守り続けています。 その理由は「パン作りは、その日の温度や湿度でも、配合や発酵時間などが変わってくるため、マニュアルが作れません。感性で見極めることが必要だから、日々真剣勝負。毎日が素人なんです」。そう語る、現在82歳の2代目の店主・竹内善之さんに習って、3代目となる息子の隆さん、親戚の松本良夫さん、岡山から弟子入りした松浦順二さんの3人も、店奥の工房でパン作りに向き合います。 ◆日本では絶滅寸前の煉瓦のパン窯 こうした職人気質だけでなく、フロイン堂の味を守るために受け継いでいるのが、ひときわ存在感のある、年季の入った頑丈な煉瓦の窯。昭和7年の創業当初から愛用している煉瓦の窯は2台。温めるだけでも、かなり時間がかかり...

失いたくない、究極の食材「手ごねして、煉瓦窯で焼く山形食パン」 作り手 兵庫県神戸市岡本 フロイン堂竹内善之さん 予約なしではまず買えない山型食パンを目当てに、地元の神戸はもとより、遠方から訪れる顧客も多い「フロイン堂」。ドイツパンの名店「フロインドリーブ」の支店として始まり、以来82年、今でもミキサーなどの機械に頼ることなく、頑なに手作りの味わいを守り続けています。 その理由は「パン作りは、その日の温度や湿度でも、配合や発酵時間などが変わってくるため、マニュアルが作れません。感性で見極めることが必要だから、日々真剣勝負。毎日が素人なんです」。そう語る、現在82歳の2代目の店主・竹内善之さんに習って、3代目となる息子の隆さん、親戚の松本良夫さん、岡山から弟子入りした松浦順二さんの3人も、店奥の工房でパン作りに向き合います。 ◆日本では絶滅寸前の煉瓦のパン窯 こうした職人気質だけでなく、フロイン堂の味を守るために受け継いでいるのが、ひときわ存在感のある、年季の入った頑丈な煉瓦の窯。昭和7年の創業当初から愛用している煉瓦の窯は2台。温めるだけでも、かなり時間がかかり...

パンを焼くときは、石窯を使用。低い温度でじっくり燃やすため、薪は間伐材を乾燥させてから使うというこだわりぶり。また、店員さんのボーダーのユニフォームは、染色家のご友人のオリジナルデザイン。ボーダーのほかに水玉バージョンもあるんだとか。チャーミングなセンスにあふれています*

パンを焼くときは、石窯を使用。低い温度でじっくり燃やすため、薪は間伐材を乾燥させてから使うというこだわりぶり。また、店員さんのボーダーのユニフォームは、染色家のご友人のオリジナルデザイン。ボーダーのほかに水玉バージョンもあるんだとか。チャーミングなセンスにあふれています*

Pinterest
検索