Pinterest
物干し竿など粗大ゴミの分解、解体に便利!【あったら便利】。多目的 廃棄物 のこぎり 万能のこぎり 粗大ゴミ 3段階 切断 解体 金属 折り畳み式 大型ゴミ 大掃除 DIY ノコギリ 角度調整可能 ゴミ回収 ダンボール 衣装ケース 物干し竿 パイプ よしず切り ゴミ処理 コンパクト コジット 便利グッズ 送料無料 ポイント消化 通販

多目的 廃棄物 のこぎり 万能のこぎり 粗大ゴミ 3段階 切断 解体 金属 折り畳み式 大型ゴミ 大掃除 DIY ノコギリ 角度調整可能 ゴミ回収 ダンボール 衣装ケース 物干し竿 パイプ よしず切り ゴミ処理 コンパクト コジット 便利グッズ 送料無料 ポイント消化 通販|お洒落Mama

物干し竿など粗大ゴミの分解、解体に便利!【あったら便利】。多目的 廃棄物 のこぎり 万能のこぎり 粗大ゴミ 3段階 切断 解体 金属 折り畳み式 大型ゴミ 大掃除 DIY ノコギリ 角度調整可能 ゴミ回収 ダンボール 衣装ケース 物干し竿 パイプ よしず切り ゴミ処理 コンパクト コジット 便利グッズ 送料無料 ポイント消化 通販

海外廃墟

これまでに廃墟の写真は多く紹介してきましたが、Christian Richterさんは廃墟の階段に焦点を当てた写真シリーズを制作しました。写真を見ると朽ち果てた螺旋模様に魅了されるのがよくわかります。様々な角度から撮影されており余す所なく廃墟の階段が捉えられています。

Everything was so different. I remembered every building and every turn but this wasn't right. I used to walk down these streets every day and they were full of life, but now it's a ghost town and I'm the ghost

DDN は音楽・映像に関する デジタルアートを中心に情報ミックスを配信中

災害廃棄物(がれき)の受け入れについて

災害廃棄物(がれき)の受け入れについて、市長メッセージを掲載しております。 福岡チャンネルでは福岡市や市長の動きを動画で配信しています。 http://www.city.fukuoka.lg.jp/f-channel/index.html twitter http://twitter.com/#!/Fukuoka...

災害廃棄物(がれき)について 福岡市長 髙島宗一郎x細野環境大臣

災害廃棄物(がれき)について 福岡市長 髙島宗一郎が細野環境大臣と災害廃棄物(がれき)について話し合いました。 福岡チャンネルでは福岡市や市長の動きを動画で配信しています。 http://www.city.fukuoka.lg.jp/f-channel/index.html twitter http://twit...

まだ食べられるのに捨てられる。食品ロス問題を提起すべく1か月間食品廃棄物を食べ続けた男(アメリカ)

食品廃棄物は先進諸国において大きな問題となっている。例えば日本に関していえば、年間の食品廃棄量は、食料消費全体の2割にあたる約1,800万トン。このうち、売れ残りや期限切れの食品、食べ残しなど、本来食べられたはずの、いわゆる「食品ロス」は500万トン〜800万トン

ビル・ゲイツが人間の便から作った水をごくごく飲み技術力の高さを実証する廃棄物処理&浄水&発電装置「Janicki Omniprocessor」 - GIGAZINE

人間が排泄した大便、つまり人糞を処理するだけでなくそこから電気エネルギーと浄水を取り出せる"一石三鳥"の廃棄物処理装置「Janicki Omniprocessor」を、あのビル・ゲイツが見学し、人

仕事先の廃棄物で遊んでみた。真ん中がお気に入り  #コルク  #コルクアート  #コルク人形  #こんな事してる場合じゃない  #でも  #やりだすと楽しい  #cork  #corkart  #corkdoll

#コルクアート - photos Instagram

「モッタイナイ精神」で廃棄物から巨額の利益を生み出す「TerraCycle」とは? - GIGAZINE

2001年にアメリカで設立されたリサイクル企業「TerraCycle(テラサイクル)」は、13年間で21か国に拠点を置くまでに成長したスタートアップです。2014年は総勢115名の従業員とともに

ミミズに手伝ってもらって有機ゴミから堆肥(腐植土)をつくる。いわゆる「コンポスト」が室内でできる。こう聞いて敬遠したくなる人の方が多いのは承知。ベランダでも庭でも、場所はある訳ですから。でも、ゴミ箱よりも近くにそれあれば、もっと捨てるゴミが減るかもしれない。食品廃棄物を有機肥料に替えるコンポスト。その概念自体は何も新しいものではなりません。日本の家庭でも、生ゴミを処理して堆肥にする知恵は、農...

都市生活者のための「ミミズと暮らす」卓上コンポスト

ミミズに手伝ってもらって有機ゴミから堆肥(腐植土)をつくる。いわゆる「コンポスト」が室内でできる。こう聞いて敬遠したくなる人の方が多いのは承知。ベランダでも庭でも、場所はある訳ですから。でも、ゴミ箱よりも近くにそれあれば、もっと捨てるゴミが減るかもしれない。食品廃棄物を有機肥料に替えるコンポスト。その概念自体は何も新しいものではなりません。日本の家庭でも、生ゴミを処理して堆肥にする知恵は、農...

16歳の女子高生がミカンやアボカドなどの廃棄物から作った吸水性ポリマー「SAP」がアフリカの水不足を解消する可能性 - GIGAZINE

干ばつに苦しむアフリカの農家を助けようと、南アフリカの女子高生が、ほとんどお金のかからない材料を作って、水を長時間保持できる合成ポリマー(吸水性ハイドロゲル)を開発することに成功しました。この女子