《戦後文化の軌跡1945-1955(目黒区立美術館)》

横尾忠則現代美術館は、兵庫県西脇市出身の美術家、横尾忠則からの寄贈・寄託作品を適切な環境で保管し、多くの人に鑑賞していただくため、兵庫県立美術館王子分館(旧兵庫県立近代美術館、村野藤吾設計)の西館をリニューアルし、2012年11月に開館いたしました。

1954年東京、ちゃぶ台を囲んで食事する家族。戦後70年「日本の食」 - 毎日新聞

1954年東京、ちゃぶ台を囲んで食事する家族。戦後70年「日本の食」 - 毎日新聞

ペコちゃん人形のもつミルキーの箱を狙う戦災孤児 銀座 (昭和25年) / war orphan gazing at a candy box in a hand of the famous dummy Peko-chan by Tanuma Takeyoshi

ペコちゃん人形のもつミルキーの箱を狙う戦災孤児 銀座 (昭和25年) / war orphan gazing at a candy box in a hand of the famous dummy Peko-chan by Tanuma Takeyoshi もっと見る

大衆食堂 | 街並み・建物 > 店舗の写真 | GANREF

大衆食堂 | 街並み・建物 > 店舗の写真 | GANREF

屋上で休憩する松竹歌劇団(SKD)の踊り子。1949年、東京の浅草国際劇場にて撮影。写真:田沼武能

「焼け跡と踊り子」浅草 (1949) the ruins of the war and dancers 「戦災で焼け野原になった浅草に、娯楽を求めて人々は集った。国際劇場の松竹少女歌劇団はSKDの名で知られ、川路龍子や小月冴子などの人気スターに憧れる少女たちが入団してきた」。

田中一光『Music Today '85 今日の音楽13』1985年 国立国際美術館蔵 ©Ikko Tanaka / licensed by DNPartcom

田中一光の大規模ポスター展、初期から晩年までの約50点を展示

栄養飲料ビタラムネポスター 昭和30年代 sold out 51.5×36.5㎝ 美品  ご注文はE-mailまたはFAX 0422-39-3582へ...

ザ.レトロ!昭和30年代の広告デザインが素晴らしいのまとめ

長岡空襲から70年、慰霊の白菊が夜空に咲いた 伝説の花火師が込めた思い【戦後70年】 nagaoka shiragiku

長岡空襲から70年、慰霊の白菊が夜空に咲いた 伝説の花火師が込めた思い【戦後70年】 nagaoka shiragiku …

昔のやうに、安くてよいものを、沢山に販売したい。 現代でも出してほしい。

戦後1945~6年頃。「昔のように、安くてよいものを、沢山に販売したい」(現代仮名づかい等に改めた)と、戦争は終わったが物資の不足等、国民窮乏の中、やはり商売どころでないことがわかる。「これは一人や二人の力では到底実行できるものではなく、我々業者が打って一丸となって適性なる算段、妥当なる利潤の為に懸命に働かねばならない」というのは、自社だけでなく国民全体へ訴えるかのようである。戦前と戦後、どちらも苦しく厳しいが、戦後の方には未来を感じ取ることができる。

1955年(昭和30年)。東京。当時流行の落下傘スタイルのスカートです。 戦前~戦後のレトロ写真(@oldpicture1900)さん | Twitter

The latest Tweets from 戦前~戦後のレトロ写真 (@oldpicture1900). 主に戦前~戦後昭和の懐かしい写真を貼っていきます(脱線も多々あります)。女優などの人物や当時の暮らしぶりが分かるような写真をピックアップして行きたいと思ってます。基本的に全員100%フォローバックさせて頂いてますが、鍵付きアカウントの方はご迷惑なら遠慮なくフォロー申請却下してください。よろしくお願いします。

Pinterest
検索