一彦さんの仕事場のデスク。「古いマッキントッシュが置いてありますが、今はWindowsのマシンで仕事しています」

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

大太刀罪也@ワサラー団(dmwks002) / 2014年11月のツイート - ツイセーブ

大太刀罪也@ワサラー団(@dmwks002)のツイートやお気に入り、アイコン履歴のページです。過去ログを検索したり、日付ごとにまとめることができます。

◯台所用洗剤(クレンジングでもOK)  ◯古い歯ブラシ  ◯洗面器、またはタライ  ◯酸素系漂白剤(粉末ワイドハイターがオススメ)  ◯重曹(100均にあります)  ◯ぬるま湯(40度くらい)  ◯スチームアイロン(なければドライヤーでもOK)  1)食器用洗剤、またはクレンジング材を黄ばんだ部分に直に塗りつけます。 2)歯ブラシで黄ばみ全体に伸ばし30分ほど放置。 3)すすぎます。 4)重曹とワイドハイターを1:1で水を少量入れてペースト状にして、黄ばんだところに塗り込みます。1時間ほど放置。 5)黄ばみがワイシャツ全体に及んでいる時は、粉末のワイドハイターをぬるま湯に溶かし、  ワイシャツを漬け込んで一晩放置。 6)洗濯機に入れる前に、黄ばみの気になるところ(ペースト状に塗ったところ)に、スチームアイロン、またはドライヤーの熱を当てます。  (熱風をあてるだけです!アイロンを直接当てないでください!) 7)普通に洗濯機で洗います。

ワイシャツの襟の黄ばみを真っ白に落とす方法をご紹介します。襟元に黄ばみや汚れがあると、それだけで清潔感が損なわれてしまいます。襟元が真っ白でキレイなワイシャツを着て、清潔感のあるビジネスマンになりましょう!

miyo1683さんの、手作り,リメイク,古道具,DIY,和箪笥,部屋全体,のお部屋写真

手作り/リメイク/古道具/DIY/和箪笥/Overview…などのインテリア実例 -2015-09-24 13:54:34

和箪笥を洋服用のタンスとしてだけでなく、食器棚など様々な使い方をしている人達が増えています。またペイントしたり、パーツをつけたりなどのリメイクをして、楽しみ方も多種多様になっています。もしおばあちゃんやお母さんの和箪笥を捨てようかと迷っていたら、その前に、ご参考にしてみてくださいね。 和箪笥とは明治から大正時代に盛ん

商品名 :CABIN85 キャビン カセットテープケース サイズ :高さ約12.5cm タテ7.5cm ヨコ29cm(取っ手倒した状態)素材  :ビニール 他  状態  :中古 使用品 経過年数の

商品名 :CABIN85 キャビン カセットテープケース サイズ :高さ約12.5cm タテ7.5cm ヨコ29cm(取っ手倒した状態)素材 :ビニール 他 状態 :中古 使用品 経過年数の

中岡慎太郎

昔の人ってもっと薄い顔が多いと思ってましたが、かなりイケメンぞろいです。

古い時計部品をリサイクルして作るスチームパンクな動物彫刻 (10)

古い時計の針やギア(歯車)など、ヴィンテージな金属部品を主な材料として、精密に組み立てられる様々な動物の彫刻作品。機械仕掛けっぽい雰囲気がスチームパンク心をたっぷりとくすぐってくるぜ。 手乗りサイズで小さいかわいい!今にも歯車が動き出しそうな機械仕掛け

福沢諭吉(1862年、パリの国立自然史博物館にて)

さて、それでは幕末のイケメンの御披露といきましょうかね。基本的に着物とちょんまげになってしまいますが、明治にかけてもありますんで洋服だったりもしますよ。こんな…

仕事と暮らし/フォトアルバム MUJI meets IDEE | 無印良品

Case5 仕事と暮らし 開放感が心地いい 壱岐さんの自宅兼アトリエ。 仕事と生活が両立する空間には 家具や花のカラーをベースとした 華やかさが溢れていました。 memo 住人:30代のフラワーショップオーナー 物件:古いビルをリノベーション テーマ:仕事と生活を自然につなぐ

佐久間象山 (1811 - 1864)

息子の成長日記と歴史のブログです。 古代史、戦国時代、幕末、三国志、南北朝の動乱など、思いつくまま書いています。 大河ドラマの書庫も開設しました。 ブログアラシの不適切コメント(エッチ系です)に長...(2013年01月13日の記事一覧 - 詳細表示)

Pinterest
検索