夜更かし中/カメラマンさんが撮影したやつ/シェルシェア/イームズ/無垢床…などのインテリア実例 - 2015-03-28 19:03:20 | RoomClip(ルームクリップ)キッチンは雑誌で見かけたお宅に一目ぼれして、 同じ感じに造作で作ってもらいました。 造作だとお高いのかと思いきや、 コの字の内側はほぼオープンで収納がないので、 大工工事で済んでそんなにかかってない(はず・・)です。

夜更かし中/カメラマンさんが撮影したやつ/イームズ/無垢床/コの字型キッチン/凸ランプ…などのインテリア実例 -2015-03-29 04:03:20

夜更かし中/カメラマンさんが撮影したやつ/シェルシェア/イームズ/無垢床…などのインテリア実例 - 2015-03-28 19:03:20 | RoomClip(ルームクリップ)キッチンは雑誌で見かけたお宅に一目ぼれして、 同じ感じに造作で作ってもらいました。 造作だとお高いのかと思いきや、 コの字の内側はほぼオープンで収納がないので、 大工工事で済んでそんなにかかってない(はず・・)です。

黒川の家|HouseNote(ハウスノート)

黒川の家|HouseNote(ハウスノート)

居間の天井は練り付け合板とすることで温かくてシャープな空間を創り出しています

居間の天井は練り付け合板とすることで温かくてシャープな空間を創り出しています

都内から葉山への引っ越しを決意したのは、毎日愛犬とビーチを散歩したい、庭を走り回らせたい……、そして長谷川剛己さん自身が存分にサーフィンを楽しみたいという願いから。たまたま湘南の不動産に強い知人がいたこともあって、海まで歩いて10分というこの土地を見つける。 実は葉山暮らしの懸案事項は、奥さんの通勤だったそう。ご自分はペット用品のネット通販を運営しているので仕事場は問わないものの、奥さんは毎日都内まで出勤しなければならない。けれど実際に住んでみれば、行きは始発の電車に座れるし、帰りもさほど電車が込まないのでほとんど負担は感じなかったそうだ。 家づくりのテーマは“リラックス” 葉山という土地に似合う平屋造りの家。犬たちは手入れの行き届いた芝生の上を自由自在に走り回り、手作りの広いデッキの上を我が物顔で占領している。 壁と天井は本来下地材として使われる構造用合板の木目をそのまま生かし、床も温かみのあるパイン材。外壁も杉板の鎧張りと、木の温かみを存分に感じられる家が完成した。室内ではローテーブルを中心に低く暮らすスタイル。ナゴみの空間ができあがった。 自分で造れるところは自分の手で…

家造りは自分の手で葉山への移住を決意したのは波乗りと愛犬のため

都内から葉山への引っ越しを決意したのは、毎日愛犬とビーチを散歩したい、庭を走り回らせたい……、そして長谷川剛己さん自身が存分にサーフィンを楽しみたいという願いから。たまたま湘南の不動産に強い知人がいたこともあって、海まで歩いて10分というこの土地を見つける。 実は葉山暮らしの懸案事項は、奥さんの通勤だったそう。ご自分はペット用品のネット通販を運営しているので仕事場は問わないものの、奥さんは毎日都内まで出勤しなければならない。けれど実際に住んでみれば、行きは始発の電車に座れるし、帰りもさほど電車が込まないのでほとんど負担は感じなかったそうだ。 家づくりのテーマは“リラックス” 葉山という土地に似合う平屋造りの家。犬たちは手入れの行き届いた芝生の上を自由自在に走り回り、手作りの広いデッキの上を我が物顔で占領している。 壁と天井は本来下地材として使われる構造用合板の木目をそのまま生かし、床も温かみのあるパイン材。外壁も杉板の鎧張りと、木の温かみを存分に感じられる家が完成した。室内ではローテーブルを中心に低く暮らすスタイル。ナゴみの空間ができあがった。 自分で造れるところは自分の手で…

健康住宅とリフォーム みのや白木です。    合板フローリングが人気?   最近は 床の仕上げにフローリングの人気が高い。 高気密の住宅では、密閉度が高く 絨毯や畳では チリやホコリがたまりやすく ダニの巣になりやすい。  フローリングは清潔感を保ちやすいというのが人気の秘密です。   フローリングでは、合板のフローリングが良く使われます。   合板とは、文字どうり、木を薄くスライスして接着剤を塗り、 何枚も重ね合わせたものである。 断面を見ればそのことはよくわかります。  最近の建てられている家の床は、ほとんどが合板の床材です。  合板の床材は、伸び縮みが大変少なく、反りが来ない。 しかしこの床材にも問題がないわけではない。  合板には石油化学製品の接着剤が大量に使われています。 ホルムアルデヒドの揮発性量が 基準津内に収まったとしても 代替えの薬品がどれだけ人体に安全かは  明らかになっていない。  その他の塗料や接着剤の中に含まれる、 トルエン、 キシレン、 トリメチルベンゼン、 ジエチルベンゼン、 酢酸プチル、などは…

健康住宅とリフォーム みのや白木です。 合板フローリングが人気? 最近は 床の仕上げにフローリングの人気が高い。 高気密の住宅では、密閉度が高く 絨毯や畳では チリやホコリがたまりやすく ダニの巣になりやすい。 フローリングは清潔感を保ちやすいというのが人気の秘密です。 フローリングでは、合板のフローリングが良く使われます。 合板とは、文字どうり、木を薄くスライスして接着剤を塗り、 何枚も重ね合わせたものである。 断面を見ればそのことはよくわかります。 最近の建てられている家の床は、ほとんどが合板の床材です。 合板の床材は、伸び縮みが大変少なく、反りが来ない。 しかしこの床材にも問題がないわけではない。 合板には石油化学製品の接着剤が大量に使われています。 ホルムアルデヒドの揮発性量が 基準津内に収まったとしても 代替えの薬品がどれだけ人体に安全かは 明らかになっていない。 その他の塗料や接着剤の中に含まれる、 トルエン、 キシレン、 トリメチルベンゼン、 ジエチルベンゼン、 酢酸プチル、などは…

【当社施工例】床や壁に無垢材を使って温かみのある雰囲気に。テレビボードの壁面は、複数の木材を組み合わせて手作りの合板に。

【当社施工例】床や壁に無垢材を使って温かみのある雰囲気に。テレビボードの壁面は、複数の木材を組み合わせて手作りの合板に。

長く延びる玄関土間。床材は大谷石を敷き詰めている。壁面は間接照明のギャラリースペースとシナ合板の扉が連続する大容量の収納。 専門家:青木律典|株式会社デザインライフ設計室が手掛けた、玄関(「ウチソトの間合」-大阪のリノベーション-)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

長く延びる玄関土間。床材は大谷石を敷き詰めている。壁面は間接照明のギャラリースペースとシナ合板の扉が連続する大容量の収納。 専門家:青木律典|株式会社デザインライフ設計室が手掛けた、玄関(「ウチソトの間合」-大阪のリノベーション-)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

<p>荒々しい床にトタンの壁、単管パイプと合板で作ったロフト。秘密基地のような無骨空間。</p>

<p>荒々しい床にトタンの壁、単管パイプと合板で作ったロフト。秘密基地のような無骨空間。</p>

築30年の中古住宅のリノベーション。 古き良き時代の昭和の雰囲気で仕上げました。 細長い廊下の壁を撤去し、DKと一体化させることで、 面積を有効活用しました。 床は、温かみのある杉無垢フローリング、壁は自然素材の漆喰で、天井は杉の竿縁天井を採用しています。 また既存の柱を現して利用したり、筋交い、合板を追加して耐震改修もしました。 音楽室は、既存のサッシの内側に内窓を追加し、壁は遮音構造とし、天井は既存の天井を利用して吸音構造としました。これによって、隣家への音楽の音は聞こえない程度か、気にならない程度に軽減されました。 一つ一つの材料、見積を丁寧にお施主様の立場にたって親身に精査していったことが最大の工夫した点です。

築30年の中古住宅のリノベーション。 古き良き時代の昭和の雰囲気で仕上げました。 細長い廊下の壁を撤去し、DKと一体化させることで、 面積を有効活用しました。 床は、温かみのある杉無垢フローリング、壁は自然素材の漆喰で、天井は杉の竿縁天井を採用しています。 また既存の柱を現して利用したり、筋交い、合板を追加して耐震改修もしました。 音楽室は、既存のサッシの内側に内窓を追加し、壁は遮音構造とし、天井は既存の天井を利用して吸音構造としました。これによって、隣家への音楽の音は聞こえない程度か、気にならない程度に軽減されました。 一つ一つの材料、見積を丁寧にお施主様の立場にたって親身に精査していったことが最大の工夫した点です。

築30年の中古住宅のリノベーション。 古き良き時代の昭和の雰囲気で仕上げました。 細長い廊下の壁を撤去し、DKと一体化させることで、 面積を有効活用しました。 床は、温かみのある杉無垢フローリング、壁は自然素材の漆喰で、天井は杉の竿縁天井を採用しています。 また既存の柱を現して利用したり、筋交い、合板を追加して耐震改修もしました。 音楽室は、既存のサッシの内側に内窓を追加し、壁は遮音構造とし、天井は既存の天井を利用して吸音構造としました。これによって、隣家への音楽の音は聞こえない程度か、気にならない程度に軽減されました。 一つ一つの材料、見積を丁寧にお施主様の立場にたって親身に精査していったことが最大の工夫した点です。

築30年の中古住宅のリノベーション。 古き良き時代の昭和の雰囲気で仕上げました。 細長い廊下の壁を撤去し、DKと一体化させることで、 面積を有効活用しました。 床は、温かみのある杉無垢フローリング、壁は自然素材の漆喰で、天井は杉の竿縁天井を採用しています。 また既存の柱を現して利用したり、筋交い、合板を追加して耐震改修もしました。 音楽室は、既存のサッシの内側に内窓を追加し、壁は遮音構造とし、天井は既存の天井を利用して吸音構造としました。これによって、隣家への音楽の音は聞こえない程度か、気にならない程度に軽減されました。 一つ一つの材料、見積を丁寧にお施主様の立場にたって親身に精査していったことが最大の工夫した点です。

Pinterest
検索