平成24年度土木学会選奨土木遺産  対象構造物:長良大橋(ながらおおはし)  受賞理由:昭和初期の失業対策事業として、岐阜・大垣間をつなぐ岐垣国道が建設された際に、要所とされた6連曲弦ワーレントラス橋がほぼそのまま遺っている。  支部:中部支部  所在地:岐阜県岐阜市、大垣市墨俣町  竣工年/和暦(西暦):昭和9年(1934年)

平成24年度土木学会選奨土木遺産 対象構造物:長良大橋(ながらおおはし) 受賞理由:昭和初期の失業対策事業として、岐阜・大垣間をつなぐ岐垣国道が建設された際に、要所とされた6連曲弦ワーレントラス橋がほぼそのまま遺っている。 支部:中部支部 所在地:岐阜県岐阜市、大垣市墨俣町 竣工年/和暦(西暦):昭和9年(1934年)

平成24年度土木学会選奨土木遺産  対象構造物:堀川第一橋(ほりかわだいいちきょう)  受賞理由:全国的にも非常に稀な石造真円アーチ橋であり、御所と二条城を結ぶ公儀橋を永久橋として架替えた京都の時代を映す貴重な土木遺産である。  支部:関西支部  所在地:京都府京都市上京区  竣工年/和暦(西暦):明治6年(1873年)(大正2年改修)

平成24年度土木学会選奨土木遺産 対象構造物:堀川第一橋(ほりかわだいいちきょう) 受賞理由:全国的にも非常に稀な石造真円アーチ橋であり、御所と二条城を結ぶ公儀橋を永久橋として架替えた京都の時代を映す貴重な土木遺産である。 支部:関西支部 所在地:京都府京都市上京区 竣工年/和暦(西暦):明治6年(1873年)(大正2年改修)

平成24年度土木学会選奨土木遺産  対象構造物:前橋地先の利根川の護岸と水制工(まえばしちさきのとねがわのごがんとすいせいこう)  受賞理由:前橋地先の利根川に現存する石堤、蛇篭、ケーソン基礎護岸と水制工は、特徴ある工法で洪水から河岸を守る貴重な土木遺産である。  支部:関東支部  所在地:群馬県前橋市、玉村町  竣工年/和暦(西暦):明治30年代~昭和30年(1897年代~1955年)

平成24年度土木学会選奨土木遺産 対象構造物:前橋地先の利根川の護岸と水制工(まえばしちさきのとねがわのごがんとすいせいこう) 受賞理由:前橋地先の利根川に現存する石堤、蛇篭、ケーソン基礎護岸と水制工は、特徴ある工法で洪水から河岸を守る貴重な土木遺産である。 支部:関東支部 所在地:群馬県前橋市、玉村町 竣工年/和暦(西暦):明治30年代~昭和30年(1897年代~1955年)

平成24年度土木学会選奨土木遺産  対象構造物:浜中津橋(はまなかつはし)  受賞理由:わが国初の鉄道橋に架設されたポニー型ワーレントラス桁を当時の形をほぼ残しつつ現在も道路橋として供用している貴重な土木遺産である。  支部:関西支部  所在地:大阪府大阪市北区  竣工年/和暦(西暦):昭和10年(1935年)

平成24年度土木学会選奨土木遺産 対象構造物:浜中津橋(はまなかつはし) 受賞理由:わが国初の鉄道橋に架設されたポニー型ワーレントラス桁を当時の形をほぼ残しつつ現在も道路橋として供用している貴重な土木遺産である。 支部:関西支部 所在地:大阪府大阪市北区 竣工年/和暦(西暦):昭和10年(1935年)

平成24年度土木学会選奨土木遺産  対象構造物:綱ノ瀬川橋梁(つなのせがわきょうりょう)  受賞理由:戦前最大級のスパンを有するわが国初の鉄道用鉄筋コンクリート開腹アーチ橋であり、貴重な土木遺産である。  支部:西部支部  所在地:宮崎県延岡市北方町椎畑~宮崎県西臼杵郡日之影町大字七折梁崎  竣工年/和暦(西暦):昭和12年(1937年)

平成24年度土木学会選奨土木遺産 対象構造物:綱ノ瀬川橋梁(つなのせがわきょうりょう) 受賞理由:戦前最大級のスパンを有するわが国初の鉄道用鉄筋コンクリート開腹アーチ橋であり、貴重な土木遺産である。 支部:西部支部 所在地:宮崎県延岡市北方町椎畑~宮崎県西臼杵郡日之影町大字七折梁崎 竣工年/和暦(西暦):昭和12年(1937年)

平成24年度土木学会選奨土木遺産  対象構造物:長潭橋(ながとろばし)  受賞理由:県内に現存する戦前完成の3つのコンクリートアーチ道路橋のうち最古であり、景勝地「昇仙峡」観光の歴史を語る上で重要な土木遺産である。  支部:関東支部  所在地:山梨県甲府市平瀬町~甲斐市吉沢  竣工年/和暦(西暦):大正14年(1925年)

平成24年度土木学会選奨土木遺産 対象構造物:長潭橋(ながとろばし) 受賞理由:県内に現存する戦前完成の3つのコンクリートアーチ道路橋のうち最古であり、景勝地「昇仙峡」観光の歴史を語る上で重要な土木遺産である。 支部:関東支部 所在地:山梨県甲府市平瀬町~甲斐市吉沢 竣工年/和暦(西暦):大正14年(1925年)

平成24年度土木学会選奨土木遺産  対象構造物:東京動力機械製造株式会社地下工場跡(とうきょうどうりょくきかいせいぞうかぶしきがいしゃちかこうじょうあと)  受賞理由:戦車製造の軍需工場として人力だけで建造された総延長600mの素掘り隧道群で、意匠・技術力を超越した迫力が感受される土木遺産である。  支部:関東支部  所在地:栃木県那須烏山市  竣工年/和暦(西暦):昭和20年(1945年)

平成24年度土木学会選奨土木遺産 対象構造物:東京動力機械製造株式会社地下工場跡(とうきょうどうりょくきかいせいぞうかぶしきがいしゃちかこうじょうあと) 受賞理由:戦車製造の軍需工場として人力だけで建造された総延長600mの素掘り隧道群で、意匠・技術力を超越した迫力が感受される土木遺産である。 支部:関東支部 所在地:栃木県那須烏山市 竣工年/和暦(西暦):昭和20年(1945年)

平成24年度土木学会選奨土木遺産  対象構造物:栃木県の防空関連施設群(とちぎけんのぼうくうかんれんしせつぐん)  受賞理由:掩体壕3基と監視哨2基の県下現存防空関連施設群で、特異な時代体制下における土木技術の一つの役割を伝える希少性に富む遺産である。  支部:関東支部  所在地:①栃木県宇都宮市②栃木県大田原市③栃木県那須烏山市④栃木県鹿沼市  竣工年/和暦(西暦):①昭和19年頃(1944年頃)②昭和19年頃(1944年頃)③昭和16年(1941年)④昭和16年(1941年)

平成24年度土木学会選奨土木遺産 対象構造物:栃木県の防空関連施設群(とちぎけんのぼうくうかんれんしせつぐん) 受賞理由:掩体壕3基と監視哨2基の県下現存防空関連施設群で、特異な時代体制下における土木技術の一つの役割を伝える希少性に富む遺産である。 支部:関東支部 所在地:①栃木県宇都宮市②栃木県大田原市③栃木県那須烏山市④栃木県鹿沼市 竣工年/和暦(西暦):①昭和19年頃(1944年頃)②昭和19年頃(1944年頃)③昭和16年(1941年)④昭和16年(1941年)

平成24年度土木学会選奨土木遺産  対象構造物:石手川橋梁(いしでがわきょうりょう)  受賞理由:開業時の軽便鉄道から普通軌道への改軌、電化、駅の設置等の変更を経ながら原位置にある鉄道用トラスとしては現役最古である。  支部:四国支部  所在地:愛媛県松山市  竣工年/和暦(西暦):明治25年(1892年)

平成24年度土木学会選奨土木遺産 対象構造物:石手川橋梁(いしでがわきょうりょう) 受賞理由:開業時の軽便鉄道から普通軌道への改軌、電化、駅の設置等の変更を経ながら原位置にある鉄道用トラスとしては現役最古である。 支部:四国支部 所在地:愛媛県松山市 竣工年/和暦(西暦):明治25年(1892年)

平成24年度土木学会選奨土木遺産  対象構造物:手取川霞堤(てどりがわかすみてい)  受賞理由:手取川の扇状地上に築かれた前近代の治水技術を伝える大規模で貴重な土木遺産であり、見事な不連続堤を遺している。  支部:中部支部  所在地:石川県能美市、能美郡北方  竣工年/和暦(西暦):不明(近世以前)

平成24年度土木学会選奨土木遺産 対象構造物:手取川霞堤(てどりがわかすみてい) 受賞理由:手取川の扇状地上に築かれた前近代の治水技術を伝える大規模で貴重な土木遺産であり、見事な不連続堤を遺している。 支部:中部支部 所在地:石川県能美市、能美郡北方 竣工年/和暦(西暦):不明(近世以前)

Tsukiji Honganji, WWII hatch to bomb shelter (and possibly underground tunnel)

Tsukiji Honganji, WWII hatch to bomb shelter (and possibly underground tunnel)

長浜大橋(通称 : 赤橋)  国内では現存最古の跳ね橋  愛媛県大洲市長浜町  鋼鉄の橋脚 太平洋戦争時、米軍機グラマンによる機銃掃射の跡 (弾痕) Ehime Pref. completed in 1935, oldest bascule bridge in Japan

長浜大橋(通称 : 赤橋) 国内では現存最古の跳ね橋 愛媛県大洲市長浜町 鋼鉄の橋脚 太平洋戦争時、米軍機グラマンによる機銃掃射の跡 (弾痕) Ehime Pref. completed in 1935, oldest bascule bridge in Japan

東京大空襲と本土防空戦

東京大空襲と本土防空戦

旧日本軍「松代大本営地下壕」長野県 Imperial army sought to transfer Kasumigaseki and Emperor there, 6,000 Korean laborers, 200-300 died in accident

旧日本軍「松代大本営地下壕」長野県 Imperial army sought to transfer Kasumigaseki and Emperor there, 6,000 Korean laborers, 200-300 died in accident

板橋区加賀 旧軍の火薬工場跡  Itabashi, military fire arms factory ruins

板橋区加賀 旧軍の火薬工場跡 Itabashi, military fire arms factory ruins

Pinterest
Search