クロード・モネ「散歩、日傘をさす女性」

 「総目次」へはここをクリック!   「10分でわかる近代絵画史」はここをクリック!  印象派 ー負け組が世界を変えるー 今回はいよいよクロード・モネ(1840ー1926)の第1回目、モネの前半生です。貧乏画家のモネはカミーユと恋に落ち、子供ができてしま

フィンセント・ファン・ゴッホ : 夜のカフェテラス | Sumally

フィンセント・ファン・ゴッホ 夜のカフェテラス | Sumally

a. mucha | 連作 四つの時の流れ

themotivatedblogger: pinto: fukumatsu: jacony: yuco: ミュシャ(Mucha)から学ぶ優美なデザイン | Webクリエイターボックス

マグリット『ピレネーの城』シュルレアリスム(超現実主義)

マグリット - Google 検索

フェルメール全作品

「光の魔術師」と呼ばれるヨハネス・フェルメール。17世紀のオランダ人画家は、その巧みな光線と質感の描き方で、今も世界の人々を魅了し続けている。

クロード・モネ monet (印象派) 作品紹介、美術館リンク

クロード・モネ「ヴェトゥイユのモネ家の庭, 1881」高品質プリントは世界最大級の品揃えのオールポスターズで。ポスター、絵画、写真、ウォールステッカー、タペストリー、キャンバスプリント、Tシャツ、ビンテージアート、額入りアートなど100万点以上販売しております。

kirifuki-01.jpg

名画のボディ・ペインティングをしたカエルが斬新

ddnjapan: “名画のボディ・ペインティングをしたカエルが斬新 http://bit.ly/12f34wc ”

(名画の土壌 十選)(5)ルノワール「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像」 洋画家 奥西賀男 :日本経済新聞

 実にかわいらしく初々しい少女像である。全体的にソフトな筆遣いで優しい雰囲気が漂っている。鮮やかにやわらかく少女を包む赤茶色の髪の毛が特にすばらしい。静止した画面に動きを与え、また明暗に変化を持たせ、

クロード・モネ「「ラ・ジャポネーズ」

巨匠クロード・モネの日本趣味(ジャポネズリー)的要素や日本主義(ジャポニスム)的要素が最も顕著に示された代表的作例『ラ・ジャポネーズ』。当時の欧州を始めとした先進国ではジャポニズムが席巻しており、印象派の画家たちの中でも特にモネは一際ジャポニズムに魅了・影響された画家のひとりで、本作は(モネ自身や日本趣味愛好者の最も好む)ジャポニズム的要素をふんだんに取り入れることを画家が意識し、作為的に制作したものだとも考えられる(この頃のモネはあくまで戸外制作による光の効果を探求した風景画が主体であり、本作は例外的な作品でもある)。しかし、本作の明瞭で鮮明な色彩の美しさや、平面的に構成された画面、魅惑的なカミーユ・ドンシューの表情、筆跡を感じさせる独特のタッチなど画家の優れた代表作として、現在も人々を魅了し続けているのである。(ボストン美術館蔵)

葛飾北斎の幻の名画「登り龍図」ボストン美術館ウィリアム・ビゲローコレクション。北斎の龍図の中では、最高傑作とも言われている

葛飾北斎 登り龍 もっと見る

Pinterest
検索