Yamawaki Gakuen Junior & Senior High School|山脇学園中学校・高等学校 新1号館|納入事例|school, auditrium

2009年に始動した、「山脇ルネサンス」と称される山脇学園中学校・高等学校の教育改革。開校から107年の歴史を遡って、山脇学園の建学の精神を見つめ直し、現代という時代の要請に謙虚に耳を傾けて制定された「山脇ルネサンス」は、建学の精神である「女性の本質を磨き、いつの時代にも適応できる教養高き女性の育成」が基となっています。生徒たちが豊かな感性と高い教養を身につけ、社会で生き生きと活躍する女性のリーダーとして育つために。そして、山脇学園を巣立った女性の活躍が豊かな社会づくりに貢献できることを願って――、そんな思いが込められたこの教育改革の一環として、2013年11月、新1号館が竣工しました。

Yamawaki Gakuen Junior & Senior High School|山脇学園中学校・高等学校 新1号館|納入事例|school, auditrium

2009年に始動した、「山脇ルネサンス」と称される山脇学園中学校・高等学校の教育改革。開校から107年の歴史を遡って、山脇学園の建学の精神を見つめ直し、現代という時代の要請に謙虚に耳を傾けて制定された「山脇ルネサンス」は、建学の精神である「女性の本質を磨き、いつの時代にも適応できる教養高き女性の育成」が基となっています。生徒たちが豊かな感性と高い教養を身につけ、社会で生き生きと活躍する女性のリーダーとして育つために。そして、山脇学園を巣立った女性の活躍が豊かな社会づくりに貢献できることを願って――、そんな思いが込められたこの教育改革の一環として、2013年11月、新1号館が竣工しました。

広島大学 サタケメモリアルホール|納入事例|コトブキシーティング株式会社

ホールの建設計画は、1999年に迎えた広島大学創立50周年を記念行事の一環としてスタートしました。ホール名の「サタケメモリアルホール」は、同窓会を主体とした後援会によってスタートした募金活動が困難を極めた際、多額の寄附を申し出た株式会社サタケに由来します。コトブキシーティングでは、1,000席を納入しました。舞台床には桜、客席壁面にナラ、床はカバと、内装の随所に木材がふんだんに使われており、高い音響効果を誇ります。ホールの外観は、グランドピアノの鍵盤をイメージしてデザインされました。

SUNTORY HALL, Tokyo,Japan|サントリーホール|Theater chair,Theater seats,Auditorium seats

サントリーホールは、2006年に迎えた開館20周年を機に、改修工事が行われました。 「素晴らしい音響とホールの雰囲気はそのままに」をコンセプトに、客席もリニューアルされています。イスには建設時と同じ素材を使用し、張地・クッションの張替え、木部の補修を実施。オープン当時の残響時間と同じレベルを保つため、細心の注意が払われました。リニューアル時求められたもう一つのテーマは、「客席のユニバーサル対応」です。車イスを利用されている方も同じイスに座って音楽を鑑賞したい、という願いを実現するために、イスのデザインは同じまま、車イスからの乗り移りがしやすいイスを検討し製造。肘掛が外側に回転するイスや、段差がある場所でイスが昇降・回転するバリアフリー対応の席を設けました。リニューアル後も、改修前と変わらず世界中のアーティストや音楽愛好家から愛される、サントリーホール。演奏者が使用するオーケストラチェアも好評を得ています。

Image 3 of 10 from gallery of Betty Fairfax High School / DLR Group. Photograph by Mark Boisclair

Gallery of Betty Fairfax High School / DLR Group - 5

Image 3 of 10 from gallery of Betty Fairfax High School / DLR Group. Photograph by Mark Boisclair

Hitotsubashi University, Kanematsu Auditoriuml|一橋大学 兼松講堂

1927年に創建されて以来、学生や国立市民に長く愛されて来た、一橋大学のシンボルである兼松講堂。2000年には、国の登録有形文化財にも選ばれています。兼松講堂の改修工事は、施設内外部の経年劣化による大規模な修繕と補修のためスタートし、2004年3月に竣工。約80年に渡って培われてきた歴史深い雰囲気をそのままに、照明や音響、空調整備などの機能改善が実施されました。1,040席のイスには、座り心地を追求したクッションを装備。また、間口を広く取ることで、ゆったりと体を預けることができる快適なイスに生まれ変わっています。その一方で、脚部には鋳物を利用して1927年の創建当時のデザインを忠実に再現しました。改修を経て、授業や講演会を始め、様々な交流の場としてより積極的に利用される兼松講堂。兼ねてより高い評価を得ていた美しい響きは改修後も変わることなく、ピアノやバイオリンを始めとしたクラシック音楽のコンサート会場としても人気を博しています。やがて迎える創建100年に向けて、兼松講堂はその伝統と歴史を刻み続けます。

Yamawaki Gakuen Junior & Senior High School|山脇学園中学校・高等学校 新1号館|納入事例|school, auditrium

Yamawaki Gakuen Junior & Senior High School|山脇学園中学校・高等学校 新1号館|納入事例|school, auditrium

University of Kyusyu, Japan|九州大学 椎木講堂|納入事例|Auditrium,大学講堂

2014年3月、九州大学 伊都キャンパスに、椎木講堂がオープンしました。福岡県出身である、三洋信販株式会社(SMBC コンシューマーファイナンスに統合)の創業者 椎木正和氏が、世界に冠たる最高水準の教育研究拠点を目指す九州大学の理念に共感し、人類社会の持続的発展に貢献する優れた人材が数多く育っていくことを願い、創立100周年を機に寄贈された講堂です。講堂内には、ホール、講義室、ギャラリー、展示コーナーや、レストランなどを備えており、学内利用だけに留まらず、地域住民にも広く利用される施設を目指しています。

University of Minnesota | HGA

University of Minnesota | HGA

Hitotsubashi University, Kanematsu Auditoriuml|一橋大学 兼松講堂

1927年に創建されて以来、学生や国立市民に長く愛されて来た、一橋大学のシンボルである兼松講堂。2000年には、国の登録有形文化財にも選ばれています。兼松講堂の改修工事は、施設内外部の経年劣化による大規模な修繕と補修のためスタートし、2004年3月に竣工。約80年に渡って培われてきた歴史深い雰囲気をそのままに、照明や音響、空調整備などの機能改善が実施されました。1,040席のイスには、座り心地を追求したクッションを装備。また、間口を広く取ることで、ゆったりと体を預けることができる快適なイスに生まれ変わっています。その一方で、脚部には鋳物を利用して1927年の創建当時のデザインを忠実に再現しました。改修を経て、授業や講演会を始め、様々な交流の場としてより積極的に利用される兼松講堂。兼ねてより高い評価を得ていた美しい響きは改修後も変わることなく、ピアノやバイオリンを始めとしたクラシック音楽のコンサート会場としても人気を博しています。やがて迎える創建100年に向けて、兼松講堂はその伝統と歴史を刻み続けます。

Pinterest
検索