なんとか出来ました。フルカラー漫画を描いてみたんですが、いつもの本の倍以上描くことになって、本当にどうなることかと思いましたが。なんとか密度はキープできたかな…やれやれです。◆大好きな詩のトリビュート

なんとか出来ました。フルカラー漫画を描いてみたんですが、いつもの本の倍以上描くことになって、本当にどうなることかと思いましたが。なんとか密度はキープできたかな…やれやれです。◆大好きな詩のトリビュート

315 Likes, 13 Comments - toru_yoroko (@yoroko1009) on Instagram: “#WIP #gundam #gunpla #ZAKU #サフ萌え 仕事が始まって模型モチベーションがいきなり下がってしまったのでサフだけ吹いて牛歩。 密度上がってて良かった。”

315 Likes, 13 Comments - toru_yoroko (@yoroko1009) on Instagram: “#WIP #gundam #gunpla #ZAKU #サフ萌え 仕事が始まって模型モチベーションがいきなり下がってしまったのでサフだけ吹いて牛歩。 密度上がってて良かった。”

■商品説明 エンジンのパフォーマンスに大きな影響を与える“熱”をいかに遮断するか? 様々な可能性の中から、あらゆるアプローチでトライアルを続け、完全なエアインテークを追求してきたGroppeM社が辿り着いた方法は、エアー導入経路をエンジンルームと完全に遮断する、というコンセプトでした。  ノーマル(純正)がまさしく同じコンセプトですが、ノーマル(純正)は様々な制約の中で設計されているため、「完全」にはなり得ません。その制約に左右されることなく、効率を最優先に考慮し、吸入空気量、整流効果、マテリアル、そしてフィッティングなど、全てにエアインテークスペシャリストの名に恥じない、最高のパフォーマンスとクオリティを与えたエアインテークシステムが、この"RAM AIR SYSTEM"です。   エンジンが「燃焼」を経て動力を得ている以上、エアーとの関わりは避けて通ることはできません。酸素の密度が濃く、温度の低いクリーンなエアーを、如何に早く供給させるかが、燃焼効率の向上=パフォーマンスアップの重要な要素となりますが、空気中にはゴミや塵が多く、エアフィルターを介さないまま...

■商品説明 エンジンのパフォーマンスに大きな影響を与える“熱”をいかに遮断するか? 様々な可能性の中から、あらゆるアプローチでトライアルを続け、完全なエアインテークを追求してきたGroppeM社が辿り着いた方法は、エアー導入経路をエンジンルームと完全に遮断する、というコンセプトでした。 ノーマル(純正)がまさしく同じコンセプトですが、ノーマル(純正)は様々な制約の中で設計されているため、「完全」にはなり得ません。その制約に左右されることなく、効率を最優先に考慮し、吸入空気量、整流効果、マテリアル、そしてフィッティングなど、全てにエアインテークスペシャリストの名に恥じない、最高のパフォーマンスとクオリティを与えたエアインテークシステムが、この"RAM AIR SYSTEM"です。 エンジンが「燃焼」を経て動力を得ている以上、エアーとの関わりは避けて通ることはできません。酸素の密度が濃く、温度の低いクリーンなエアーを、如何に早く供給させるかが、燃焼効率の向上=パフォーマンスアップの重要な要素となりますが、空気中にはゴミや塵が多く、エアフィルターを介さないまま...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと...

kazuhiroterada: “密度 ”

kazuhiroterada: “密度 ”

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

文房具×刺し子のブックカバー☆ 本とお気に入りのノートとペンとペンケース😆  白の麻布に、緑色の糸と茶色の糸で、木の模様のブックカバーを作りました。前に作った木の模様より、木の密度を高くしてみました。  #刺し子 #ブックカバー #文房具 #ノート #ボールペン #文庫サイズ #本 #木の模様 #日常 #好きなもの #ハンドメイド

文房具×刺し子のブックカバー☆ 本とお気に入りのノートとペンとペンケース😆 白の麻布に、緑色の糸と茶色の糸で、木の模様のブックカバーを作りました。前に作った木の模様より、木の密度を高くしてみました。 #刺し子 #ブックカバー #文房具 #ノート #ボールペン #文庫サイズ #本 #木の模様 #日常 #好きなもの #ハンドメイド

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

photo(C)Ookura Hideki / Kurome Photo Studio Eureka/稲垣淳哉+佐野哲史+永井拓生+堀英祐が設計した愛知県岡崎市の集合住宅「Dragon Court Village」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地域・環境へと開かれた低密度な住宅群 9戸の賃貸長屋の計画。敷地はひとりが一台の車を所有する車社会の郊外住宅地である。各世帯が2台の駐車スペースをもち、敷地半分を車路と駐車場が占める。そして自然と導かれる法定容積を下回る低密度な計画条件のもとに、隣家と余白を共有し、地域・環境へと開かれた住宅群を目指した。 路地状空地が取り巻くポーラスな環境 風が通り抜け日陰を生み、室単位では無く群として快適な空間の秩序へと至るポーラスな建築である。サーキット状の路地と駐車スペースによって建築は周囲に余白をもち、風環境のシミュレーションによってボリュームが調整されることで半屋外空間が建築内を貫通する。この半屋外空間と来客を招き入れるアネックスを介して、生活が屋外・他者へと開かれ、さらには路地、地域にまで展開されるこ...

#Polygones #Design

Textile en bois par Elisa Strozyk

Wooden-Textiles, Elisa Strozyk, 120 cm x 180 cm, textile à base de plaques de…

Pinterest
Search