本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗 銘「七里」(五島美術館蔵)

本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗 銘「七里」(五島美術館蔵)

本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗銘 銘「東」(個人蔵)

本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗銘 銘「東」(個人蔵)

赤楽茶碗No.37 赤楽茶碗 銘「湖月」 五島美術館蔵 ほとんど白楽、といってもいいくらい赤みの抜けた赤楽茶碗。これも長次郎作らしく、如心斎の極めがついています。作風としては4、「太郎坊」や9、「獅子」と同じ歪みのない静かな造形です。それにしても驚かれるのが、まるで萩茶碗のごとき貫入(茶碗表面の細かいひび割れ、井戸茶碗の特徴)であります。私はこれを萩茶碗だとして紹介されても納得してしまうでしょう。また胴には二本のくびれもついています。

赤楽茶碗No.37 赤楽茶碗 銘「湖月」 五島美術館蔵 ほとんど白楽、といってもいいくらい赤みの抜けた赤楽茶碗。これも長次郎作らしく、如心斎の極めがついています。作風としては4、「太郎坊」や9、「獅子」と同じ歪みのない静かな造形です。それにしても驚かれるのが、まるで萩茶碗のごとき貫入(茶碗表面の細かいひび割れ、井戸茶碗の特徴)であります。私はこれを萩茶碗だとして紹介されても納得してしまうでしょう。また胴には二本のくびれもついています。

長次郎作 赤楽 銘「空花」 個人蔵

長次郎作 赤楽 銘「空花」 個人蔵

本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗 銘「村雲」(楽美術館蔵)

本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗 銘「村雲」(楽美術館蔵)

黒楽茶碗No.32 黒楽茶碗「万代屋黒」 所蔵不明 これ以上にない落ち着きをもった黒楽であり、指折りの名品です。しかし近年までは千家秘蔵の品であったそうで、ようやく2012年に京都楽美術館において初公開されました。作風としては赤楽の「手枕」「獅子」と似ていますが、風情には「次郎坊」と似た質感があります。

黒楽茶碗No.32 黒楽茶碗「万代屋黒」 所蔵不明 これ以上にない落ち着きをもった黒楽であり、指折りの名品です。しかし近年までは千家秘蔵の品であったそうで、ようやく2012年に京都楽美術館において初公開されました。作風としては赤楽の「手枕」「獅子」と似ていますが、風情には「次郎坊」と似た質感があります。

本阿弥光悦(1558-1637)作 赤楽茶碗 銘「乙御前」

本阿弥光悦(1558-1637)作 赤楽茶碗 銘「乙御前」

本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗 銘「楽天」(個人蔵)

本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗 銘「楽天」(個人蔵)

黒楽茶碗 銘 此花 - 出光コレクション - 出光美術館

黒楽茶碗 銘 此花 - 出光コレクション - 出光美術館

本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗 銘「喰違」(個人蔵)

本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗 銘「喰違」(個人蔵)

Pinterest
検索