上村松園 三美人之図 明治41年  手前の女性は、結綿という髪形をした結婚前の若い娘である。真ん中の女性は丸髷を結った既婚女性。奥の女性は髪型は判別できないが、眉毛を剃り落としているため子を持つ母であることがわかる。娘、若妻、母という三様の美人が花見を楽しむ姿である。

上村松園 三美人之図 明治41年 手前の女性は、結綿という髪形をした結婚前の若い娘である。真ん中の女性は丸髷を結った既婚女性。奥の女性は髪型は判別できないが、眉毛を剃り落としているため子を持つ母であることがわかる。娘、若妻、母という三様の美人が花見を楽しむ姿である。 https://www.facebook.com/tabaca.magno?ref=tn_tnmn

上村松園 Uemura Shoen (1875-1949)『良宵之図』林原美術館蔵

上村松園『待月』(1926年) 今度は日本画に眼を向けてみよう。京都市美術館随一の名画というと、やはり上村松園の『待月』ということになるのではないか。 個人的な話になるけれども、松園はぼくが日本画への興味を開かれた最初の画家だといってもいい。 いつのことだったか忘れ...

江戸時代から日本は「にゃんとも猫だらけ」だった(浮世絵)

猫はインターネット上で人気者だ。だが、インターネットの人気猫が現れるよりはるか前から、猫は日本のアートの浮世絵の世界に存在していた。17世紀以降、日本の浮世絵の絵師たちは驚くほどたくさんの猫たちを描いてきたのだ。

上村 松園 Uemura Shōen - "Wind" 1939

Uemura Shoen (上村松園) 1875-1949, Japanese Artist

“Flame.” by Uemura Syoen (Japanese 1875-1949) Color painting on silk, H. 190.9 x W. 91.8 cm, (dated 1918) | Tokyo National Museum, Japan |《焔 ほのお》上村松園 (1875-1949 明治8年- 昭和24年) 1 幅, 絹本着色, 縦190.9 x 横91.8 cm 大正7年(1918) | 東京国立博物館 コレクション

焔(ほのお)/1幅/絹本着色/上村松園筆/縦190.9 横91.8/大正時代/大正7年(1918) Flame./By Uemura Shoen./190.9x91.8./Taisho Period/dated 1918 A11098 /謡曲「葵の上」に想を得て源氏物語に登場する六条御息所の生霊を描く。美人画作家といわれる松園の作品の中では異色の主題。髪の端を噛んで振り返る青い顔には嫉妬に翻弄される姿が現われ,白地の着物に描かれた清楚な藤の花にからむ大きな蜘蛛の巣が,執拗な怨念を不気味に暗示させる。嫉妬の化身となった生霊を品格を損なわずに造形化した本図は,近代日本画の水準を高めたと評価される松園の実力を鮮やかに証明している。

Uemura Shōen (1875 - 1949). The true, the good and the beautiful are what the Japanese painter, explored in her "Bijinga” paintings. “Bijinga”,  literally “pictures of beautiful women” is a genre in Japanese art, which is generally descended from ukiyo-e woodblock prints of the Edo period.  Uemura Shōen was the pseudonym of an important woman artist in Meiji, Taishō and early Shōwa period Japanese painting. Her real name was Uemura Tsune.

有名絵画を布に印刷(昇華転写)したハンカチやコースター、複製画の通販。拭き取りに優れたナノ繊維や大判印刷用布素材もご用意しています。

森

私が存在し、こうしてあなたのとなりにいたことをずっと覚えていてくれる?

松葉楼装ひ 実を通す風情(喜多川歌麿 画)

江戸時代の浮世絵界をリードした4人のスター浮世絵師を一覧で紹介。斬新な構図、鮮やかな色彩、シンプルかつ繊細な描写は、ゴッホやモネら西欧の画家たちにも大きな影響を与えました。

この着物美人画、顔・振る舞い・スタイル全てパーフェクト!現代の浮世絵ともいえる日本画作品 – Japaaan

森田春代さんの日本画作品をご紹介します。 日本ではあまり馴染みがない画家さんかもしれません。海外に移住し現在はオーストラリアに居住しており展覧会もほとんどが海外で開催されています。 鮮やかな色彩で描かれた着物や背景の風景、過剰とも言える装飾に圧倒されてしまいます。可憐で美しいというより豪華で煌びやかな女性が

下写真:上村松園 『汐くみ』 昭和16年(1941) 岡田美術館。

雑誌『Pen』の公式サイト。ファッションからアートやデザイン、映画や音楽などのカルチャーや日本の伝統工芸、さらには腕時計やカメラといったプロダクトまで。「上質な日常はすぐそこにある」をコンセプトに、さまざまな情報を発信します。

by 佃喜翔

画家・喜翔-きしょう-がきぬ絵(絹本着色日本画)の技法で描いた、おひめさまのような美人画・童女画作品を展示・懐かしの少女雑誌の口絵のような世界をお届けします。

上村松園 四季美人図 明治25年  女の一生を、四季になぞらえた4人の女性で表現した作品。15歳の松園は1890(明治23)年の第3回内国勧業博覧会に『四季美人図』を出品。竹内栖鳳や山元春挙等と並んで一等褒状を受け、さらに英国のコンノート殿下に買い上げられるという栄誉に浴した。また、1892(明治25)年にも『四季美人図』を制作し、シカゴ万博で2等賞を受賞している。本作品も同年の作。本格的に絵の修業をはじめた10代の松園が、繰り返し取り組んだ画題である。

上村松園 四季美人図 明治25年 女の一生を、四季になぞらえた4人の女性で表現した作品。15歳の松園は1890(明治23)年の第3回内国勧業博覧会に『四季美人図』を出品。竹内栖鳳や山元春挙等と並んで一等褒状を受け、さらに英国のコンノート殿下に買い上げられるという栄誉に浴した。また、1892(明治25)年にも『四季美人図』を制作し、シカゴ万博で2等賞を受賞している。本作品も同年の作。本格的に絵の修業をはじめた10代の松園が、繰り返し取り組んだ画題である。

美人画の名手。日本画家・志村立美の描く艶やかな美女たち - momokoの広域PARADAIS

美人画の名手。日本画家・志村立美の描く艶やかな美女たち - momokoの*Tinierタブロイド

美人画の名手。日本画家・志村立美の描く艶やかな美女たち 志村立美の絵画●挿絵界の巨匠と呼ばれた画家の美の粋、美人画を美麗に複製志村立美 美人画 『からっ風』 複製画 送料無料 日本画家・志村立美(しむらたつみ)氏の作品をご紹介します。初期は挿絵画家として活躍し、美人画を制作し始めたのは晩年になってからです。志村氏の晩年に描いた美人画は非常に評価が高く点数も少ないため貴重なものとな…

Pinterest
検索