夢見るガーデンハウス。こんな魅惑的な小屋が庭先にあったなら・・・。 : Martin Island ~空と森と水と~

夢見るガーデンハウス。こんな魅惑的な小屋が庭先にあったなら・・・。 : Martin Island ~空と森と水と~ もっと見る

06. Fall Collectionこのカラーパレットは、伝統的(英: tranditional)でアンティーク(英: Antique)な雰囲気を表現します。洗練された(英: Refine)、大人っぽい(英: Mature)商品などにどうぞ。

プロの魅力的な色使い!参考にしたい配色カラーパレット20個まとめ

06. Fall Collectionこのカラーパレットは、伝統的(英: tranditional)でアンティーク(英: Antique)な雰囲気を表現します。洗練された(英: Refine)、大人っぽい(英: Mature)商品などにどうぞ。 もっと見る

スペインの首都マドリッドから北西約50キロに位置するベセミル・デ・ラ・シエラ。豊かな自然の中に地方の伝統を残す教会や美し…

地面にまで届く大屋根の家

スペインの首都マドリッドから北西約50キロに位置するベセミル・デ・ラ・シエラ。豊かな自然の中に地方の伝統を残す教会や美しい広場のある小さな村です。 木や石など天然素材をたっぷりと使用した、暖かで自然の雄大さを感じるこちらの住宅の大きな特徴は、なんと地面にまで届く大きな屋根!

宝角建築アトリエ の  KAWARA

homify360°: 存在感ある瓦屋根の家「KAWARA」

平屋を建てる時に、まず考慮するのは周辺からの視線でしょう。公道の目線と同じ高さを持つプライベート空間を守ろうとすれば、どうしても外に向かって閉じなければならないことになり、下手をすれば要塞のような外観になってしまいます。屋内には採光という実際的な明るさを取り込むことが課題となる平屋ですが、外部に向かっては雰囲気としての明るさを醸し出す工夫も必要です。今回は、プライバシーを守りながらも閉塞感の無い、暖かみのある佇まいの平屋をご紹介します。

和モダン(Japanese Modern)  日本の伝統的な和紙や竹、無垢材といった素材やインテリアを、現代の生活に合わせてモダンにアレンジしたスタイルのこと。格子のような直線的でシンプルなデザイン、シックで落ち着いた色調などが特徴。

和モダン(Japanese Modern) 日本の伝統的な和紙や竹、無垢材といった素材やインテリアを、現代の生活に合わせてモダンにアレンジしたスタイルのこと。格子のような直線的でシンプルなデザイン、シックで落ち着いた色調などが特徴。 ホテルオークラみたいな住宅

こどもの日の飾り付け用に、鯉のぼりをモチーフにしたガーランド素材を作ってみました。伝統的な鯉のぼりのデザインをベースにガーランド用にアレンジしたデザインです。黄色い画用紙で作ったペーパーファンを風車に見立て、4色のリボンを垂らして吹流しを表現しているところがポイントです!

ホームパーティーの演出・飾り付けとして、パーティーフラッグ・ガーランドを手作りしてみませんか?無料の印刷素材データ(PDF)をダウンロードしてプリントするだけで、誰でも簡単に作れるように設計されています♪色々なデザインのフラッグを用意したので好きなデザインのフラッグを組み合わせて可愛くコーディネートしてね♪

ザ・リッツ・カールトン東京が、これまで「ジャパニーズ カールトン スイート」という名称で販売していた客室を、西洋的なデザインと伝統的な和の要素との融合をテーマに改装。新たに「モダンジャパニーズ スイート」として販売をスタートした。

ザ・リッツ・カールトン東京が、新デザイン「モダンジャパニーズ スイート」の販売をスタート。

青空を背景に建つ伝統的な切妻屋根の家。ポルトガル在住のフォトグラファー、マヌエル・ピタによるシリーズ「Lonely House」は、ポップで色鮮やかな家々がもつ小さなストーリーを写し取る。

見ていると不思議な気持ちにさせられる、ポルトガルの「孤独な家」|WIRED.jp

「組子」ってご存知ですか?和室などの障子や、欄間、床の間の明りとり、あるいは寺社、伝統的な和建築の宿などで、いまも立派な組子の建具が見られます。でも今やこ...

Edo-CoCoの画像

日本を感じられる縁側。もう残る家はごく僅かとなっています。内でもなく外でもない、日本家屋の美しい仕切りの曖昧さを楽しんでみませんか。心がホッと癒される、縁側カフェをご紹介致します。

古き良き風景を楽しもう。全国の縁側カフェまとめ

席数が多い事も人気のひとつです。

トラベル・ライフスタイル誌『PAPERSKY(ペーパースカイ)』やキッズ誌『mammoth(マンモス)』の編集人であるルーカス.B.Bさんのお部屋です。サンフランシスコ出身のルーカスさん。築70年の日本家屋がカラフルな和洋折衷スタイルになっていて、素敵です!

昔からある、古くてもおしゃれなもの。日本の伝統インテリアをお部屋に

古い街並みや路地裏に入ると、まるで時が止まったような空間を目にすることがありますよね。築何十年も経つ古民家(日本家屋)が、リノベーションによって、生まれ変わったという話もよく耳にします。そのブームから派生するかたちで、日本の古い伝統家具も見直されてきているように思います。今回は和家具と日本の伝統インテリアの素敵なお部屋

見ていると不思議な気持ちにさせられる、ポルトガルの「孤独な家」   « WIRED.jp

青空を背景に建つ伝統的な切妻屋根の家。ポルトガル在住のフォトグラファー、マヌエル・ピタによるシリーズ「Lonely House」は、ポップで色鮮やかな家々がもつ小さなストーリーを写し取る。

青空を背景に建つ伝統的な切妻屋根の家。ポルトガル在住のフォトグラファー、マヌエル・ピタによるシリーズ「Lonely House」は、ポップで色鮮やかな家々がもつ小さなストーリーを写し取る。

見ていると不思議な気持ちにさせられる、ポルトガルの「孤独な家」|WIRED.jp

多目的ベンチのある玄関ポーチ

半内部化した玄関ポーチ。手前にスチールの格子があって防犯性能を高めています。玄関脇にベンチを設けているのは、座ることだけが目的ではありません。重い買い物袋を持ちながら、鍵を開けるよりも一旦ベンチに荷物を置くようなとき、あるいは、スキーやゴルフ用品を倉庫から出してきて、準備する場所として等など、、

伝統的な日本家屋の魅力を引き出した家になっています。

今回紹介するのは、老後を見据えて建てられた家。それはゆったりとくつろげるものになっています。そして和の趣を強く感じさせるものになっています。

Pinterest
検索