第66回 京都染色美術展    京都染色美術展は、京都最高峰の職人技「京友禅」「京鹿の子絞」「京繍」で創られた「きもの」作品展です。総合テーマは今年も「振袖」です。

第66回 京都染色美術展 京都染色美術展は、京都最高峰の職人技「京友禅」「京鹿の子絞」「京繍」で創られた「きもの」作品展です。総合テーマは今年も「振袖」です。

写真少年漂流記: 第65回京都染色美術展

写真少年漂流記: 第65回京都染色美術展

『技を極める…  ヴァンクリーフ&アーペル  ハイジュエリーと日本の工芸』展  京都国立近代美術館へ。  #技を極める#ねこ#猫#アート #ヴァンクリーフ&アーペル #ハイジュエリー #美術展#パリ#詩 #京都国立近代美術館 #絵#京都 #愛猫#工芸  #kyoto#culture#japan #masteryofanart #exhibition  #follow#followme #vancleef#paris #art #gallery#japanesecraft  #andcat

『技を極める… ヴァンクリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸』展 京都国立近代美術館へ。 #技を極める#ねこ#猫#アート #ヴァンクリーフ&アーペル #ハイジュエリー #美術展#パリ#詩 #京都国立近代美術館 #絵#京都 #愛猫#工芸 #kyoto#culture#japan #masteryofanart #exhibition #follow#followme #vancleef#paris #art #gallery#japanesecraft #andcat

銅版画、江戸期の京都「緻密」 宇治で企画展 - 京都新聞

銅版画、江戸期の京都「緻密」 宇治で企画展 - 京都新聞

Katsuki Kikuchi 1972 Born in Tokyo 1996 Graduated from Aoyama Gakuin University Economics degree 1996 Studied in Spain ...

Katsuki Kikuchi 1972 Born in Tokyo 1996 Graduated from Aoyama Gakuin University Economics degree 1996 Studied in Spain .

正阿弥勝義 (1832-1908)《蓮葉に蛙皿》明治時代 (径12.0cm,  清水三年坂美術館蔵) 美作国津山藩(岡山県東北部)が抱えていた彫金師・中川五右衛門勝継の三男(幼名は淳蔵、通称は淳蔵、勝義は工名)。幼い頃から父に彫金を学び、江戸出府を試みるが果たせず、18歳で岡山藩御抱え彫金職人の名家・正阿弥家の婿養子となり正阿弥家9代目を継ぐ。実兄・中川一匠(幕府抱え彫金家 後藤家の門人で幕府及び朝廷御用職人)や、その師・後藤一乗から、手紙で下絵、脂型、作品を遣り取りして指導を受ける。廃藩置県・廃刀令で刀装具の仕事がなくなり、美術工芸品や茶器などを制作し始める。明治11年(1878)職人30余名で輸出産業を起こし、神戸貿易商・濱田篤三郎の紹介でイギリス商人と契約締結。大衝立の注文を受け、加納夏雄・海野勝珉の十二支図案で、勝義の金工彫、逸見東洋の木工により3年がかりでを制作(現在ボストン美術館所蔵)。国内外で博覧会・美術展に出品し各地で高い評価を受ける。明治32年(1899年)67歳で美術研究のため京都へ転居し、京文化を吸収し更なる飛躍を遂げる(名作の多くは京都移住後のもの)。

正阿弥勝義 (1832-1908)《蓮葉に蛙皿》明治時代 (径12.0cm, 清水三年坂美術館蔵) 美作国津山藩(岡山県東北部)が抱えていた彫金師・中川五右衛門勝継の三男(幼名は淳蔵、通称は淳蔵、勝義は工名)。幼い頃から父に彫金を学び、江戸出府を試みるが果たせず、18歳で岡山藩御抱え彫金職人の名家・正阿弥家の婿養子となり正阿弥家9代目を継ぐ。実兄・中川一匠(幕府抱え彫金家 後藤家の門人で幕府及び朝廷御用職人)や、その師・後藤一乗から、手紙で下絵、脂型、作品を遣り取りして指導を受ける。廃藩置県・廃刀令で刀装具の仕事がなくなり、美術工芸品や茶器などを制作し始める。明治11年(1878)職人30余名で輸出産業を起こし、神戸貿易商・濱田篤三郎の紹介でイギリス商人と契約締結。大衝立の注文を受け、加納夏雄・海野勝珉の十二支図案で、勝義の金工彫、逸見東洋の木工により3年がかりでを制作(現在ボストン美術館所蔵)。国内外で博覧会・美術展に出品し各地で高い評価を受ける。明治32年(1899年)67歳で美術研究のため京都へ転居し、京文化を吸収し更なる飛躍を遂げる(名作の多くは京都移住後のもの)。

正阿弥勝義 (1832-1908)《蓮葉に蛙皿》明治時代 (径12.0cm,  清水三年坂美術館蔵) 美作国津山藩(岡山県東北部)が抱えていた彫金師・中川五右衛門勝継の三男(幼名は淳蔵、通称は淳蔵、勝義は工名)。幼い頃から父に彫金を学び、江戸出府を試みるが果たせず、18歳で岡山藩御抱え彫金職人の名家・正阿弥家の婿養子となり正阿弥家9代目を継ぐ。実兄・中川一匠(幕府抱え彫金家 後藤家の門人で幕府及び朝廷御用職人)や、その師・後藤一乗から、手紙で下絵、脂型、作品を遣り取りして指導を受ける。廃藩置県・廃刀令で刀装具の仕事がなくなり、美術工芸品や茶器などを制作し始める。明治11年(1878)職人30余名で輸出産業を起こし、神戸貿易商・濱田篤三郎の紹介でイギリス商人と契約締結。大衝立の注文を受け、加納夏雄・海野勝珉の十二支図案で、勝義の金工彫、逸見東洋の木工により3年がかりでを制作(現在ボストン美術館所蔵)。国内外で博覧会・美術展に出品し各地で高い評価を受ける。明治32年(1899年)67歳で美術研究のため京都へ転居し、京文化を吸収し更なる飛躍を遂げる(名作の多くは京都移住後のもの)。

正阿弥勝義 (1832-1908)《蓮葉に蛙皿》明治時代 (径12.0cm, 清水三年坂美術館蔵) 美作国津山藩(岡山県東北部)が抱えていた彫金師・中川五右衛門勝継の三男(幼名は淳蔵、通称は淳蔵、勝義は工名)。幼い頃から父に彫金を学び、江戸出府を試みるが果たせず、18歳で岡山藩御抱え彫金職人の名家・正阿弥家の婿養子となり正阿弥家9代目を継ぐ。実兄・中川一匠(幕府抱え彫金家 後藤家の門人で幕府及び朝廷御用職人)や、その師・後藤一乗から、手紙で下絵、脂型、作品を遣り取りして指導を受ける。廃藩置県・廃刀令で刀装具の仕事がなくなり、美術工芸品や茶器などを制作し始める。明治11年(1878)職人30余名で輸出産業を起こし、神戸貿易商・濱田篤三郎の紹介でイギリス商人と契約締結。大衝立の注文を受け、加納夏雄・海野勝珉の十二支図案で、勝義の金工彫、逸見東洋の木工により3年がかりでを制作(現在ボストン美術館所蔵)。国内外で博覧会・美術展に出品し各地で高い評価を受ける。明治32年(1899年)67歳で美術研究のため京都へ転居し、京文化を吸収し更なる飛躍を遂げる(名作の多くは京都移住後のもの)。

ZIPANGU 日本的な感性に根差す表現を集めた現代美術展 インタビュー三潴末雄(ジパング展 キュレーター、ミヅマアートギャラリー ディレクター)

ZIPANGU 日本的な感性に根差す表現を集めた現代美術展 インタビュー三潴末雄(ジパング展 キュレーター、ミヅマアートギャラリー ディレクター)

平田洋一  作品名: MUSHI(2点) (1967)5’11”(d)     1936  尼崎生まれ 1957  大阪学芸大池田分校アトリエにて、同志2人と      竹製マストの木製ヨットを制作。神戸港から夜間      無灯火帆走し、入港中の汽船を40分停船させて      叱責され、面目丸つぶれとなる 1964~ アローライン展、京都アンデパンダン展、現代       美術の動向展、毎日現代美術展、ジャパン・       アート・フェスティバル等で「ムシ」の連作を発表  京都ビエンナーレ展1972で「コレイガイノスベテ」発表、  「可能性の実験」展(信濃橋画廊、大阪)等で生命体を  オブジェとして呈出。  他個展多数、現在宝島造形㈲を主宰し現代美術の造形 などおこなう  パブリックコレクション 兵庫県立美術館

Points ( and Lines )

作-加山 又造       画歴 昭和2	京都市に生まれる 24	東京美術学校卒業後山本丘人に師事 26	新制作協会展新作家賞(同'53'54'55) 32	日本国際美術展佳作賞 33	グッゲンハイム美術館展団体賞 43	明治・大正・昭和名作展出品 48	日本芸術大賞(新潮社) 55	芸術選奨文部大臣賞 平成15	文化勲章受章 平成16	77歳にて逝去

作-加山 又造 画歴 昭和2 京都市に生まれる 24 東京美術学校卒業後山本丘人に師事 26 新制作協会展新作家賞(同'53'54'55) 32 日本国際美術展佳作賞 33 グッゲンハイム美術館展団体賞 43 明治・大正・昭和名作展出品 48 日本芸術大賞(新潮社) 55 芸術選奨文部大臣賞 平成15 文化勲章受章 平成16 77歳にて逝去

岡田 泰 1976 山口県萩市に生まれる 2002 東京造形大学美術学部彫刻科卒業 2003 京都府立陶工高等技術専門校成形科修了 2005 京都市工業試験場陶磁器専修科修了 父,岡田裕(山口県指定無形文化財萩焼保持者)に師事 JR大阪三越伊勢丹で6/19~6/25まで「岡田泰作陶展」が開かれています 窯変白萩は登り窯での焼成ですが、この淡青釉は 白萩釉の上に銅釉を掛けてガス窯焼成で淡い青を出しているそうです 口縁部分は釉薬が流れ下地が赤く発色して赤と青のコントラストを見せています (8.5×H4)

岡田 泰 1976 山口県萩市に生まれる 2002 東京造形大学美術学部彫刻科卒業 2003 京都府立陶工高等技術専門校成形科修了 2005 京都市工業試験場陶磁器専修科修了 父,岡田裕(山口県指定無形文化財萩焼保持者)に師事 JR大阪三越伊勢丹で6/19~6/25まで「岡田泰作陶展」が開かれています 窯変白萩は登り窯での焼成ですが、この淡青釉は 白萩釉の上に銅釉を掛けてガス窯焼成で淡い青を出しているそうです 口縁部分は釉薬が流れ下地が赤く発色して赤と青のコントラストを見せています (8.5×H4)

京都・フィレンツェ姉妹都市提携50周年を記念した特別展覧会として、吉岡徳仁氏が手がけた「ガラスの茶室 - 光庵」の奉納展示が決定。京都の重要文化財にも指定される天台宗青蓮院門跡境内、将軍塚青龍殿の大舞台で、4月9日(木)より世界で初めて披露

EXHIBITION|吉岡徳仁「ガラスの茶室 - 光庵」が京都・将軍塚青龍殿で世界初公開

夢二や藤田ら描くネコ、ネコ… 京都でチャリティー美術展

夢二や藤田ら描くネコ、ネコ… 京都でチャリティー美術展

美術展 ポスター - Google 検索

美術展 ポスター - Google 検索

Pinterest
Search