金魚

夏といえば、涼しげな金魚鉢に入った金魚を想像します。そんなわけで、今日は、子供達と金魚さんをつくりました!みんな生きているように見えますね。金魚といえば、こち…

アマゾンは米国時間6月27日、オンラインポータル「Inspire」を発表した。教師やその他の教育者がデジタル学習向けのリソースを共有できるサービスだ。   Inspireは、数千単位の教材の検索、発見、ピアレビューなどの機能を持つ。教育者がデジタル教育リソースを無料でアップロードしたり共有したりすることを目指したもので、授業を改善したり、学生の学習成果を支援できるとしている。パブリッシャーやコンテンツ事業者が貢献できるオープンさも特徴で、米国の大学情報「College Scorecard」サービスからの情報も提供する。フォルガー・シェイクスピア図書館も、Sharkespeareの演劇についての教材のアクセスを提供する。

アマゾンは米国時間6月27日、オンラインポータル「Inspire」を発表した。教師やその他の教育者がデジタル学習向けのリソースを共有できるサービスだ。 Inspireは、数千単位の教材の検索、発見、ピアレビューなどの機能を持つ。教育者がデジタル教育リソースを無料でアップロードしたり共有したりすることを目指したもので、授業を改善したり、学生の学習成果を支援できるとしている。パブリッシャーやコンテンツ事業者が貢献できるオープンさも特徴で、米国の大学情報「College Scorecard」サービスからの情報も提供する。フォルガー・シェイクスピア図書館も、Sharkespeareの演劇についての教材のアクセスを提供する。

Online Learning Resource Center - Using Presenter, Captivate, and Acrobat to create and distribute content. A nice one page overview.

Online Learning Resource Center - Using Presenter, Captivate, and Acrobat to create and distribute content. A nice one page overview.

「デザインに興味があるのですが、どうやってデザインを学べばいいのでしょう?」という質問は、以前に書かせて頂いた「米国のデザイン教育から学んだこと」という記事に対して一番多かった反響の1つでした。これはデザインの分野があま […]

「デザインに興味があるのですが、どうやってデザインを学べばいいのでしょう?」という質問は、以前に書かせて頂いた「米国のデザイン教育から学んだこと」という記事に対して一番多かった反響の1つでした。これはデザインの分野があま […]

教育インフォグラフィックテンプレート 無料ベクター

教育インフォグラフィックテンプレート 無料ベクター

わが家にプロパンガスを供給してくださっている大丸エナウィン(株)の、顧客向け冊子2011年11月1日発行の第83号に、「日本語の揺れと乱れ」に関して、とても興味深い記事がのっていました。

わが家にプロパンガスを供給してくださっている大丸エナウィン(株)の、顧客向け冊子2011年11月1日発行の第83号に、「日本語の揺れと乱れ」に関して、とても興味深い記事がのっていました。

Google Developers - educational materials

Google Developers - educational materials

マクドナルドが従業員に「健康のためファストフードは食べないように」と助言していた  ・マクドナルド従業員専用ウェブサイトで助言 英国メディアDailyMailによると注目の助言がされたのは、米国マクドナルドの従業員専用ウェブサイト『マックリソース・ライン』であるという。このサイトには、従業員に対し健康、日常のちょっとした知恵、教育など様々な分野のアドバイスをするコーナーがあるそうだ。  ・「ハンバーガーやポテトを避け、サラダなど健康的なものを」 その『マックリソース・ライン』で、健康のためにファストフードは食べないように、というアドバイスがあったというのである。  同サイトに掲載されたというハンバーガーとポテト、コーラらしきドリンクのイラストの上には「不健康な食事」と書かれている。一方、サラダやサンドイッチ、水が描かれたイラストには「健康的な食事」と表示されていたという。

マクドナルドが従業員に「健康のためファストフードは食べないように」と助言していた ・マクドナルド従業員専用ウェブサイトで助言 英国メディアDailyMailによると注目の助言がされたのは、米国マクドナルドの従業員専用ウェブサイト『マックリソース・ライン』であるという。このサイトには、従業員に対し健康、日常のちょっとした知恵、教育など様々な分野のアドバイスをするコーナーがあるそうだ。 ・「ハンバーガーやポテトを避け、サラダなど健康的なものを」 その『マックリソース・ライン』で、健康のためにファストフードは食べないように、というアドバイスがあったというのである。 同サイトに掲載されたというハンバーガーとポテト、コーラらしきドリンクのイラストの上には「不健康な食事」と書かれている。一方、サラダやサンドイッチ、水が描かれたイラストには「健康的な食事」と表示されていたという。

ソーシャルメディアを使うほど、子どもの幸福度は下がる(特に女子) 1  つ目は「ソーシャル比べ合い」理論。ソーシャル・ネットワークで時間を費やすほど、他の子どもたちと自分を比べてしまうからではないかというもの。  2つ目は「有限リソース」理論。ソーシャル上で時間を費やすほど、子どもたちの健康に貢献するアクティビティーに費やされる時間が減ってしまうのが理由とするものです。人と直接会って会話をする、身体を動かす、といった活動が減ってしまうということです。  3つ目は「サイバーいじめ」理論。  「学校の宿題」に対する満足度以外には、テレビを視聴する時間が与える影響はほぼ見られなかったそうです。また、家庭の収入と子どもたちの幸福度にも関連性は見つからなかったとのこと。その一方で、シングル・ペアレントの家庭では子どもたちの幸福度は相対的に低くなっていたようです。

ソーシャルメディアを使うほど、子どもの幸福度は下がる(特に女子) 1 つ目は「ソーシャル比べ合い」理論。ソーシャル・ネットワークで時間を費やすほど、他の子どもたちと自分を比べてしまうからではないかというもの。 2つ目は「有限リソース」理論。ソーシャル上で時間を費やすほど、子どもたちの健康に貢献するアクティビティーに費やされる時間が減ってしまうのが理由とするものです。人と直接会って会話をする、身体を動かす、といった活動が減ってしまうということです。 3つ目は「サイバーいじめ」理論。 「学校の宿題」に対する満足度以外には、テレビを視聴する時間が与える影響はほぼ見られなかったそうです。また、家庭の収入と子どもたちの幸福度にも関連性は見つからなかったとのこと。その一方で、シングル・ペアレントの家庭では子どもたちの幸福度は相対的に低くなっていたようです。

Pinterest
検索