窓の外、なんでもゲーム画面になっちゃう!?画期的なアイデア

窓の外、なんでもゲーム画面になっちゃう!?画期的なアイデア

敦煌莫高窟第249窟壁画(6世紀) 右上に風袋を掲げた風神、左上にリング状に太鼓を並べた雷神の姿形が見える。

ファイル:Asura in 249th cave of Mogao Caves.jpg

最古の洞窟壁画、仏ショーべ洞窟が世界遺産に決定

最古の洞窟壁画、仏ショーべ洞窟が世界遺産に決定

展覧会「ラスコー展」国立科学博物館で、非公開の洞窟壁画を実物大で再現!世界初公開の顔料もの写真4

「ラスコー展」国立科学博物館で開催、非公開の洞窟壁画を実物大で再現!世界初公開の顔料も - 写真4

摩擦を起こさないように、ただ無難に生きている。そんな人生、面白いですか? もっと枠を外れた生き方をしたいビジネスパーソンに贈るこのコラム。今回は、「ラスコー展」にみるクリエーティビティの原点と、現代人にも応用できる見方・考え方について。

Heart on the hill at Moab, Utah

ハート型の洞窟と奇岩群、古代人の壁画が残る神秘の大地「モアブ

ハート型の洞窟と奇岩群、古代人の壁画が残る神秘の大地「モアブ」:DDN JAPAN

【今月の1冊】画家と美術史家が紡ぐ絵画論の集大成『絵画の歴史 洞窟壁画からiPadまで』

『美術手帖』の「BOOK」コーナーでは、新着のアート&カルチャー本の中から毎月、注目の図録やエッセイ、写真集など、様々な書籍を紹介。2017年4月号では、画家のデイヴィッド・ホックニーと美術史家のマーティン・ゲイフォードによる、絵画をテーマとした対談集『絵画の歴史 洞窟壁画からiPadまで』を取り上げた。【美術手帖が運営するアートニュースサイト。アートを中心にクリエイティブ・マインドを刺激するコンテンツを発信します。】

先史時代の希少な洞窟壁画、20年で消失の恐れ ソマリア

【7月25日 AFP】ソマリア北部ソマリランド(Somaliland)のラース・ゲール(Laas Geel)にある洞窟には新石器時代の「芸術家」たちがアンテロープやウシ、キリン、弓矢を持った狩人などを色とりどりに描いた壁画がある。

青幻舎  SEIGENSHA Art Publishing, Inc.  |  絵画の歴史 洞窟壁画からiPadまで

「当代の芸術の存在感を顕す」アート、写真、絵画、デザインなど、ビジュアル書を核としつつ、文学や評論へも出版分野は広がる。表現形態を問わず、人の営みを内面から照射し得るような作品を手がけたい。

オーストラリアのキンバリー地方にある岩場で次々と見つかる壁画のうちのひとつ。描かれたのは、ものにより3000年前から5000年前ころと推定。人類学者のステファン・オッペンハイマー博士が率いるブラッドショー財団による撮影

In Deep (旧): アボリジニたちの精霊ウォンジナたちさえも、「上からじゃなくて下から来た」ような気がした朝

ラス・チメネアス洞窟の壁画

クニャック洞窟の山羊とラス・チメネアス洞窟の鹿 - My Encyclopedia

20世紀の過ちを教訓に、ラスコー洞窟壁画保存のいま

【6月28日 AFP】「老婦人」と呼ばれているその壁は、1万8000年の歳月を経てもろくなっているために鉄の扉と監視カメラに守られ、21世紀の科学が提供しうる最高水準のケアを受けている。

ラスコー展見どころ1「洞窟壁画の最高傑作を間近で体感」

みどころ:特別展「世界遺産 ラスコー展 ―クロマニョン人が残した洞窟壁画―」(2016年11月1日(火)~2017年2月19日(日))-国立科学博物館-

原始の洞窟壁画から現代の実験的な芸術にいたる、美術の全体を論じた入門書。率直で単純な文体と、物語をくっきりと浮かび上がらせる話術で「絶えず変化しながら連綿とつづく伝統のなかで、ひとつひとつの作品が過去を語り、未来を指さす」ような美術史、「伝統という生きた鎖が、ピラミッド時代の美術から現代美術にまで延々とつらなる」物語としての美術史を目に見えるように描きだしている。

美術の物語 (ポケット版)

展覧会「ラスコー展」国立科学博物館で、非公開の洞窟壁画を実物大で再現!世界初公開の顔料も | ニュース - ファッションプレス

「ラスコー展」国立科学博物館で開催、非公開の洞窟壁画を実物大で再現!世界初公開の顔料も

展覧会「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」が国立科学博物館にて、2016年11月1日(火)から2017年2月19日(日)まで開催される。隠れた線刻がライトで浮かび上がる壁画展示...

Pinterest
検索