居心地の良い家

低くタープの張られたウッドデッキのテラス

【居心地の良い寛ぎ空間】肌触りの良さそうなシンプルな床材のリビング

こちらのリビングの雰囲気、ちょっと良くないですか? 肌触りの良さそうな、最小限の処理だけを施したシンプルなフローリングが良い感じ。 実はこちら、テラスに作り込まれた屋外リビング...

建築家:エムデザインスタジオ「ヒカハウス」

最後の仕上げ!外観になじむカーポート(駐車スペース)の選び方

(写真)FAKE.大野博之<br &#x2F;> 大きな片流れの屋根が特徴のこのお家は、メリハリのある空間に、北欧のアンティーク家具を中心にコーディネートした、カフェのような居心地の良い雰囲気。2階には、屋根裏部屋のようなライブラリースペースがあり、とても楽しい住まいです。 専門家:エムデザインスタジオが手掛けた、大きな片流れの屋根(ヒカハウス)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

Vol.1 居心地の良いLDK - リビングダイニング - を考える(1)|アイレストホーム|暮らすほどに家族が健康になる家づくり

Vol.1 居心地の良いLDK - リビングダイニング - を考える(1)|アイレストホーム|暮らすほどに家族が健康になる家づくり

炊飯器は前にではなく横に出てくるしくみ。 断熱材には力をいれた家の中では、一年中居心地の良い生活ができます。そして、そこには居心地の良い木製のキッチンを作りました。

炊飯器は前にではなく横に出てくるしくみ。 断熱材には力をいれた家の中では、一年中居心地の良い生活ができます。そして、そこには居心地の良い木製のキッチンを作りました。

arbol の モダンな 多目的室 生駒の家 House in Ikoma

家族の一体感を生む土間の活用!

生駒の家 house in ikoma 土間の吹き抜けを起点に部屋が、 家族がつながる。 施主のご要望は土間があること、家族が一体感を得られるよう、家全体がワンルームのような開放感が欲しいということだった。そこで玄関、土間、階段部分を吹き抜け構造とし、天井高さ6700mmを確保。さらに階段上に土間と同じ幅のガラス窓を施工。大開口で光りを取り込むとともに、コンパクトながらこの吹き抜け空間を起点に、風、光、空気が建物全体に巡っていくように配慮した。この吹き抜けの発想から、梁は一部現しとし、木の構造材の力強さを感じ経年変化も楽しめるようにした。生駒山の造成地ということもあり、防寒対策は必須で、土間、階段部分にはポリカーボネイトの建具を施工しリビングルームの温もりを確保している。リビングと土間部分に床暖房を設置した。キッチンは施主のご要望の業務用。外観は整形な四角形で、シンプルな形状で南北に流れる切妻屋根とした。 丘の上に家がちょこんと座り、景色を眺め、内部の家族を柔らかく包み込む家となった。 ▼詳しいご紹介はコチラ▼ Double height ceiling space at…

雑誌「建築知識」に連載中のリフォーム・リノベーション・スーパー講座の打合せで、代々木のリノベーションカフェ「DADACafe」に行って参りました。  駅徒歩3分の古い日本家屋を居心地の良いカフェに上手にリノベーションしていました。外から見ると、昔のおじいちゃんおばあちゃんの家のイメージです。  内部も建具はほぼ全て残し、床をフローリングで仕上げ、アンティーク(ユーズド?)の家具をレイアウトし、照明は入れ替えたシンプルな作りとなっていました。  以前は張られていたであろう天井を剥がし、その上の構造は現しとしてあります。懐かしく、ノスタルジーを感じる空間で、他のお客様たちも随分ゆっくりしていました。  こちらが玄関の様子です。住宅として使うことになると、建具の気密性や部屋の断熱性、さらには細かい仕上の精度などが気になるので、このようなリノベーションは難しいと思いますが、日本家屋のシンボル(?)である屋根瓦と木製建具が上手く残されていることで、古い住宅の雰囲気を残した空間に仕上がっていることに感心しました。…

雑誌「建築知識」に連載中のリフォーム・リノベーション・スーパー講座の打合せで、代々木のリノベーションカフェ「DADACafe」に行って参りました。 駅徒歩3分の古い日本家屋を居心地の良いカフェに上手にリノベーションしていました。外から見ると、昔のおじいちゃんおばあちゃんの家のイメージです。…

リフォーム・リノベーション会社:株式会社アネストワン「リノベーション / olive」

部屋の壁のアクセントカラーがもたらす効果

専門家:アネストワンが手掛けた、LDKを優しく彩るオリーブグリーンの漆喰壁(リノベーション &#x2F; olive)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

建築家:小島建一「逗子の家―気持ちの良い場所」

こんなに使い勝手がいいなんて知らなかった!!今注目のウォールベンチ特集

変形した敷地と、東側に覆いかぶさるような山の緑、これがこの家を作るときのヒントになりました。<br /> 居間の東南の角を吹き抜けにする、そこにゆったりとした階段を作り、広めの踊り場にベンチと本箱を設けて、子供たちが本を読む場所としました。<br /> そのベンチの前には吹き抜けの上まで届く大きなガラス面として、裏山の緑を取り込むようにして、気持ちの良い場所が出来上がりました。<br /> 高い断熱性能と、太陽熱を利用したパッシブソーラーシステムで、快適な環境を作っています。 専門家:小島建一が手掛けた注文住宅事例:逗子の家―気持ちの良い場所のページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

お洒落なワークスペース15選!居心地の良い空間の作り方教えます♪ - Yahoo! BEAUTY

お洒落なワークスペース15選!居心地の良い空間の作り方教えます♪ - Yahoo! BEAUTY

100均アイテムでDIY&リメイク!居心地の良いトイレ作り

100均アイテムでDIY&リメイク!居心地の良いトイレ作り

女性で、4LDKのワトコオイルダークウォルナット/ナチュメン/ナチュラル男前/新タグ/ハンドメイド…などについてのインテリア実例を紹介。「二階のトイレ…息子3人と遊びに来る友達がよく使うので【ナチュラル男前】風にしてみました。。小物はほぼseriaとDAISOです。」(この写真は 2016-05-10 14:12:45 に共有されました)

Vol.1 居心地の良いLDK - リビングダイニング - を考える(1)|アイレストホーム|暮らすほどに家族が健康になる家づくり

Vol.1 居心地の良いLDK - リビングダイニング - を考える(1)|アイレストホーム|暮らすほどに家族が健康になる家づくり

身長160cm以下の女性のためのミニマムコーディネート : 【インテリア】一人暮らしのあなたの部屋が狭い理由 - NAVER まとめ

長さが180cm丈のショートサイズのマットレスに脚が付いたマットレスベッドです。 ボンネルコイルとポケットコイル、国産ポケットコイルの3種類のマットレスをご用意しており、寝心地や予算に合わせてお選びいただけます。 木脚には、脚フロアに近い状態で開放感に優れる15cmと、床下のスペースを活用できる22・30cmの3種類の長さを、しっかりとマットレスを支えるために通常の四隅の4本に加え、中央に2本プラスしております。

お気に入りの場所

お気に入りの場所

MUJI Hut (2015) by Naoto Fukasawa 木の小屋

MUJI HUT - 木の小屋 深澤 直人プロダクトデザイナー 小屋と聞くと魅力がある別荘ほどでもないキャンプほど単純でもない 小さな小屋があればいつでも自然の中に潜り込める感じがする 最小限のもので小さく暮らすMUJIらしい暮らし方の提案です MUJI HUTは11/3までTokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015で展示中です -------- MUJI HUT(WOOD) Naoto Fukasawa | Product Designer You can meet the MUJI HUT at Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015(until Nov. 3rd). #無印良品 #muji #hut #小屋 #tokyomidtown #東京ミッドタウン #exhibition by muji_global

隣の部屋

一人暮らしだと、部屋の広さも限られていますよね。狭い空間をいかに効率的に利用するかが重要です。 そして、自分らしいテイストのインテリアを思う存分に楽しめます。こんな楽しい事はありません。 是非、楽しみながらお好みのインテリアを探して見てみて下さい。 もっと見る

LIXIL | 商品ラインアップ カテゴリーから探す | 窓・シャッター | “日本の窓を、変える。”LIXILの窓 | 施工事例 | 建築会社様の声 CASE #1 東京の「高性能な家」で、居心地の良い暮らしを追求

「伊礼智 読書室」の画像検索結果

Pinterest
検索