<p>HTC RE Diploは、高解像度CMOSセンサー、146度広角レンズを搭載し、約1600万画素の静止画に加え、フルHD (1080p) 動画撮影が可能なファインダーレスの小型カメラと、愛らしい恐竜型の充電スタンドのセットです。充電時は、恐竜型の充電スタンドの尾の先端から充電ケーブルを接続して使用します。</p> <p>HTC RE Diploは、2015年12月18日より、ソフトバンク株式会社の、最新のIoT(Internet of Things)製品などを体験するスペース「TECH CAFE(テックカフェ)」、「ワイモバイル六本木 Internet Park」「ワイモバイル心斎橋筋」の両店舗にて展示され、その場で体験していただけます。</p>

<p>HTC RE Diploは、高解像度CMOSセンサー、146度広角レンズを搭載し、約1600万画素の静止画に加え、フルHD (1080p) 動画撮影が可能なファインダーレスの小型カメラと、愛らしい恐竜型の充電スタンドのセットです。充電時は、恐竜型の充電スタンドの尾の先端から充電ケーブルを接続して使用します。</p> <p>HTC RE Diploは、2015年12月18日より、ソフトバンク株式会社の、最新のIoT(Internet of Things)製品などを体験するスペース「TECH CAFE(テックカフェ)」、「ワイモバイル六本木 Internet Park」「ワイモバイル心斎橋筋」の両店舗にて展示され、その場で体験していただけます。</p>

9900万年前に生息していた恐竜の尾が、琥珀(こはく)の中に閉じ込められているのが見つかったとして、中国やカナダの研究者が生物学会誌の12月号に発表した。恐竜の色や姿を解明する手がかりになると期待されている。  琥珀は干しアンズほどの大きさで、中国の古生物学者シン・リダ氏が中国との国境に近いミャン...

9900万年前に生息していた恐竜の尾が、琥珀(こはく)の中に閉じ込められているのが見つかったとして、中国やカナダの研究者が生物学会誌の12月号に発表した。恐竜の色や姿を解明する手がかりになると期待されている。 琥珀は干しアンズほどの大きさで、中国の古生物学者シン・リダ氏が中国との国境に近いミャン...

天然樹脂の化石である琥珀の中で、1億年前の恐竜全盛の時代を生きていた鳥の頭・首・翼・尾・足などが見つかりました。A mid-Cretaceous enantiornithine (Aves)

天然樹脂の化石である琥珀の中で、1億年前の恐竜全盛の時代を生きていた鳥の頭・首・翼・尾・足などが見つかりました。A mid-Cretaceous enantiornithine (Aves)

天然樹脂の化石である琥珀の中で、1億年前の恐竜全盛の時代を生きていた鳥の頭・首・翼・尾・足などが見つかりました。A mid-Cretaceous enantiornithine (Aves)

天然樹脂の化石である琥珀の中で、1億年前の恐竜全盛の時代を生きていた鳥の頭・首・翼・尾・足などが見つかりました。A mid-Cretaceous enantiornithine (Aves)

約1億2500万年前に生息していた、羽根のある翼に似た付属肢を4本持つ奇妙な恐竜「チャンギュラプトル・ヤンギ(Changyuraptor yangi)」。中国・遼寧(Liaoning)省で化石が発掘された。くちばしの先から尾の先端までが1.3メートル、体重は4.5キロ程と想定され、これまでに発見されたいわゆる「四翼」恐竜としては最大。非常に長い尾を含め、体全体は見事な羽毛で覆われていたと思われる(2014年7月11日提供)。(c)AFP/DINOSAUR INSTITUTE OF THE NATURAL HISTORY MUSEUM OF LOS ANGELES COUNTY/S. ABRAMOWICZ ▼16Jul2014AFP|【特集】古代生物図鑑 http://www.afpbb.com/articles/-/3002031

約1億2500万年前に生息していた、羽根のある翼に似た付属肢を4本持つ奇妙な恐竜「チャンギュラプトル・ヤンギ(Changyuraptor yangi)」。中国・遼寧(Liaoning)省で化石が発掘された。くちばしの先から尾の先端までが1.3メートル、体重は4.5キロ程と想定され、これまでに発見されたいわゆる「四翼」恐竜としては最大。非常に長い尾を含め、体全体は見事な羽毛で覆われていたと思われる(2014年7月11日提供)。(c)AFP/DINOSAUR INSTITUTE OF THE NATURAL HISTORY MUSEUM OF LOS ANGELES COUNTY/S. ABRAMOWICZ ▼16Jul2014AFP|【特集】古代生物図鑑 http://www.afpbb.com/articles/-/3002031

恐竜時代の幕開けに当たる2億3000万年前に生息していた小型肉食恐竜「エオドロマエウス(Eodromaeus)」。鼻先から尾の先までの体長は約1.2メートルで、体重はわずか4.5~7キロ(2011年1月13日撮影)。(c)AFP/Illustration by Todd Marshall ▼16Jul2014AFP|【特集】古代生物図鑑 http://www.afpbb.com/articles/-/3002031

恐竜時代の幕開けに当たる2億3000万年前に生息していた小型肉食恐竜「エオドロマエウス(Eodromaeus)」。鼻先から尾の先までの体長は約1.2メートルで、体重はわずか4.5~7キロ(2011年1月13日撮影)。(c)AFP/Illustration by Todd Marshall ▼16Jul2014AFP|【特集】古代生物図鑑 http://www.afpbb.com/articles/-/3002031

9900万年前に生息していた恐竜の尾が、琥珀(こはく)の中に閉じ込められているのが見つかったとして、中国やカナダの研究者が生物学会誌の12月号に発表した。恐竜の色や姿を解明する手がかりになると期待されている。  琥珀は干しアンズほどの大きさで、中国の古生物学者シン・リダ氏が中国との国境に近いミャン...

9900万年前に生息していた恐竜の尾が、琥珀(こはく)の中に閉じ込められているのが見つかったとして、中国やカナダの研究者が生物学会誌の12月号に発表した。恐竜の色や姿を解明する手がかりになると期待されている。 琥珀は干しアンズほどの大きさで、中国の古生物学者シン・リダ氏が中国との国境に近いミャン...

プシッタコサウルス くちばしを持つ小さな恐竜。名前の意味は「オウムトカゲ」。トリケラトプスの仲間で、尾に繊維状の羽毛が生えている。(PHOOTGRAPH BY ©AMNH, C. CHESEK)

驚きの恐竜展を開催、もはや鳥展、米NYで

プシッタコサウルス くちばしを持つ小さな恐竜。名前の意味は「オウムトカゲ」。トリケラトプスの仲間で、尾に繊維状の羽毛が生えている。(PHOOTGRAPH BY ©AMNH, C. CHESEK)

(CNN) 9900万年前に生息していた恐竜の尾が、琥珀(こはく)の中に閉じ込められているのが見つかったとして、中国やカナダの研究者が生物学会誌の12月号に発表した。恐竜の色や姿を解明する手がかりになると期待されている。  琥珀は干しアンズほどの大きさで、中国の古生物学者シン・リダ氏が中国との国境に近いミャンマー北部の琥珀市場で見付けた。中身は植物だと業者は考えていたという。しかしシン氏は「中身は植物ではなく脊椎(せきつい)動物、恐らくは二足歩行の恐竜だと気付いた」「この標本がどれほど重要かを業者が理解していたのかどうかは分からないが、相手は値段をつり上げなかった」と話す。  論文共著者でカナダの王立サスカチワン博物館の古生物学者ライアン・マケラー氏は、シン氏からこの標本を見せられて「一生に一度の発見だ。細部まで3次元で見ることができる」と驚いたという。

(CNN) 9900万年前に生息していた恐竜の尾が、琥珀(こはく)の中に閉じ込められているのが見つかったとして、中国やカナダの研究者が生物学会誌の12月号に発表した。恐竜の色や姿を解明する手がかりになると期待されている。 琥珀は干しアンズほどの大きさで、中国の古生物学者シン・リダ氏が中国との国境に近いミャンマー北部の琥珀市場で見付けた。中身は植物だと業者は考えていたという。しかしシン氏は「中身は植物ではなく脊椎(せきつい)動物、恐らくは二足歩行の恐竜だと気付いた」「この標本がどれほど重要かを業者が理解していたのかどうかは分からないが、相手は値段をつり上げなかった」と話す。 論文共著者でカナダの王立サスカチワン博物館の古生物学者ライアン・マケラー氏は、シン氏からこの標本を見せられて「一生に一度の発見だ。細部まで3次元で見ることができる」と驚いたという。

(CNN) 9900万年前に生息していた恐竜の尾が、琥珀(こはく)の中に閉じ込められているのが見つかったとして、中国やカナダの研究者が生物学会誌の12月号に発表した。恐竜の色や姿を解明する手がかりになると期待されている。  琥珀は干しアンズほどの大きさで、中国の古生物学者シン・リダ氏が中国との国境に近いミャンマー北部の琥珀市場で見付けた。中身は植物だと業者は考えていたという。しかしシン氏は「中身は植物ではなく脊椎(せきつい)動物、恐らくは二足歩行の恐竜だと気付いた」「この標本がどれほど重要かを業者が理解していたのかどうかは分からないが、相手は値段をつり上げなかった」と話す。  論文共著者でカナダの王立サスカチワン博物館の古生物学者ライアン・マケラー氏は、シン氏からこの標本を見せられて「一生に一度の発見だ。細部まで3次元で見ることができる」と驚いたという。

(CNN) 9900万年前に生息していた恐竜の尾が、琥珀(こはく)の中に閉じ込められているのが見つかったとして、中国やカナダの研究者が生物学会誌の12月号に発表した。恐竜の色や姿を解明する手がかりになると期待されている。 琥珀は干しアンズほどの大きさで、中国の古生物学者シン・リダ氏が中国との国境に近いミャンマー北部の琥珀市場で見付けた。中身は植物だと業者は考えていたという。しかしシン氏は「中身は植物ではなく脊椎(せきつい)動物、恐らくは二足歩行の恐竜だと気付いた」「この標本がどれほど重要かを業者が理解していたのかどうかは分からないが、相手は値段をつり上げなかった」と話す。 論文共著者でカナダの王立サスカチワン博物館の古生物学者ライアン・マケラー氏は、シン氏からこの標本を見せられて「一生に一度の発見だ。細部まで3次元で見ることができる」と驚いたという。

(CNN) 9900万年前に生息していた恐竜の尾が、琥珀(こはく)の中に閉じ込められているのが見つかったとして、中国やカナダの研究者が生物学会誌の12月号に発表した。恐竜の色や姿を解明する手がかりになると期待されている。  琥珀は干しアンズほどの大きさで、中国の古生物学者シン・リダ氏が中国との国境に近いミャンマー北部の琥珀市場で見付けた。中身は植物だと業者は考えていたという。しかしシン氏は「中身は植物ではなく脊椎(せきつい)動物、恐らくは二足歩行の恐竜だと気付いた」「この標本がどれほど重要かを業者が理解していたのかどうかは分からないが、相手は値段をつり上げなかった」と話す。  論文共著者でカナダの王立サスカチワン博物館の古生物学者ライアン・マケラー氏は、シン氏からこの標本を見せられて「一生に一度の発見だ。細部まで3次元で見ることができる」と驚いたという。

(CNN) 9900万年前に生息していた恐竜の尾が、琥珀(こはく)の中に閉じ込められているのが見つかったとして、中国やカナダの研究者が生物学会誌の12月号に発表した。恐竜の色や姿を解明する手がかりになると期待されている。 琥珀は干しアンズほどの大きさで、中国の古生物学者シン・リダ氏が中国との国境に近いミャンマー北部の琥珀市場で見付けた。中身は植物だと業者は考えていたという。しかしシン氏は「中身は植物ではなく脊椎(せきつい)動物、恐らくは二足歩行の恐竜だと気付いた」「この標本がどれほど重要かを業者が理解していたのかどうかは分からないが、相手は値段をつり上げなかった」と話す。 論文共著者でカナダの王立サスカチワン博物館の古生物学者ライアン・マケラー氏は、シン氏からこの標本を見せられて「一生に一度の発見だ。細部まで3次元で見ることができる」と驚いたという。

(CNN) 9900万年前に生息していた恐竜の尾が、琥珀(こはく)の中に閉じ込められているのが見つかったとして、中国やカナダの研究者が生物学会誌の12月号に発表した。恐竜の色や姿を解明する手がかりになると期待されている。  琥珀は干しアンズほどの大きさで、中国の古生物学者シン・リダ氏が中国との国境に近いミャンマー北部の琥珀市場で見付けた。中身は植物だと業者は考えていたという。しかしシン氏は「中身は植物ではなく脊椎(せきつい)動物、恐らくは二足歩行の恐竜だと気付いた」「この標本がどれほど重要かを業者が理解していたのかどうかは分からないが、相手は値段をつり上げなかった」と話す。  論文共著者でカナダの王立サスカチワン博物館の古生物学者ライアン・マケラー氏は、シン氏からこの標本を見せられて「一生に一度の発見だ。細部まで3次元で見ることができる」と驚いたという。

(CNN) 9900万年前に生息していた恐竜の尾が、琥珀(こはく)の中に閉じ込められているのが見つかったとして、中国やカナダの研究者が生物学会誌の12月号に発表した。恐竜の色や姿を解明する手がかりになると期待されている。 琥珀は干しアンズほどの大きさで、中国の古生物学者シン・リダ氏が中国との国境に近いミャンマー北部の琥珀市場で見付けた。中身は植物だと業者は考えていたという。しかしシン氏は「中身は植物ではなく脊椎(せきつい)動物、恐らくは二足歩行の恐竜だと気付いた」「この標本がどれほど重要かを業者が理解していたのかどうかは分からないが、相手は値段をつり上げなかった」と話す。 論文共著者でカナダの王立サスカチワン博物館の古生物学者ライアン・マケラー氏は、シン氏からこの標本を見せられて「一生に一度の発見だ。細部まで3次元で見ることができる」と驚いたという。

(CNN) 9900万年前に生息していた恐竜の尾が、琥珀(こはく)の中に閉じ込められているのが見つかったとして、中国やカナダの研究者が生物学会誌の12月号に発表した。恐竜の色や姿を解明する手がかりになると期待されている。  琥珀は干しアンズほどの大きさで、中国の古生物学者シン・リダ氏が中国との国境に近いミャンマー北部の琥珀市場で見付けた。中身は植物だと業者は考えていたという。しかしシン氏は「中身は植物ではなく脊椎(せきつい)動物、恐らくは二足歩行の恐竜だと気付いた」「この標本がどれほど重要かを業者が理解していたのかどうかは分からないが、相手は値段をつり上げなかった」と話す。  論文共著者でカナダの王立サスカチワン博物館の古生物学者ライアン・マケラー氏は、シン氏からこの標本を見せられて「一生に一度の発見だ。細部まで3次元で見ることができる」と驚いたという。

(CNN) 9900万年前に生息していた恐竜の尾が、琥珀(こはく)の中に閉じ込められているのが見つかったとして、中国やカナダの研究者が生物学会誌の12月号に発表した。恐竜の色や姿を解明する手がかりになると期待されている。 琥珀は干しアンズほどの大きさで、中国の古生物学者シン・リダ氏が中国との国境に近いミャンマー北部の琥珀市場で見付けた。中身は植物だと業者は考えていたという。しかしシン氏は「中身は植物ではなく脊椎(せきつい)動物、恐らくは二足歩行の恐竜だと気付いた」「この標本がどれほど重要かを業者が理解していたのかどうかは分からないが、相手は値段をつり上げなかった」と話す。 論文共著者でカナダの王立サスカチワン博物館の古生物学者ライアン・マケラー氏は、シン氏からこの標本を見せられて「一生に一度の発見だ。細部まで3次元で見ることができる」と驚いたという。

約1億2500万年前の中国北東部遼寧省に生息していたとされる肉食恐竜「チェンユアンロン・スニ」。翼と短い腕を持ち、体は羽毛に覆われている。鼻先から尾の先端までの全長が約2メートル、体重が約20キロで、翼を持つ恐竜としては、これまでに発見された中で最大。図は中国国土資源省公開(2015年7月15日公開)。(c)AFP/Ministry of Land and Resources of China ▼17Jul2015AFP|【特集】古代生物図鑑~太古に生きた奇妙な動物たち http://www.afpbb.com/articles/-/3002031 #Zhenyuanlong_suni #孙氏振元龙 #孫氏振元龍

約1億2500万年前の中国北東部遼寧省に生息していたとされる肉食恐竜「チェンユアンロン・スニ」。翼と短い腕を持ち、体は羽毛に覆われている。鼻先から尾の先端までの全長が約2メートル、体重が約20キロで、翼を持つ恐竜としては、これまでに発見された中で最大。図は中国国土資源省公開(2015年7月15日公開)。(c)AFP/Ministry of Land and Resources of China ▼17Jul2015AFP|【特集】古代生物図鑑~太古に生きた奇妙な動物たち http://www.afpbb.com/articles/-/3002031 #Zhenyuanlong_suni #孙氏振元龙 #孫氏振元龍

地上動物で最重量の大型竜脚類「ドレッドノータス・シュラニ(Dreadnoughtus schrani)」。脊椎骨(せきついこつ)の化石22点で再現された尾と、発見者のケン・ラコバラ(Ken Lacovara)氏。ほかにも10点の化石を採集している。PHOTOGRAPH BY ROBERT CLARK / EXCEL MAGAZINE / DREXEL

地上動物で最重量の大型竜脚類「ドレッドノータス・シュラニ(Dreadnoughtus schrani)」。脊椎骨(せきついこつ)の化石22点で再現された尾と、発見者のケン・ラコバラ(Ken Lacovara)氏。ほかにも10点の化石を採集している。PHOTOGRAPH BY ROBERT CLARK / EXCEL MAGAZINE / DREXEL

Pinterest
検索