❾(2015.09)染付猪口 豊増 一雄  1963   9月に生まれる 1984   中国杭州市中国美術学院留学 1989   京都府立陶工高等技術専門校 成形科卒 1990   同校 研究科卒 同年4月 八世 高橋道八に師事 1993   有田に戻り晏正窯で作陶 1994   陶房七〇八を開窯 2010   工房の脇に薪焼成単室登窯を築炉 これ以降、薪窯で磁器を専焼す  豊増さん最近のマイブームの型物です。高台は付け高台 シンメトリーの木瓜型では無くてアンシンメトリーに最近ははまっているそうです (6.2-4.7×H6.1)

❾(2015.09)染付猪口 豊増 一雄 1963 9月に生まれる 1984 中国杭州市中国美術学院留学 1989 京都府立陶工高等技術専門校 成形科卒 1990 同校 研究科卒 同年4月 八世 高橋道八に師事 1993 有田に戻り晏正窯で作陶 1994 陶房七〇八を開窯 2010 工房の脇に薪焼成単室登窯を築炉 これ以降、薪窯で磁器を専焼す 豊増さん最近のマイブームの型物です。高台は付け高台 シンメトリーの木瓜型では無くてアンシンメトリーに最近ははまっているそうです (6.2-4.7×H6.1)

Stockon Wall Clock-Retired, 0726-1-TK, Quartz wall clock, Sligh

Stockon Wall Clock-Retired, 0726-1-TK, Quartz wall clock, Sligh

水琴亭  【茶室 汲月庵】 四畳台目の小間の茶室と、七帖台目の広間の茶室になっている。屋根は、桧皮葺(ひわだぶき)に瓦葺を組み合わせたもので、桧皮葺(ひわだぶき)の庇が付いている。 小間茶室; 松の踏込み板に節付き丸太の床柱を立て、竹の巾木を入れた台形の床板を配している。床脇の袖壁に釣竹の一重棚が付き、床柱脇に炉が切ってある。 畳は全て台目畳(だいめたたみ)で、手前畳が一帖、客畳が三帖になっている。 にじり口と貴人口と両方あり、にじり口の上に引き違い障子を入れた連子窓(れんじまど)、引き残しのある片引き障子の下地窓(したじまど)、けんどん式(引掛け式)障子の下地窓(したじまど)と開口部は多く、明るい意匠である。貴人口の障子は、腰が網代張りである。 紙張りの腰壁に、濃い緑色のじゅらく壁で、時間の経過で下地が見えている。 客畳上部は、葦(よし)を細竹と赤松細丸太で交互に押さえた掛込(かけこみ)天井、手前畳上部は、椹(さわら)のへぎ板を細竹で押さえた落天井(おちてんじょう)となっている。  水屋;…

水琴亭 【茶室 汲月庵】 四畳台目の小間の茶室と、七帖台目の広間の茶室になっている。屋根は、桧皮葺(ひわだぶき)に瓦葺を組み合わせたもので、桧皮葺(ひわだぶき)の庇が付いている。 小間茶室; 松の踏込み板に節付き丸太の床柱を立て、竹の巾木を入れた台形の床板を配している。床脇の袖壁に釣竹の一重棚が付き、床柱脇に炉が切ってある。 畳は全て台目畳(だいめたたみ)で、手前畳が一帖、客畳が三帖になっている。 にじり口と貴人口と両方あり、にじり口の上に引き違い障子を入れた連子窓(れんじまど)、引き残しのある片引き障子の下地窓(したじまど)、けんどん式(引掛け式)障子の下地窓(したじまど)と開口部は多く、明るい意匠である。貴人口の障子は、腰が網代張りである。 紙張りの腰壁に、濃い緑色のじゅらく壁で、時間の経過で下地が見えている。 客畳上部は、葦(よし)を細竹と赤松細丸太で交互に押さえた掛込(かけこみ)天井、手前畳上部は、椹(さわら)のへぎ板を細竹で押さえた落天井(おちてんじょう)となっている。 水屋;…

水琴亭  【茶室 汲月庵】 四畳台目の小間の茶室と、七帖台目の広間の茶室になっている。屋根は、桧皮葺(ひわだぶき)に瓦葺を組み合わせたもので、桧皮葺(ひわだぶき)の庇が付いている。 小間茶室; 松の踏込み板に節付き丸太の床柱を立て、竹の巾木を入れた台形の床板を配している。床脇の袖壁に釣竹の一重棚が付き、床柱脇に炉が切ってある。 畳は全て台目畳(だいめたたみ)で、手前畳が一帖、客畳が三帖になっている。 にじり口と貴人口と両方あり、にじり口の上に引き違い障子を入れた連子窓(れんじまど)、引き残しのある片引き障子の下地窓(したじまど)、けんどん式(引掛け式)障子の下地窓(したじまど)と開口部は多く、明るい意匠である。貴人口の障子は、腰が網代張りである。 紙張りの腰壁に、濃い緑色のじゅらく壁で、時間の経過で下地が見えている。 客畳上部は、葦(よし)を細竹と赤松細丸太で交互に押さえた掛込(かけこみ)天井、手前畳上部は、椹(さわら)のへぎ板を細竹で押さえた落天井(おちてんじょう)となっている。  水屋;…

水琴亭 【茶室 汲月庵】 四畳台目の小間の茶室と、七帖台目の広間の茶室になっている。屋根は、桧皮葺(ひわだぶき)に瓦葺を組み合わせたもので、桧皮葺(ひわだぶき)の庇が付いている。 小間茶室; 松の踏込み板に節付き丸太の床柱を立て、竹の巾木を入れた台形の床板を配している。床脇の袖壁に釣竹の一重棚が付き、床柱脇に炉が切ってある。 畳は全て台目畳(だいめたたみ)で、手前畳が一帖、客畳が三帖になっている。 にじり口と貴人口と両方あり、にじり口の上に引き違い障子を入れた連子窓(れんじまど)、引き残しのある片引き障子の下地窓(したじまど)、けんどん式(引掛け式)障子の下地窓(したじまど)と開口部は多く、明るい意匠である。貴人口の障子は、腰が網代張りである。 紙張りの腰壁に、濃い緑色のじゅらく壁で、時間の経過で下地が見えている。 客畳上部は、葦(よし)を細竹と赤松細丸太で交互に押さえた掛込(かけこみ)天井、手前畳上部は、椹(さわら)のへぎ板を細竹で押さえた落天井(おちてんじょう)となっている。 水屋;…

スチームパンクなビクトリア様式の家  スチームパンクアート作家ブルース・ローゼンバウム氏が米マサチューセッツ州シャロンにあるビクトリア様式の家を111万8000ドル(約1億3800万円)で売り出している。ジュール・ベルヌの「海底二万里」の世界をイメージしたオフィスや1階と2階を行き来できる1930年代製のエレベーター、アンティークの炉棚を利用したテレビ台などが魅力。

スチームパンクなビクトリア様式の家

スチームパンクなビクトリア様式の家 スチームパンクアート作家ブルース・ローゼンバウム氏が米マサチューセッツ州シャロンにあるビクトリア様式の家を111万8000ドル(約1億3800万円)で売り出している。ジュール・ベルヌの「海底二万里」の世界をイメージしたオフィスや1階と2階を行き来できる1930年代製のエレベーター、アンティークの炉棚を利用したテレビ台などが魅力。

Storage systems | Storage-Shelving | Heritage | Longhi | Elle. Check it out on Architonic

Storage systems | Storage-Shelving | Heritage | Longhi | Elle. Check it out on Architonic

炉棚の青いインクスタンド

炉棚の青いインクスタンド

Pinterest
検索