身体の痛みや不調は「姿勢の悪さ」が原因だった 痛みが消える運動とは?

身体の痛みや不調は「姿勢の悪さ」が原因だった 痛みが消える運動とは?

肩こりや腰痛、坐骨神経痛、ひざの痛みなどの、慢性的な痛みや不調は、姿勢が悪いこと - Yahoo!ニュース(Book Bang)

肩こりや腰痛、坐骨神経痛、ひざの痛みなどの、慢性的な痛みや不調は、姿勢が悪いこと - Yahoo!ニュース(Book Bang)

慢性的な腰痛に悩まされるかどうかは、普段の姿勢で決まります。壁を背にして立ったとき、腰に手がすっと入るのが腰に負担のかかりやすい「反り腰」。腹筋など「体の前側の筋肉」と、姿勢を支えるべき「体の後ろ側の筋肉」のバランスの崩れが原因となり、…

慢性的な腰痛に悩まされるかどうかは、普段の姿勢で決まります。壁を背にして立ったとき、腰に手がすっと入るのが腰に負担のかかりやすい「反り腰」。腹筋など「体の前側の筋肉」と、姿勢を支えるべき「体の後ろ側の筋肉」のバランスの崩れが原因となり、…[2ページ目]

肩こりや疲れ目などの慢性化したプチ不調を、スッキリ解消する方法があったらいいなと思いませんか?最近、ネットでは「指を洗濯バサミで挟む」健康法が話題。その方法と効果をご紹介します。

肩こり、疲れ目も解消♡「指を洗濯バサミで挟む」健康法!

肩こり、疲れ目も解消♡「指を洗濯バサミで挟む」健康法! - Locari(ロカリ)

肩こりや疲れ目などの慢性化したプチ不調を、スッキリ解消する方法があったらいいなと思いませんか?最近、ネットでは「指を洗濯バサミで挟む」健康法が話題。その方法と効果をご紹介します。

肩こり、疲れ目も解消♡「指を洗濯バサミで挟む」健康法!

肩こり、疲れ目も解消♡「指を洗濯バサミで挟む」健康法! - Locari(ロカリ)

<なんと>自分で解決体験!椎間板ヘルニアや慢性腰痛、椎間板損傷の痛み!

非常に簡単な方法でこの痛みを克服した人が多いのに驚かされます。ダチョウ倶楽部の肥後さんがこれで、感動体験しました!一見、良くないように見えるこの体勢が、とんでもなく良かったという話ですが、まずはご覧下さい、健康技が腰痛対策をご紹介します!

【成功事例】慢性の偏頭痛を3分で治す方法 - YouTube

日本疼痛リハビリテーション協会 ↓↓ http://goo.gl/LGx5r6

帯状疱疹の真因!そうだったのか!超簡単な予防法方法を解明!

******************************夏のベーシックなお花はひまわりひまわりを使った装飾配色の考え方******************************夏の代表的な<装飾>に使われるひまわりお花紙で作る事例はこちら→★*<ひまわりの装飾>で一気に夏の雰囲気を出したい!と思ったときに<爽やか>かつ<元気な>ディスプレイをするとします。*<印象>を左右するのは<アイテム>と<色>です

日本人の国民病とも言われる“肩こり”。入浴やマッサージで、少しは楽になるけれど、またすぐにこってしまう……そんな悪循環に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。特に最近話題になっているのが、長時間PCやスマホを操作することによる不調。慢性的な肩こり、目の疲れ、背中の痛みなどに心当たりがある方は、もしかしたら「VDT症候群」かもしれません。VDT症候群はひどくなると、精神的症状(不安感、抑うつ症状、心因性疼痛、食欲減退、ストレス性過食、情緒不安定、不眠など)で体調が悪化しやすいという問題点も。このつらい症状を緩和させるために、現役の医師が開発したのが、肩や目の神経を支配する「乳様突起」と呼ばれるツボを刺激するリラクゼーションギアEARHOOKです。EARHOOK を開発した小田医学博士。肩こりで来院される方々の多くに若者たちも増え、どうしたら病院に来なくても肩こりや眼精疲労、頭痛などの「VDT症候群」を緩和できるか、という視点から EARHOOK を開発。小田先生が患者さまを思いやる心から EARHOOK…

日本人の国民病とも言われる“肩こり”。入浴やマッサージで、少しは楽になるけれど、またすぐにこってしまう……そんな悪循環に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。特に最近話題になっているのが、長時間PCやスマホを操作することによる不調。慢性的な肩こり、目の疲れ、背中の痛みなどに心当たりがある方は、もしかしたら「VDT症候群」かもしれません。VDT症候群はひどくなると、精神的症状(不安感、抑うつ症状、心因性疼痛、食欲減退、ストレス性過食、情緒不安定、不眠など)で体調が悪化しやすいという問題点も。このつらい症状を緩和させるために、現役の医師が開発したのが、肩や目の神経を支配する「乳様突起」と呼ばれるツボを刺激するリラクゼーションギアEARHOOKです。EARHOOK を開発した小田医学博士。肩こりで来院される方々の多くに若者たちも増え、どうしたら病院に来なくても肩こりや眼精疲労、頭痛などの「VDT症候群」を緩和できるか、という視点から EARHOOK を開発。小田先生が患者さまを思いやる心から EARHOOK…

ADHD(注意欠陥多動性障害/注意欠如多動症)の子どもについての友田明美先生の研究結果がニュースになっていました。 脳機能を磁気共鳴画像装置(MRI)で調べたところ、「少ないご褒美(報酬)に満足できないという脳の機能低下が原因となっている可能性」が分かったそうです ADHDの子の脳機能低下を確認 福井大・友田教授ら画像で 社会 福井のニュース :福井新聞 研究成果「ADHD治療薬の長期投与による報酬感受性の改善効果を解明」 fMRI を用いた注意欠陥多動性障害(ADHD)における報酬系の神経基盤に関する検討 友田明美先生は、子どもの慢性疲労症候群(CCFS)の研究者としても知られています。 このニュースを機に、子どもの慢性疲労症候群についての研究を辿って行くと、どうやら不注意優勢型のADHDとの関係があるかもしれない、と考えられる幾つかのデータにたどりつきました。 若年発症の慢性疲労症候群の、少なくとも一部にはADHDが素因として関わっており、ADHDの治療薬で疲労や痛みが改善するという報告が国内外から上がっています。 慢性疲労症候群患者のどれくらいの割合にADHDが見...

ADHDの子どもの脳機能の低下が友田先生により報告されています。

Pinterest
検索