今日の手帳ミーティング の画像|ナチュラルとまと の【あな吉手帳術】でキラキラ☆ライフ

今日の手帳ミーティング の画像|ナチュラルとまと の【あな吉手帳術】でキラキラ☆ライフ

ランディングページ LP チャペル&レストランウェディング「バウム」|食品|自社サイト

ランディングページ LP チャペル&レストランウェディング「バウム」|食品|自社サイト

20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわ」の法則

20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわ」の法則

イラストレーター oookickooo(キック)こと きくちあつこが今、気になるファッションアイテムを切り取る連載コーナーです。今週のテーマは「high-tech sneakers」。

【連載】今、コレ、欲しい! vol.55《ハイテクスニーカー》-STYLE HAUS(スタイルハウス)

イラストレーター oookickooo(キック)こと きくちあつこが今、気になるファッションアイテムを切り取る連載コーナーです。今週のテーマは「high-tech sneakers」。

@yumekanau2のInstagram写真をチェック • いいね!95件

@yumekanau2のInstagram写真をチェック • いいね!95件

大学ノートの基本仕様はそのままにPENCO流にアレンジをしたノートです。デザインや品質はもちろん、使い勝手から価格に至るまで全てにおいて納得のいくものこそ、愛すべき定番として相応しい品格を備えています。こちらはA5サイズです。 サイズ:本体 / 幅13.8 × 高さ21.0 × 奥行1.1 (cm) 素材:紙 生産:日本 備考:200ページ、7mm罫線、インデックスページ付き

大学ノートの基本仕様はそのままにPENCO流にアレンジをしたノートです。デザインや品質はもちろん、使い勝手から価格に至るまで全てにおいて納得のいくものこそ、愛すべき定番として相応しい品格を備えています。こちらはA5サイズです。 サイズ:本体 / 幅13.8 × 高さ21.0 × 奥行1.1 (cm) 素材:紙 生産:日本 備考:200ページ、7mm罫線、インデックスページ付き

0727 ・ Kindleで読んだ本のメモをどこに貼ろうか迷ってとりあえず能率手帳へ。 ・ 文章を読んで頭の整理をするときは付箋が良い。大学で論文書いてた頃から体に馴染んでいる。動かせるのが一番の利点。 ・ 研究などとは関係ない、思考の整理の場合はノートにズラズラ書くほうが良い。 ・ ところで泉谷閑示氏の本はそこらの自己啓発本の内容とは一線を画しているのに明らかにタイトルで損をしている。 ・ #能率手帳 #Kindle #泉谷閑示

0727 ・ Kindleで読んだ本のメモをどこに貼ろうか迷ってとりあえず能率手帳へ。 ・ 文章を読んで頭の整理をするときは付箋が良い。大学で論文書いてた頃から体に馴染んでいる。動かせるのが一番の利点。 ・ 研究などとは関係ない、思考の整理の場合はノートにズラズラ書くほうが良い。 ・ ところで泉谷閑示氏の本はそこらの自己啓発本の内容とは一線を画しているのに明らかにタイトルで損をしている。 ・ #能率手帳 #Kindle #泉谷閑示

菊地敦己展  青森県立美術館のVI計画や、「サリー・スコット」「ミナ ペルホネン」のブランド計画、雑誌『「旬」がまるごと』や『装苑』のエディトリアルデザインなどを手がける、アートディレクター/デザイナーの菊地敦己。美術大学の彫刻科在学中から、コンテンポラリーアートのプロデュースやグラフィックデザインの仕事を始め、早くからアートとデザインの世界に関わり、「芸術と社会」を見つめた独自の活動を続けている。 本展は、“Creation Is Free. Production Needs Fee.”と題し、特設ウェブサイトとギャラリーの二会場構成で開催する。ウェブサイトでは、色やサイズなどをカスタマイズできるデザインオブジェクトのデータが、ダウンロード可能な状態で公開される。一方、ギャラリーでは、実際にそれらのデータを使用したポスター(作品)とTシャツ、ノート、マグカップ、トートバッグ、マッチなどのグッズ(商品)が展示される。また、会場内の展示物はすべて購入が可能である。

菊地敦己展 青森県立美術館のVI計画や、「サリー・スコット」「ミナ ペルホネン」のブランド計画、雑誌『「旬」がまるごと』や『装苑』のエディトリアルデザインなどを手がける、アートディレクター/デザイナーの菊地敦己。美術大学の彫刻科在学中から、コンテンポラリーアートのプロデュースやグラフィックデザインの仕事を始め、早くからアートとデザインの世界に関わり、「芸術と社会」を見つめた独自の活動を続けている。 本展は、“Creation Is Free. Production Needs Fee.”と題し、特設ウェブサイトとギャラリーの二会場構成で開催する。ウェブサイトでは、色やサイズなどをカスタマイズできるデザインオブジェクトのデータが、ダウンロード可能な状態で公開される。一方、ギャラリーでは、実際にそれらのデータを使用したポスター(作品)とTシャツ、ノート、マグカップ、トートバッグ、マッチなどのグッズ(商品)が展示される。また、会場内の展示物はすべて購入が可能である。

Pinterest
検索