つるや | のらもじ発見プロジェクト
ロゴマーク「キラメキ」[ダイヤモンド/美/花](小売、物販、美容、医療、サービス)
2013年度 東京情報大学「歴史の方法」第7回大正~昭和初期にかけての広告 - Teachme 情報大,歴史の方法 | マニュアル作成をもっと簡単に。指先一本でマニュアル運用
ロゴマーク「看板を持つ男」[BAR/飲食/CAFE](飲食、バー、小売、物販、サービス)
福岡市天神から少し南に,渡辺通り四つ角というところがあります。 地下鉄七隈線の天神南駅で乗車すると,次が「渡辺通り」ですので,そこで下車。 地上に出ると,ホテルニューオータニ前にある四つ角が渡辺通り四つ角です。 これを東に3分ほど歩くと,左に展開するのが「柳橋連合市場」。  柳橋連合市場とは 連合と名前がつくとおり,いくつかの市場が一緒になって連合市場となっていると,お店の方々に聞きました。 Wikipediaでは,市場とあるが卸売市場ではなく小売店の集合体であるそうで,小売店を取りまとめて「柳橋連合」と称するようになったとあります。 写真の看板にあるように,たくさんの店が軒を並べています。 那珂川のほとりにたつ,新鮮な魚介類の豊富な市場で,付近の料理人さんたちが買いに見えます。      おいしい穴場でもあります 市場とは言いながら,一般の方の胃袋を満たすお店もたくさん。 まずは,「高松の蒲鉾」 戦後すぐからの営業で,店の奥に蒲鉾工場が見えます。自家製蒲鉾を作って出しのお店。…
「カバ印」の椛島氷菓の小売用店舗も、2月6日の開店に向けて準備がすすむ。 看板は能古支店にて製作中。ちなみにコレ、元は古いお櫃(ひつ)の蓋。 ...
ファッション小物ブランドのポケファス pokefasuとはpoker faceの書き間違い。なので、手にしたらポーカーフェイスでいられないようなバカバカしい商品を作るよう日々努めています。 卸売りのみで通販など小売はしておりません。
Newニンテンドー3DS LL NEW COLOR 2016.6.9[木]発売 希望小売価格:各20,304円(税込)
ファッション小物ブランドのポケファス pokefasuとはpoker faceの書き間違い。なので、手にしたらポーカーフェイスでいられないようなバカバカしい商品を作るよう日々努めています。 卸売りのみで通販など小売はしておりません。
一生懸命頑張りすぎると、どうしても行き詰まってストレスが溜まってしまうのが主婦業です。 そこで少しだけ手は抜いてもしっかりこなせるズボラ主婦業を学びましょう。
小売デザインブログ
「もうあかん」閉店セール20年 大阪の名物靴店、のれん下ろす 「大阪一安いと うわさの靴店」がキャッチフレーズだった「靴のオットー」「もうあかん やめます!」と閉店を予告する垂れ幕を20年以上も掲げ、営業を続けてきた大阪市の名物靴店が2016年2月20日、本当に閉店することになった。店主の竹部浅夫さん(74)が体調を崩し、店頭に立ち続けることが難しくなったためだ。靴小売店から独立した竹部さんが昭和52年に開いた靴底の厚みで身長が高く見えるシークレットシューズを扱って人気になった。しかし、バブルがはじけ客足は激減。平成5年ごろ「もうあかん。どないしようと、不安でいっぱいになった」とき、ふと「ありのままの思いを、垂れ幕にしてみたら」と思いついた。早速、市内の看板業者に「もうあかん やめます!」と大書した垂れ幕を発注し、店先に掲げた。
中医学美と癒しのプロや現在それを学んでいる方たち限定講座  大人のための新性教育  性が輝けば誰もが内側から美しく健康に大人になっても殆どの人が知らない性の真理を学べる講座です中医学による美と癒しには必須である性の知識と新たなイメージを実用的なスキルとして活かしませんか  2016年  第回7月7日木10時12時  美と健康のプロなら絶対押さえておきたい脳のクセと五感覚について  第回月20日水10時12時  気持ちのいい月経の出し方おんなのこスキル  第回月日月10時12時  性的快感の真の役割と感じやすい身体づくり  第回月日火10時12時  性的快感の真の役割と感じやすい身体づくり  第回月日金10時12時  もっと愛し合いたいパートナーシップの秘訣  第回月日土10時12時 ニーズを創りだすクリエイティブ経営と性愛の哲学  全回共通の対象者性別は問いません 中医学を学んでいて仕事にしたい方 ヨガファスティング整体師など美と癒し健康に関連する講師の方 基本的に全回通しで参加できる方  参加者特典 女の子の日用温泉のもとうふふゆプレゼント…
「お椀マーク」の看板は昭和10年頃の最初の軒吊りホーロー看板です。「お椀マーク」は明治42年の商標登録以来、現在でも使われているお馴染みのものです。お椀型のほか短冊型柱掛け、横書き、五色看板、矢入り吊り看板など多種類ありました。中でも好評だったのは短冊型町名番地入りの看板だったということです。味の素は大正11年に、特約店から小売店まで全国すべての取扱店に「味の素」の看板を掲げるとの方針を立て、サイドカーに乗って全国くまなく巡回して看板を設置して回ったということです。この看板は昭和期のものです。
Pinterest
検索