水平アジャスターを採用した軽量小型のシーリングファンです。最大15度までの傾斜天井、勾配天井に対応しており、今まで斜め天井なので取り付けできなかった方にもお奨めの1台です。

水平アジャスターを採用した軽量小型のシーリングファンです。最大15度までの傾斜天井、勾配天井に対応しており、今まで斜め天井なので取り付けできなかった方にもお奨めの1台です。

#交差させた傾斜天井が生み出す、光の表情が印象的なダイニング。キッチンとの動線を重視した、食を愉しむ為の空間です。 #petitemaison  #casestudyhouse #nasuclub #bespoke #handcrafted #hitachi #townhouse #modern #scandinaviandesign #wooddesign #furniture #dining #lighting #日立 #小さな家 #オーダーメイド #住宅 #スカンジナビア #家具 #ダイニング #照明

#交差させた傾斜天井が生み出す、光の表情が印象的なダイニング。キッチンとの動線を重視した、食を愉しむ為の空間です。 #petitemaison #casestudyhouse #nasuclub #bespoke #handcrafted #hitachi #townhouse #modern #scandinaviandesign #wooddesign #furniture #dining #lighting #日立 #小さな家 #オーダーメイド #住宅 #スカンジナビア #家具 #ダイニング #照明

勾配天井、傾斜した天井を平らにするアジャスター

天井、傾斜、勾配、アジャスター、アダプター

天井は屋根の傾斜を利用した船底天井です。梁を露出し、桧の上小節板を張りました。 #和風住宅 #勾配天井 #ldk #ダイニング #キッチン #木質 #家づくり #新築 #設計事務所

桧の香り溢れる二世帯住宅 。和風住宅の外観や玄関、和室、床の間など和のインテリア写真を公開・更新中。伝統の和風住宅から和モダンまで。国産材で造る住宅を設計。和のデザインが得意な設計事務所です。本社:愛知県一宮市、支店:神奈川県横浜市、建築士10名の内、女性建築士5名。

踊り場の奥にある3畳ほどの和室。屋根の勾配なりに傾斜した収納は、隅々まで活用。天井にラワン材、ふすまには江戸からかみを使用。

地域に溶け込む建築家の自邸光と風と緑を感じて暮らす街にも自分にも心地よい空間

横浜・山手町に自宅兼アトリエを建てた建築家の八島正年さんと夕子さん。風致規制があるなか考え抜かれた家は、美しい街並みに調和していた。

来訪者が他の家と間違えた、“離れ”の内観。傾斜した天井や壁は木がむき出しで自然のまま。「人工的なものはあまり好きではない」とご夫妻。

プライバシーと開放感を両立日々の暮らしを豊かにするアウトドアリビングのある家

来訪者が他の家と間違えた、“離れ”の内観。傾斜した天井や壁は木がむき出しで自然のまま。「人工的なものはあまり好きではない」とご夫妻。

残り少なくなってきたこちらの新築物件。今回は南向き最後のメゾネットタイプをご紹介します!    2F・3F部分のお部屋は体感13帖ほどのLDKと6帖ほどのベッドルームと、コンパクトな1LDKプラン。しかし、居室から水廻りまで窓だらけで明るく、閉塞感を感じない気持の良い空間に設計されています。また、まだ誰も入居していない無垢床の心地良さも言うまでもありません。    宙に浮かぶかのような片持ち階段を登り、やや細い通路を抜けるとベッドルームに。決して大きな空間ではありませんが、傾斜した天井と2面の開口部からは広がりを感じます。そして十分なクローゼットも有り。    リビングの窓からは日差しが心地良く差し込み、建物前面の植栽もちらり。こちらの植栽は枯らしても怒られたりはしないそうですが、是非とも時々お水をあげてほしいものです。植栽の奥には「ねこじゃらし公園」の豊かな木々も見え、穏やかな日々を予感させます。    駅からはなかなかの距離ですが、新築とは思えない居心地の良さと周辺環境が一押し。  気になる方は是非お早めに!    *事務所相談・お子様不可    (担当:タナカ)

TATO DESIGNのオフィシャルサイト。東京23区を中心にこだわりな不動産賃貸物件のご案内、また建築と内装を手がける設計&不動産事務所です。

残り少なくなってきたこちらの新築物件。今回は南向き最後のメゾネットタイプをご紹介します!    2F・3F部分のお部屋は体感13帖ほどのLDKと6帖ほどのベッドルームと、コンパクトな1LDKプラン。しかし、居室から水廻りまで窓だらけで明るく、閉塞感を感じない気持の良い空間に設計されています。また、まだ誰も入居していない無垢床の心地良さも言うまでもありません。    宙に浮かぶかのような片持ち階段を登り、やや細い通路を抜けるとベッドルームに。決して大きな空間ではありませんが、傾斜した天井と2面の開口部からは広がりを感じます。そして十分なクローゼットも有り。    リビングの窓からは日差しが心地良く差し込み、建物前面の植栽もちらり。こちらの植栽は枯らしても怒られたりはしないそうですが、是非とも時々お水をあげてほしいものです。植栽の奥には「ねこじゃらし公園」の豊かな木々も見え、穏やかな日々を予感させます。    駅からはなかなかの距離ですが、新築とは思えない居心地の良さと周辺環境が一押し。  気になる方は是非お早めに!    *事務所相談・お子様不可    (担当:タナカ)

TATO DESIGNのオフィシャルサイト。東京23区を中心にこだわりな不動産賃貸物件のご案内、また建築と内装を手がける設計&不動産事務所です。

窓から庭が見渡せるキッチン。天井をマダガスカルジャスミンが這う。コンロは4つ口にこだわり、フランスのロジェールを採用。

シンプルで良質素材と構造の美を楽しむベーシックな生活スタイル

どこか温かなモダン空間 もともと建築や空間作りに興味を持っていた田辺さん。大学で文学を学びながら専門学校に通い、住宅の設計図面の引き方を覚える。自らの家を建てる際には、設計事務所で働いた経験が活かされた。 「大まかなプランや、ちょっとしたところは自分で考えて、図面を描いて工務店さんにリクエストしました。もともと山だった土地なので、傾斜を活かした造りにしたいということと、構造が持つ美しさを大事にしたいというのがテーマでしたね」 竹林だった山を切り開いて傾斜に沿うように建築。打ちっ放しのコンクリートと木で構成された空間は、素朴でありながら洗練されていてモダン。そして、どこか温かい別荘のようなムードが漂う。 無駄を排し、抜けをつくったリビング 「3階のリビングは、庭と地続きのように見せたかったんです。そのため、西側の窓と東側の庭に面した窓は大きくあけて、遮るものを設けないようにしました」…

両隣の住宅に挟まれた奥行きの長い敷地に建つ住宅。<br /> 西の前面道路側を2層、東の敷地奥側を1層とした奥行き18Mの片流れ屋根を形成し、大小2つの外部空間を設けたプライベートな居住スペースを考えました。<br /> 西側から寝室、プライベートテラス、LDK、ライトコート、ゲストルームと奥行き方向いっぱいに視線が通り抜け、外壁で囲まれた外部空間によりプライバシーを確保しながら光と風を採り込みました。<br /> また、片流れの大屋根に沿って傾斜する天井が所々に必要な空間のボリュームを与え、リビングを中心に各室が緩やかにつながる空間構成としています。白を基調としたミニマムでストイックな外観に対してインテリアはナチュラルでプレーンなイメージとし、内外部のスペースがリズミカルに連続する開放的な生活空間を生み出しました。 専門家:戸井建一郎が手掛けた注文住宅事例:『YM-house』光と風を採り込む方流れ屋根の家のページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

ナチュラルテイストの心地よいLDK(『YM-house』光と風を採り込む方流れ屋根の家)- リビングダイニング事例

Pinterest
検索