塗り壁フェンスDIYでランプの配線も終え、いよいよ本題である漆喰塗りになります。 漆喰を塗る前にブロック塀には下地を作ります。 今回は下地になる左官軽量モルタルを壁面全体に塗って平坦な面造りをします! 左官軽量モルタルは通常のモルタルに比べとても軽く薄~く均一に塗る為のモルタルです。 今回はこのモルタルを使った下地造りの様子をご紹介していきたい思います!

塗り壁フェンスDIYでランプの配線も終え、いよいよ本題である漆喰塗りになります。 漆喰を塗る前にブロック塀には下地を作ります。 今回は下地になる左官軽量モルタルを壁面全体に塗って平坦な面造りをします! 左官軽量モルタルは通常のモルタルに比べとても軽く薄~く均一に塗る為のモルタルです。 今回はこのモルタルを使った下地造りの様子をご紹介していきたい思います!

塗り壁フェンスDIYでランプの配線も終え、いよいよ本題である漆喰塗りになります。 漆喰を塗る前にブロック塀には下地を作ります。 今回は下地になる左官軽量モルタルを壁面全体に塗って平坦な面造りをします! 左官軽量モルタルは通常のモルタルに比べとても軽く薄~く均一に塗る為のモルタルです。 今回はこのモルタルを使った下地造りの様子をご紹介していきたい思います!

塗り壁フェンスDIYでランプの配線も終え、いよいよ本題である漆喰塗りになります。 漆喰を塗る前にブロック塀には下地を作ります。 今回は下地になる左官軽量モルタルを壁面全体に塗って平坦な面造りをします! 左官軽量モルタルは通常のモルタルに比べとても軽く薄~く均一に塗る為のモルタルです。 今回はこのモルタルを使った下地造りの様子をご紹介していきたい思います!

塗り壁フェンスDIYでランプの配線も終え、いよいよ本題である漆喰塗りになります。 漆喰を塗る前にブロック塀には下地を作ります。 今回は下地になる左官軽量モルタルを壁面全体に塗って平坦な面造りをします! 左官軽量モルタルは通常のモルタルに比べとても軽く薄~く均一に塗る為のモルタルです。 今回はこのモルタルを使った下地造りの様子をご紹介していきたい思います!

塗り壁フェンスDIYでランプの配線も終え、いよいよ本題である漆喰塗りになります。 漆喰を塗る前にブロック塀には下地を作ります。 今回は下地になる左官軽量モルタルを壁面全体に塗って平坦な面造りをします! 左官軽量モルタルは通常のモルタルに比べとても軽く薄~く均一に塗る為のモルタルです。 今回はこのモルタルを使った下地造りの様子をご紹介していきたい思います!

塗り壁フェンスDIYでランプの配線も終え、いよいよ本題である漆喰塗りになります。 漆喰を塗る前にブロック塀には下地を作ります。 今回は下地になる左官軽量モルタルを壁面全体に塗って平坦な面造りをします! 左官軽量モルタルは通常のモルタルに比べとても軽く薄~く均一に塗る為のモルタルです。 今回はこのモルタルを使った下地造りの様子をご紹介していきたい思います!

塗り壁フェンスDIYでランプの配線も終え、いよいよ本題である漆喰塗りになります。 漆喰を塗る前にブロック塀には下地を作ります。 今回は下地になる左官軽量モルタルを壁面全体に塗って平坦な面造りをします! 左官軽量モルタルは通常のモルタルに比べとても軽く薄~く均一に塗る為のモルタルです。 今回はこのモルタルを使った下地造りの様子をご紹介していきたい思います!

セルロースファイバーを       使用する自然素材の家: 外壁塗り壁工事。漆喰仕上げの下地から施工します。

セルロースファイバーを 使用する自然素材の家: 外壁塗り壁工事。漆喰仕上げの下地から施工します。

和歌山。土蔵の外壁の 古い漆喰壁をはがして、下地調整中。

和歌山。土蔵の外壁の 古い漆喰壁をはがして、下地調整中。

パーカル モバイルハウス 木摺り下地に瀬戸漆喰

パーカル モバイルハウス 木摺り下地に瀬戸漆喰

上質に暮らす、大人の木の家。 パッシブソーラーと薪ストーブによる心地よい暖かさに包まれた、 永く飽きのこない上質で豊かな空間をもつ木の家です。 外観。水平ラインの美しさを意識したファサード リビングは眺めの良い二階リビングとしました パッシブソーラーと薪ストーブを採用し、心地よい室温に包まれた空間となっています 冬になると家の中まで陽射しが入り込みます 落ち着いた設えのタタミコーナー 所在地:浜松市浜北区染地台 竣工:2013年12月(工期2013年6月〜2013年12月) 設計:杉本直計(スローハンド有限会社) 構造形式:木造・紀州杉 主な外部仕上げ:屋根…ガルバリウム鋼板葺き/外壁…色モルタル掻き落とし+一部杉板貼り 主な内部仕上げ:天井…AEP仕上げ(2F杉板貼り)/壁…PB下地+漆喰仕上げ(一部AEP仕上げ)/床…杉板貼り 空気集熱式パッシブソーラーシステム:びおソーラー 薪ストーブ:アンデルセンストーブ(廃盤)

上質に暮らす、大人の木の家。 パッシブソーラーと薪ストーブによる心地よい暖かさに包まれた、 永く飽きのこない上質で豊かな空間をもつ木の家です。 外観。水平ラインの美しさを意識したファサード リビングは眺めの良い二階リビングとしました パッシブソーラーと薪ストーブを採用し、心地よい室温に包まれた空間となっています 冬になると家の中まで陽射しが入り込みます 落ち着いた設えのタタミコーナー 所在地:浜松市浜北区染地台 竣工:2013年12月(工期2013年6月〜2013年12月) 設計:杉本直計(スローハンド有限会社) 構造形式:木造・紀州杉 主な外部仕上げ:屋根…ガルバリウム鋼板葺き/外壁…色モルタル掻き落とし+一部杉板貼り 主な内部仕上げ:天井…AEP仕上げ(2F杉板貼り)/壁…PB下地+漆喰仕上げ(一部AEP仕上げ)/床…杉板貼り 空気集熱式パッシブソーラーシステム:びおソーラー 薪ストーブ:アンデルセンストーブ(廃盤)

上質に暮らす、大人の木の家。 パッシブソーラーと薪ストーブによる心地よい暖かさに包まれた、 永く飽きのこない上質で豊かな空間をもつ木の家です。 外観。水平ラインの美しさを意識したファサード リビングは眺めの良い二階リビングとしました パッシブソーラーと薪ストーブを採用し、心地よい室温に包まれた空間となっています 冬になると家の中まで陽射しが入り込みます 落ち着いた設えのタタミコーナー 所在地:浜松市浜北区染地台 竣工:2013年12月(工期2013年6月〜2013年12月) 設計:杉本直計(スローハンド有限会社) 構造形式:木造・紀州杉 主な外部仕上げ:屋根…ガルバリウム鋼板葺き/外壁…色モルタル掻き落とし+一部杉板貼り 主な内部仕上げ:天井…AEP仕上げ(2F杉板貼り)/壁…PB下地+漆喰仕上げ(一部AEP仕上げ)/床…杉板貼り 空気集熱式パッシブソーラーシステム:びおソーラー 薪ストーブ:アンデルセンストーブ(廃盤)

上質に暮らす、大人の木の家。 パッシブソーラーと薪ストーブによる心地よい暖かさに包まれた、 永く飽きのこない上質で豊かな空間をもつ木の家です。 外観。水平ラインの美しさを意識したファサード リビングは眺めの良い二階リビングとしました パッシブソーラーと薪ストーブを採用し、心地よい室温に包まれた空間となっています 冬になると家の中まで陽射しが入り込みます 落ち着いた設えのタタミコーナー 所在地:浜松市浜北区染地台 竣工:2013年12月(工期2013年6月〜2013年12月) 設計:杉本直計(スローハンド有限会社) 構造形式:木造・紀州杉 主な外部仕上げ:屋根…ガルバリウム鋼板葺き/外壁…色モルタル掻き落とし+一部杉板貼り 主な内部仕上げ:天井…AEP仕上げ(2F杉板貼り)/壁…PB下地+漆喰仕上げ(一部AEP仕上げ)/床…杉板貼り 空気集熱式パッシブソーラーシステム:びおソーラー 薪ストーブ:アンデルセンストーブ(廃盤)

都内から葉山への引っ越しを決意したのは、毎日愛犬とビーチを散歩したい、庭を走り回らせたい……、そして長谷川剛己さん自身が存分にサーフィンを楽しみたいという願いから。たまたま湘南の不動産に強い知人がいたこともあって、海まで歩いて10分というこの土地を見つける。 実は葉山暮らしの懸案事項は、奥さんの通勤だったそう。ご自分はペット用品のネット通販を運営しているので仕事場は問わないものの、奥さんは毎日都内まで出勤しなければならない。けれど実際に住んでみれば、行きは始発の電車に座れるし、帰りもさほど電車が込まないのでほとんど負担は感じなかったそうだ。 家づくりのテーマは“リラックス” 葉山という土地に似合う平屋造りの家。犬たちは手入れの行き届いた芝生の上を自由自在に走り回り、手作りの広いデッキの上を我が物顔で占領している。 壁と天井は本来下地材として使われる構造用合板の木目をそのまま生かし、床も温かみのあるパイン材。外壁も杉板の鎧張りと、木の温かみを存分に感じられる家が完成した。室内ではローテーブルを中心に低く暮らすスタイル。ナゴみの空間ができあがった。 自分で造れるところは自分の手で…

家造りは自分の手で葉山への移住を決意したのは波乗りと愛犬のため

都内から葉山への引っ越しを決意したのは、毎日愛犬とビーチを散歩したい、庭を走り回らせたい……、そして長谷川剛己さん自身が存分にサーフィンを楽しみたいという願いから。たまたま湘南の不動産に強い知人がいたこともあって、海まで歩いて10分というこの土地を見つける。 実は葉山暮らしの懸案事項は、奥さんの通勤だったそう。ご自分はペット用品のネット通販を運営しているので仕事場は問わないものの、奥さんは毎日都内まで出勤しなければならない。けれど実際に住んでみれば、行きは始発の電車に座れるし、帰りもさほど電車が込まないのでほとんど負担は感じなかったそうだ。 家づくりのテーマは“リラックス” 葉山という土地に似合う平屋造りの家。犬たちは手入れの行き届いた芝生の上を自由自在に走り回り、手作りの広いデッキの上を我が物顔で占領している。 壁と天井は本来下地材として使われる構造用合板の木目をそのまま生かし、床も温かみのあるパイン材。外壁も杉板の鎧張りと、木の温かみを存分に感じられる家が完成した。室内ではローテーブルを中心に低く暮らすスタイル。ナゴみの空間ができあがった。 自分で造れるところは自分の手で…

Pinterest
Search