大学卒業発表

カミュ Camus,Albert  (1913-1960)アルジェリア生れ。フランス人入植者の父が幼時に戦死、不自由な子供時代を送る。高等中学(リセ)の師の影響で文学に目覚める。アルジェ大学卒業後、新聞記者となり、第2次大戦時は反戦記事を書き活躍。またアマチュア劇団の活動に情熱を注ぐ。1942年『異邦人』が絶賛され、『ペスト』『カリギュラ』等で地位を固めるが、1951年『反抗的人間』を巡りサルトルと論争し、次第に孤立。以後、持病の肺病と闘いつつ、『転落』等を発表。1957年ノーベル文学賞受賞。1960年1月パリ近郊において交通事故で死亡。 ペスト=アルジェリアのオラン市で、ある朝、医師のリウーは鼠の死体をいくつか発見する。ついで原因不明の熱病者が続出、ペストの発生である。外部と遮断された孤立状態のなかで、必死に「悪」と闘う市民たちの姿を年代記風に淡々と描くことで、

カミュ Camus,Albert (1913-1960)アルジェリア生れ。フランス人入植者の父が幼時に戦死、不自由な子供時代を送る。高等中学(リセ)の師の影響で文学に目覚める。アルジェ大学卒業後、新聞記者となり、第2次大戦時は反戦記事を書き活躍。またアマチュア劇団の活動に情熱を注ぐ。1942年『異邦人』が絶賛され、『ペスト』『カリギュラ』等で地位を固めるが、1951年『反抗的人間』を巡りサルトルと論争し、次第に孤立。以後、持病の肺病と闘いつつ、『転落』等を発表。1957年ノーベル文学賞受賞。1960年1月パリ近郊において交通事故で死亡。 ペスト=アルジェリアのオラン市で、ある朝、医師のリウーは鼠の死体をいくつか発見する。ついで原因不明の熱病者が続出、ペストの発生である。外部と遮断された孤立状態のなかで、必死に「悪」と闘う市民たちの姿を年代記風に淡々と描くことで、

No.653 村田裕介(京都大学大学院) 杉森大起(立命館大学大学院) 渡邉匠(大阪市立大学大学院)

1次審査結果発表 :: 第5回大東建託賃貸住宅コンペ

Ryoyu Fukui  福井良佑            福井良佑    (ふくい りょうゆう)     洋画家・水彩画家・  イラストレーター  1955年9月11日生まれ   洋画家である父の影響を受け、  幼い頃から絵を描く。  大学卒業後は油彩画や水彩画  の個展発表...

Ryoyu Fukui 福井良佑 福井良佑 (ふくい りょうゆう) 洋画家・水彩画家・ イラストレーター 1955年9月11日生まれ 洋画家である父の影響を受け、 幼い頃から絵を描く。 大学卒業後は油彩画や水彩画 の個展発表...

❸(2016.03)蒼盃 松谷 文生 1975 愛媛県伊予郡砥部町に生まれる 1996 嵯峨美術短期大学陶芸科卒業(現京都嵯峨美術大学) 1996 日本芸術院会員 今井政之先生、長男 眞正先生に師事 2007 独立、砥部にて作陶を始める 砥部で砥部らしくないマット調の黒から始まり今回初の蒼の発表だそうです 見込みの中央には砥部の土が吹き付けてあります (11.8×H4.1)

❸(2016.03)蒼盃 松谷 文生 1975 愛媛県伊予郡砥部町に生まれる 1996 嵯峨美術短期大学陶芸科卒業(現京都嵯峨美術大学) 1996 日本芸術院会員 今井政之先生、長男 眞正先生に師事 2007 独立、砥部にて作陶を始める 砥部で砥部らしくないマット調の黒から始まり今回初の蒼の発表だそうです 見込みの中央には砥部の土が吹き付けてあります (11.8×H4.1)

九谷焼/kutani  ■上出惠悟(かみで けいご)1981年九谷焼窯元上出長右衛門窯・上出雅彦の長男として生まれる。2006年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。仝年九谷焼での初作品「甘蕉」を発表。大学卒業後石川へ戻り、デザイナーとして家業である上出長右衛門窯に従事。2007年スポーツブランドPUMAの企画で九谷焼の自転車をアーティストMARUWAKAと共に制作。水戸芸術館で開催されたロボットデザイナー・松井龍哉の個展において食器「花角」を制作する。また窯としての活動とは別に自身も九谷焼を素材とした作品制作を継続し、文房具メーカー「MONTBLANC」が企画した「Montblanc Yong Artist Patronage in Japan」や、金沢で開催された「アナザームーブメント2007」などに参加する。これらの活動を通して、九谷焼を新たな視点で提案し、自ら模索を続けている。  via Equal

九谷焼/kutani ■上出惠悟(かみで けいご)1981年九谷焼窯元上出長右衛門窯・上出雅彦の長男として生まれる。2006年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。仝年九谷焼での初作品「甘蕉」を発表。大学卒業後石川へ戻り、デザイナーとして家業である上出長右衛門窯に従事。2007年スポーツブランドPUMAの企画で九谷焼の自転車をアーティストMARUWAKAと共に制作。水戸芸術館で開催されたロボットデザイナー・松井龍哉の個展において食器「花角」を制作する。また窯としての活動とは別に自身も九谷焼を素材とした作品制作を継続し、文房具メーカー「MONTBLANC」が企画した「Montblanc Yong Artist Patronage in Japan」や、金沢で開催された「アナザームーブメント2007」などに参加する。これらの活動を通して、九谷焼を新たな視点で提案し、自ら模索を続けている。 via Equal

ゲスト◇細野辰興(tatsuoki Hosono)1952年生まれ。獨協大学外国語学 部卒業後、横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)に学ぶ。今村プロダクションを振りだしにディレクターズ・カンパニーで助監督時代を過ごし、今村昌 平、長谷川和彦、 相米慎二、根岸吉太郎の4監督に師事する。1991年『激走トラッカー伝説』で監督デビュー。1996年の『シャブ極道』は、90年代日本映画ベストワン と絶賛され未だに話題を提供し続ける傑作。 以降、ジャンルに捉われず社会性のある骨太なエンターテイメント作品を発表し続ける。2011年より創作ユニット[スタニスラフスキー探偵団]も手がける。2016年は、メディアを越境するドラマ『怪盗アトム小僧』も発表。2011年より創作ユニット[スタニスラフスキー探偵団]も手がける。

星のない街の住人から、あなたへ・・・。毎週 月~金曜日更新のネットラジオ。番組ゲストに映画界、クラシック界の大物も続々出演!

ゲスト◇ともちかごう(Go Tomochika)トイスパイス代表、工作おもちゃ作家、おもちゃコンサルタント。広島県広島市生まれ。九州芸術工科大学(現:九州大学芸術工学部)卒。 大学卒業後、子どもをターゲットとしたデジタルコンテンツ(CD-ROM・ WEB サイト・携帯サイト)のデザイン・企画を手がけ、幼児向けTV 番組の 携帯サイトの運営をするうちにアナログな「おもちゃ」の世界に魅了され、 独自の道を進むべく独立。作家活動を開始。独立後、子ども向け番組のポータルサイトの演出や東京おもちゃ美術館の 一部展示企画を手がけるなど、デジタル・アナログを問わず、子ども・親子をターゲットとしたモノ作りをする中、2008 年、簡単でシンプルな工作 おもちゃ「POSTCARD TOY series(ポストカードトイシリーズ)」を発表。 toy-spice! 公式サイト http://www.toy-spice.jp/

ゲスト◇ともちかごう(Go Tomochika)トイスパイス代表、工作おもちゃ作家、おもちゃコンサルタント。広島県広島市生まれ。九州芸術工科大学(現:九州大学芸術工学部)卒。 大学卒業後、子どもをターゲットとしたデジタルコンテンツ(CD-ROM・ WEB サイト・携帯サイト)のデザイン・企画を手がけ、幼児向けTV 番組の 携帯サイトの運営をするうちにアナログな「おもちゃ」の世界に魅了され、 独自の道を進むべく独立。作家活動を開始。独立後、子ども向け番組のポータルサイトの演出や東京おもちゃ美術館の 一部展示企画を手がけるなど、デジタル・アナログを問わず、子ども・親子をターゲットとしたモノ作りをする中、2008 年、簡単でシンプルな工作 おもちゃ「POSTCARD TOY series(ポストカードトイシリーズ)」を発表。 toy-spice! 公式サイト http://www.toy-spice.jp/

PROFILE:イタリア・タラント生まれ。17歳の時にセント・マーチン美術大学でデザインを学ぶために渡英。卒業後、約5年間「アントニオ・ベラルディ(ANTONIO BERARDI)」「コカパーニ」「プーマ(PUMA)」などで勤務。2004年9月に自身の名を冠したコレクションを発表。05年3月に「ジバンシィ」ウィメンズ オートクチュール及びプレタポルテ・コレクションのアーティスティック・ディレクターに就任。08年3月から「ジバンシィ」メンズ・アーティスティック・ディレクターも兼務し、現在に至る

リカルド・ティッシがファッションの道に進んだきっかけとは?彼に多大な影響を受けたイタリアとの話を中心にインタビュー。

日本の海洋発電・エネファーム誕生 – ライトワーカー・ジャパン

日本の海洋発電・エネファーム誕生 – ライトワーカー・ジャパン

東京藝大卒業・修了作品展にて、学部の卒業制作として漫画の作品を出展します。 タイトルは「メトロポリス」です。 手塚治虫の1949年発表の同名の漫画と、黒田硫黄の1999年発表のリメイク作品を部分的に参考にしながら制作しました。 今年度は喜ばしいことに夏以降、色々なお仕事で大学内外の方にお声掛けを頂き忙しくしておりましたが、個人的には、自分の性質や育ちや、今までいいと思っていたことが疑わしく思えるようなことが沢山あった年でした。そういう時期に描いたものなので、そういう話です。実際は話というほどのもの...

東京藝大卒業・修了作品展にて、学部の卒業制作として漫画の作品を出展します。 タイトルは「メトロポリス」です。 手塚治虫の1949年発表の同名の漫画と、黒田硫黄の1999年発表のリメイク作品を部分的に参考にしながら制作しました。 今年度は喜ばしいことに夏以降、色々なお仕事で大学内外の方にお声掛けを頂き忙しくしておりましたが、個人的には、自分の性質や育ちや、今までいいと思っていたことが疑わしく思えるようなことが沢山あった年でした。そういう時期に描いたものなので、そういう話です。実際は話というほどのもの...

Pinterest
検索