私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景

あったかギャラリー What we value comes from what we attune to. Now, more than ever, we must awaken our sensitivity to the world. As we ponder, our attention should always be on the humane in humanity.今、我々が取りもどす必要があるもの、それは言葉や価値感の母胎である「感性」です。

【タイムスリップ】幕末から明治へ「1800年代末の日本」の臨場感あふれる写真たち

【タイムスリップ】幕末から明治へ「1800年代末の日本」の臨場感あふれる写真たち

【タイムスリップ】幕末から明治へ「1800年代末の日本」の臨場感あふれる写真たち:DDN JAPAN

【タイムスリップ】幕末から明治へ「1800年代末の日本」の臨場感あふれる写真たち

【タイムスリップ】幕末から明治へ「1800年代末の日本」の臨場感あふれる写真たち

江戸時代が終わり明治時代が始まったのが1868年。それから5年後の1873年、イタリア人写真家のアドルフォ・ファルサーリ氏が来日し、1880年代に横浜で写真館を開きました。 写真に色が付いているのは、外国人向けの土産写真とするためで、日本の熟練した職人によって1枚1枚

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景

あったかギャラリー What we value comes from what we attune to. Now, more than ever, we must awaken our sensitivity to the world. As we ponder, our attention should always be on the humane in humanity.今、我々が取りもどす必要があるもの、それは言葉や価値感の母胎である「感性」です。

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景 | DDN JAPAN

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景 | DDN JAPAN

【タイムスリップ】幕末から明治へ「1800年代末の日本」の臨場感あふれる写真たち

【タイムスリップ】幕末から明治へ「1800年代末の日本」の臨場感あふれる写真たち

1,800年代末から1,900年代初頭に撮影された「日本の原風景」。江戸の香りが色濃く残る人々の生き生きとした生活が写し出された、臨場感あふれる写真を集めました。こうして並べてみると 見ているうちに自分が "この時代の人" になった気分になってくる - Taken from the 1800's end in the early 1900s "Japan of the original landscape." Edo life scent was lively of Steeped people have been projected, drew immersive photos. Thus side by side try and Become to feel that they have become the "people of this era" while you are looking at

19世紀の米国人画家 ロバート・フレデリック・ブラム (Robert Frederick Blum) は、1876年「フィラデルフィア万博」で日本文化に衝撃を受け、いつかその地を踏むことを夢に抱いた。14年後の1890年、上野で開催された「第三回・国内勧業博覧会」に招待されたことを機に、その後3年間に渡って、彼の目を奪った江戸の香りが色濃く残る日本の景色を描き続けることになる。

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景

19世紀の米国人画家 ロバート・フレデリック・ブラム (Robert Frederick Blum) は、1876年「フィラデルフィア万博」で日本文化に衝撃を受け、いつかその地を踏むことを夢に抱いた。14年後の1890年、上野で開催された「第三回・国内勧業博覧会」に招待されたことを機に、その後3年間に渡って、彼の目を奪った江戸の香りが色濃く残る日本の景色を描き続けることになる。

Robert-Frederick-Blum-02a.jpg

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景

Robert-Frederick-Blum-02a.jpg

撮影:1963年(昭和38年)6月初め頃

撮影:1963年(昭和38年)6月初め頃

1956年(昭和31年)電気店の店先の母子。店内に懐かしい家電製品が見える。おかーさんは子供をあやしながら店番か?

1956年(昭和31年)電気店の店先の母子。店内に懐かしい家電製品が見える。おかーさんは子供をあやしながら店番か?

Pinterest
検索