クロード・モネ「散歩、日傘をさす女性」

「総目次」へはここをクリック! 「10分でわかる近代絵画史」はここをクリック! 印象派 ー負け組が世界を変えるー 今回はいよいよクロード・モネ(1840ー1926)の第1回目、モネの前半生です。貧乏画家のモネはカミーユと恋に落ち、子供ができてしま

モネ 睡蓮

印象派の巨匠クロード・モネが過ごしたジヴェルニー、モネのライフワークとなった庭造りと睡蓮の池。モネは晩年、この睡蓮の池から次々と大作を描きパリのオランジュリー美術館の睡蓮の間を飾った。”>

モネ 「薔薇の並木道」 1918-24

モネ 「薔薇の並木道」 1918-24

岐阜県関市のとある神社の脇にある小さな池が印象派の巨匠クロード・モネの連作絵画『睡蓮』の絵に似ていることから近年話題になっていることをご存知でしょうか?

話題沸騰中!まるで絵画のような美しすぎる岐阜の「モネの池」

自然が広がる岐阜県関市の山あいに、一部の間で大注目されているスポットがあります。遠方からの観光客が後を絶たないこのスポットは、根道神社の脇に広がる澄み切った池。まるで絵画のようだといわれている幻の池、実は正式な名前もない、知る人ぞ知る「名前のない池」なんです。 本当に写真?美しすぎる「モネの睡蓮池」... More

クロード・モネ 《霧のウォータールー橋》  1903年 油彩・カンヴァス https://www.facebook.com/tabaca.magno?hc_location=timeline

第4章 | 作品紹介 WORKS | 大エルミタージュ美術館展 世紀の顔・西欧絵画の400年

モネの池に夢の吊り橋神秘的な日本各地のおすすめスポット4選

「モネの池」に「夢の吊り橋」…神秘的な日本各地のおすすめスポット4選

自然あふれる濃溝の滝ですが、迂回していた川を通すために洞窟を掘って作った人工滝だそうです。夏は蛍狩りができ、秋には美しい紅葉が楽しめます。 もっと見る

クロード・モネ「サン・ラザール駅」

「総目次」へはここをクリック! 「10分でわかる近代絵画史」はここをクリック! 印象派 ー負け組が世界を変えるー 今回はいよいよクロード・モネ(1840ー1926)の第1回目、モネの前半生です。貧乏画家のモネはカミーユと恋に落ち、子供ができてしま

クロード・モネ monet (印象派) 作品紹介、美術館リンク

クロード・モネ monet (印象派) 作品紹介、美術館リンク もっと見る

クロード・モネ《セーヌ河の朝》

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

岐阜県関市のとある神社の脇にある小さな池が印象派の巨匠クロード・モネの連作絵画『睡蓮』の絵に似ていることから近年話題になっていることをご存知でしょうか?

話題沸騰中!まるで絵画のような美しすぎる岐阜の「モネの池」

名前のない池というのを聞いたことがありますか?それは自然が広がる岐阜県関市の山間に位置しています。遠方からの観光客が後を絶たないこの場所に、いま一部の方々に大注目されているスポットがここです。mallyさん(@mollyliran)が投稿した写真-201511月122:45午前PST根道神社の脇に張っている澄み切った水、これがまるで絵画の世界そのものだといわれています。しかしここには正式な称呼がなく知る人ぞといった存在なのです。画像を見て頂いても分かりますがまさにモネの睡蓮そのもののようですよね。本当に写真?美しすぎる「モネの睡蓮池」KatsujiSawamotoさん(@katsuji_s..

Claude Monet (1891)

印象派の画家クロード・モネについて:モノを買わなくなった時代、ほな何やったら買うてもええねやろ?:オルタナティブ・ブログ

夢を見ているような錯覚にとらわれる神秘的な池。岐阜県関市の根道神社の近くにある名もない池で、その絵画のように美しい景観から「モネの池」ともいわれます。 印象派の画家クロード・モネが描いた「睡蓮」の連作によく似ていますね。

「モネの池」に「夢の吊り橋」…神秘的な日本各地のおすすめスポット4選

SNSでも話題の「名前のない池」をご存じですか?岐阜県関市の根道神社の境内にある、印象派を代表するフランスの画家クロード・モネの絵画のように美しい池で「写真なのか、絵なのか分からない!」と評判なんです。今回は通称「モネの池」のほか、静岡県・寸又峡(すまたきょう)の「夢の吊り橋」や千葉県君津市の清水渓流公園にある「濃溝の

クロード・モネ「「ラ・ジャポネーズ」

巨匠クロード・モネの日本趣味(ジャポネズリー)的要素や日本主義(ジャポニスム)的要素が最も顕著に示された代表的作例『ラ・ジャポネーズ』。当時の欧州を始めとした先進国ではジャポニズムが席巻しており、印象派の画家たちの中でも特にモネは一際ジャポニズムに魅了・影響された画家のひとりで、本作は(モネ自身や日本趣味愛好者の最も好む)ジャポニズム的要素をふんだんに取り入れることを画家が意識し、作為的に制作したものだとも考えられる(この頃のモネはあくまで戸外制作による光の効果を探求した風景画が主体であり、本作は例外的な作品でもある)。しかし、本作の明瞭で鮮明な色彩の美しさや、平面的に構成された画面、魅惑的なカミーユ・ドンシューの表情、筆跡を感じさせる独特のタッチなど画家の優れた代表作として、現在も人々を魅了し続けているのである。(ボストン美術館蔵)

クロード・モネ『印象、日の出』1872年 油彩、カンヴァス 50x65cm Musée Marmottan Monet, Paris ©Christian Baraja

モネ展に『印象、日の出』『日本の橋』や生前の愛用品など約90点

クロード・モネ『印象、日の出』1872年 油彩、カンヴァス 50x65cm Musée Marmottan Monet, Paris ©Christian Baraja

Pinterest
検索