タープの張られたウッドデッキのテラスの屋外ダイニング

【素敵過ぎ】シェードの下の心地良いアウトドアスペース

【バリエーションと空間の広がり】頭上に2枚のタープを組み合わせて張ったテラスの屋外ダイニング | 住宅デザイン

【バリエーションと空間の広がり】頭上に2枚のタープを組み合わせて張ったテラスの屋外ダイニング

【バリエーションと空間の広がり】頭上に2枚のタープを組み合わせて張ったテラスの屋外ダイニング | 住宅デザイン もっと見る

アウトドアリビングがあると、庭に出る時間が増えるでしょう。犬がいるなら、室内飼育・室外飼育問わず、大好きな家族と外での触れ合いの時間が増えることになります。 オーニングや植栽で日陰を作り、快適なアウトドアリビングを演出しましょう。 ガーデンテーブルやチェアがあると、家族が集まるきっかけになります。それらを置く場合は、使い勝手を考えて広めにしておくと何かと便利です。エクステリアデザイン100:笑顔が咲く青空のリビング | 庭を楽しむ家 庭づくり・エクステリア | ミサワホーム

ウッドデッキとつながって、広く見える。

アジサイの季節

シェードガーデン http://be.loving.peewee.jp/?search=%BA%E9%A4%A4

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。                            以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境…

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境…

「憧れる!オシャレなサンルームとテラスでくつろぎのひと時を過ごそう」の記事の17枚目の画像 | MARBLE [マーブル]

【IKEAで夏の準備】庭やテラスにアーム式のハンギングパラソル もっと見る

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。                            以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境…

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境…

Pinterest
検索