大槌刺し子の商品は、刺し子さんがひと針ひと針、心を込めて刺し子をしています。 ・ ▶︎お買いものはプロフィールのリンクからどうぞ→ @ootsuchisashikoproject ・ #大槌刺し子 #手しごと #刺し子 #大槌町 #復興

大槌刺し子の商品は、刺し子さんがひと針ひと針、心を込めて刺し子をしています。 ・ ▶︎お買いものはプロフィールのリンクからどうぞ→ @ootsuchisashikoproject ・ #大槌刺し子 #手しごと #刺し子 #大槌町 #復興

台風号の豪雨災害で女性人が行方不明となっている岩泉町で大槌町の災害救助犬ゆきが活躍したんですって ゆきはゴールデンレトリバーの雌歳で県沿岸にいる唯一の災害救助犬だそうですよ お利口さんなんですね( ) tags[岩手県]

台風号の豪雨災害で女性人が行方不明となっている岩泉町で大槌町の災害救助犬ゆきが活躍したんですって ゆきはゴールデンレトリバーの雌歳で県沿岸にいる唯一の災害救助犬だそうですよ お利口さんなんですね( ) tags[岩手県]

大槌町社協 復興支援ボランティアセンター ~Jump It Up! それぞれの未来へ向かって~

大槌町社協 復興支援ボランティアセンター ~Jump It Up! それぞれの未来へ向かって~

旧・大槌町役場

旧・大槌町役場

大槌町よっぱらいチーズケーキ

大槌町よっぱらいチーズケーキ

「1sin×大槌町×南三陸町コラボ!」刺し子や刺繍による復興応援プロジェクト - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

「1sin×大槌町×南三陸町コラボ!」刺し子や刺繍による復興応援プロジェクト - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

大槌湾に浮かぶ蓬莱島。2つの丘からなる姿は“ひょうたん島”そっくりだ。再建された灯台は町民がデザイン。復興を目指す町の明るい未来を太陽と砂時計で表現した =岩手県大槌町(古厩正樹撮影)

大槌湾に浮かぶ蓬莱島。2つの丘からなる姿は“ひょうたん島”そっくりだ。再建された灯台は町民がデザイン。復興を目指す町の明るい未来を太陽と砂時計で表現した =岩手県大槌町(古厩正樹撮影)

津波と火災で壊滅状態の岩手県大槌町:東日本大震災 100枚の記録 写真特集:時事ドットコム

東日本大震災 100枚の記録 写真特集

津波と火災で壊滅状態の岩手県大槌町:東日本大震災 100枚の記録 写真特集:時事ドットコム

復興の象徴“ひょうたん島” 岩手県大槌町「蓬莱島」 - フォトジャーナル - 産経フォト

復興の象徴“ひょうたん島” 岩手県大槌町「蓬莱島」 - フォトジャーナル - 産経フォト

山部善次郎 「 青い影 」 岩手県大槌町

山部善次郎 「 青い影 」 岩手県大槌町

蓬莱島より大槌町を望む

蓬莱島より大槌町を望む

【絵本「かぜのでんわ」原画展】 開催期間 2014年4月20日(日)~5月18日(日):月曜休館 開館時間 10時~16時 入場無料   《アイリッシュハープコンサート》2014年5月3日(土)13時~14時30分 場所:ベルガーディア鯨山 〒028-1101 岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里9-36-9 *Bell Gadir 鯨山 ベル ガーディア便り ◼︎絵本かぜのでんわ原画展開催中/4月25日 http://bellgardia.jimdo.com/2014/04/25/絵本かぜのでんわ原画展開催中/

【絵本「かぜのでんわ」原画展】 開催期間 2014年4月20日(日)~5月18日(日):月曜休館 開館時間 10時~16時 入場無料 《アイリッシュハープコンサート》2014年5月3日(土)13時~14時30分 場所:ベルガーディア鯨山 〒028-1101 岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里9-36-9 *Bell Gadir 鯨山 ベル ガーディア便り ◼︎絵本かぜのでんわ原画展開催中/4月25日 http://bellgardia.jimdo.com/2014/04/25/絵本かぜのでんわ原画展開催中/

2002 11 大槌町1

2002 11 大槌町1

岩手県・大槌町の町立安渡(あんど)小学校からは、写真はがきが届きました=写真上。「136年の歴史にピリオドを打つことになりました。数々の支援をいただき、本当に助けられました」と記されています。いま仮設校舎暮らしですが、1月に全校児童34人と教職員が旧校舎に行って「校舎お別れ会」を開きました。写真はその時のものです。  旧校舎は、津波被害はなんとか免れたものの、天井が崩れたり水漏れしたりします。お別れ会では、感謝を込めて校舎のそうじもしたそうです。「閉校はもちろん淋しいけれど、希望を大きく持って前へ進んでほしい」と菊池和子校長は話しています。  安渡小の入る仮設校舎には、小学4校と中学1校の計5校が集まっています。震災の影響で統廃合の規模が大きくなり、この4小学校は新年度から新生「大槌小学校」として一つになります。3年後にはさらに高台に移転し、大槌中も加えた小中併設の学校として再出発します。岩手県大槌町立安渡小学校

岩手県・大槌町の町立安渡(あんど)小学校からは、写真はがきが届きました=写真上。「136年の歴史にピリオドを打つことになりました。数々の支援をいただき、本当に助けられました」と記されています。いま仮設校舎暮らしですが、1月に全校児童34人と教職員が旧校舎に行って「校舎お別れ会」を開きました。写真はその時のものです。 旧校舎は、津波被害はなんとか免れたものの、天井が崩れたり水漏れしたりします。お別れ会では、感謝を込めて校舎のそうじもしたそうです。「閉校はもちろん淋しいけれど、希望を大きく持って前へ進んでほしい」と菊池和子校長は話しています。 安渡小の入る仮設校舎には、小学4校と中学1校の計5校が集まっています。震災の影響で統廃合の規模が大きくなり、この4小学校は新年度から新生「大槌小学校」として一つになります。3年後にはさらに高台に移転し、大槌中も加えた小中併設の学校として再出発します。岩手県大槌町立安渡小学校

避難先のホテルから傘を借り、全壊した岩手県釜石市の実家を訪れた(右から)井上千佳子さんと息子の洋介さん、父親の前川義博さん。井上さん親子は大槌町に住んでいたが、夫は行方不明のままだ。後方は崩れたJR山田線=9日午後

避難先のホテルから傘を借り、全壊した岩手県釜石市の実家を訪れた(右から)井上千佳子さんと息子の洋介さん、父親の前川義博さん。井上さん親子は大槌町に住んでいたが、夫は行方不明のままだ。後方は崩れたJR山田線=9日午後

第106飛行隊 x 大槌町消防団パートナーシップパッチ(ベルクロ黒両面付き)

第106飛行隊 x 大槌町消防団パートナーシップパッチ(ベルクロ黒両面付き)

Pinterest
Search