文楽

杉本文楽

2013年10月2日(水)、イタリア・ローマにある日本大使公邸において日本イタリ...

Japanese traditional puppet theater, Bunraku 文楽

文楽 冥途の飛脚 : フォトギャラリー 画像

文楽 冥途の飛脚のフォトギャラリー。上映スケジュール、映画レビュー、予告編動画。1979年、京都・太秦撮影所に作り上げた舞台セットで、竹本越路大夫、竹本文字大夫(現・竹本住大夫)、竹本織大夫(現...

第二回 ぼくらの文楽  Bokurano Bungaku 2nd Music Festival

第二回 ぼくらの文楽|もっともっと「アカるく、すなオニ」。溢れんばかりの情熱を胸に。

「女形」坂東玉三郎の夕霧(松竹提供)

世界のさまざまな芸能の中で、歌舞伎の際立った特徴といえば、女形の存在を挙げることができます。歌舞伎は役者を見る芸術。そ

Japanese traditional puppet theater, Bunraku 文楽

現代美術作家、杉本博司が文楽『曽根崎心中』を再生! 神奈川芸術劇場で古典に新しい命が宿る。

見る者を深遠な世界に導く写真で知られる杉本博司は、古美術コレクター、建築家としても活躍。哲学的な作品で国境を越えて共感を集める杉本が、鋭い美意識を人形浄瑠璃に向けました。 『杉本文楽 曾根崎心中』は近松門左衛門の原作をいかしつつ、構成・演出・美術の面から舞台を再構築する企画。元禄12年(1703)に著された『曽根崎心中』は、市井の人を素材にする世話物の第一作。社会制度と義理に縛られた若い男女が死んで恋を成就させる物語は、現代の観客をも魅了します。 ヒロインである遊女お初は身分は低いけれど心意気は高く、「恋の手本」となるのです。杉本文楽では三百年以上も上演されなかった初段『観音廻り』を復活。省かれた理由は、救済を求める信仰心や遊女に聖性を重ねる感覚が薄れたからでしょうか。純粋なお初が三十三か所の寺社に参る姿には、遠からず仏となる運命が暗示されているのかもしれません。…

Hagoromo 羽衣

能は面をつけて歩き謡い舞い演じます。まずは基本の謡と舞を身につけ面をつけて舞い謡えるように学んでいきます。 【初心者のための能楽教室】

巴

在デンマーク日本大使館の広報文化センターにて 開催されておりました能楽写真展、会期終了となりました。 会期中、ご来場いただきました皆様に厚く御礼申し上げます。 また、今回の能楽写真展開催にあたり、 在デンマーク日本大使館のスタッフの方々をはじめ、沢山の方にご尽力いただきました...

薪御能 一日目 : 奈良能公演日誌

薪御能 日時 5月18日(金)、5月19日(土) (昨年より開催日が5月第3金・土曜日に変更なりました) 近年、各地で野外能や薪...

櫻間初花会 : 奈良能公演日誌

櫻間初花会 日時 5月5日(木)午後1時始 場所 埼玉県越谷市花田 こしがや能楽堂 演目 ワークショップ 金春流能 「羽衣...

Pinterest
検索