5万ドルで作るコンテナハウス                                                                                                                                                      もっと見る

空間も金額も手に負える家がいい、5万ドル以下で作ったコンテナハウス「Richie’s $50k Container House」

「国産のストーブは、ホームセンターなどでも買えるものです。使い勝手がとてもいいです」。冬の朝に灯油のストーブを補助的に使えば、この薪ストーブだけで家は一日中暖かいのだとか。

変化を続ける家自分たちで家を造ることが生活の一部になっている

木工作家の高山英樹さんの家は、栃木県益子町の里山の自然に囲まれた土地に建つ。早春に目の前の水田に水が張られると景色は一変、湖畔に家が建っているような風景に変わる。家を見下ろす山桜の大木が打ち上げ花火のような花を咲かせ、秋には金色に輝く稲穂が風に揺れる。 「家は、窓から見える景色も大切な要素だと思っています。目の前が田んぼで日当たりがよくて、雨に煙る雨巻山や、遠く男体山を望めるこの場所がとても気に入りました。今から10年前、息子が小学校に上がる直前に、ここに越すことに決めました」 陶芸の街、益子には、他の土地にはない特別な空気感があるという。 「東京から移住してくる人が多いのですが、地元の人は移住組をいい意味で放っておいてくれるのがありがたいです。陶芸家の濱田庄司が益子で作陶するなど、芸術家が移り住んできた歴史がこの土地にあるからだと思います。そして移住してきた人たちそれぞれが、こだわりを持って自分の生活を大切にしているところも気に入っています」 プレハブならではの柱のない大空間。…

画像 : 20万円の家 コンテナハウスに住む人々(住宅 ボックス ガレージ 店舗 中古 サイズ 価格 - NAVER まとめ

このページはコンテナハウスに関する専門の総合情報サイトで、基本的な情報はもちろん、画像や動画、ノウハウ、評判、口コミ、体験談などの情報をわかりやすくご紹介してい...

東側の窓からは、林の中へ続く散歩道が見える。

変化を続ける家自分たちで家を造ることが生活の一部になっている

木工作家の高山英樹さんの家は、栃木県益子町の里山の自然に囲まれた土地に建つ。早春に目の前の水田に水が張られると景色は一変、湖畔に家が建っているような風景に変わる。家を見下ろす山桜の大木が打ち上げ花火のような花を咲かせ、秋には金色に輝く稲穂が風に揺れる。 「家は、窓から見える景色も大切な要素だと思っています。目の前が田んぼで日当たりがよくて、雨に煙る雨巻山や、遠く男体山を望めるこの場所がとても気に入りました。今から10年前、息子が小学校に上がる直前に、ここに越すことに決めました」 陶芸の街、益子には、他の土地にはない特別な空気感があるという。 「東京から移住してくる人が多いのですが、地元の人は移住組をいい意味で放っておいてくれるのがありがたいです。陶芸家の濱田庄司が益子で作陶するなど、芸術家が移り住んできた歴史がこの土地にあるからだと思います。そして移住してきた人たちそれぞれが、こだわりを持って自分の生活を大切にしているところも気に入っています」 プレハブならではの柱のない大空間。…

love

変化を続ける家自分たちで家を造ることが生活の一部になっている

人生をフルに楽しみたい人たちへ、新しいライフスタイルマガジン『100%LiFE』。『100%LiFE』は、マガジンハウスが「スタイルのある家と暮らし」をテーマに情報発信するデジタルマガジンです。クリエイティブな感性で暮らしと空間を楽しむ人たちの交流の場となるライフスタイルメディアを目指しています。メインとなるコンテンツは、遊び心とクリエイティビティあふれる生活シーンを多様でハイクオリティな空間事例とともに紹介。またレギュラーコーナーでは、インテリア、アート、デザイン、ファッションなど、クリエイティブ分野のトレンド情報を伝えていきます。『100%LiFE』は、タブロイドPC、及びスマートフォンにも最適化し、モバイルでもストレスなく読める設計になっています。また、Newsstandアプリでのスマートフォン向け電子雑誌展開も予定しています。『100%LiFE』は、ヘーベルハウスを展開する旭化成ホームズの特別協力を受けて運営しています。web magazine of Magazine House supported by Hebel House 100 ひゃく パーセント ライフ…

床は杉材。「杉は柔らかいのであまり床材には使わないそうですが、その柔らかさが歩いていて足に心地いいんです」

変化を続ける家自分たちで家を造ることが生活の一部になっている

木工作家の高山英樹さんの家は、栃木県益子町の里山の自然に囲まれた土地に建つ。早春に目の前の水田に水が張られると景色は一変、湖畔に家が建っているような風景に変わる。家を見下ろす山桜の大木が打ち上げ花火のような花を咲かせ、秋には金色に輝く稲穂が風に揺れる。 「家は、窓から見える景色も大切な要素だと思っています。目の前が田んぼで日当たりがよくて、雨に煙る雨巻山や、遠く男体山を望めるこの場所がとても気に入りました。今から10年前、息子が小学校に上がる直前に、ここに越すことに決めました」 陶芸の街、益子には、他の土地にはない特別な空気感があるという。 「東京から移住してくる人が多いのですが、地元の人は移住組をいい意味で放っておいてくれるのがありがたいです。陶芸家の濱田庄司が益子で作陶するなど、芸術家が移り住んできた歴史がこの土地にあるからだと思います。そして移住してきた人たちそれぞれが、こだわりを持って自分の生活を大切にしているところも気に入っています」 プレハブならではの柱のない大空間。…

壁の絵は英樹さんの作品。「家族でベルギーとフィンランドを旅した際、北欧の明るい色彩に魅せられました。お土産を買ってくる代わりに、その色彩の思い出を自分で描きました(笑)」

変化を続ける家自分たちで家を造ることが生活の一部になっている

木工作家の高山英樹さんの家は、栃木県益子町の里山の自然に囲まれた土地に建つ。早春に目の前の水田に水が張られると景色は一変、湖畔に家が建っているような風景に変わる。家を見下ろす山桜の大木が打ち上げ花火のような花を咲かせ、秋には金色に輝く稲穂が風に揺れる。 「家は、窓から見える景色も大切な要素だと思っています。目の前が田んぼで日当たりがよくて、雨に煙る雨巻山や、遠く男体山を望めるこの場所がとても気に入りました。今から10年前、息子が小学校に上がる直前に、ここに越すことに決めました」 陶芸の街、益子には、他の土地にはない特別な空気感があるという。 「東京から移住してくる人が多いのですが、地元の人は移住組をいい意味で放っておいてくれるのがありがたいです。陶芸家の濱田庄司が益子で作陶するなど、芸術家が移り住んできた歴史がこの土地にあるからだと思います。そして移住してきた人たちそれぞれが、こだわりを持って自分の生活を大切にしているところも気に入っています」 プレハブならではの柱のない大空間。…

頑丈な鉄骨の梁はハンモック掛け放題。親子3人で寝られるビッグサイズのオーガニックコットンのハンモックは『ハンモック2000』で買ったもの。「お酒を飲んで、音楽を聴きながらハンモックに揺られるひとときが最高です!」

変化を続ける家自分たちで家を造ることが生活の一部になっている

木工作家の高山英樹さんの家は、栃木県益子町の里山の自然に囲まれた土地に建つ。早春に目の前の水田に水が張られると景色は一変、湖畔に家が建っているような風景に変わる。家を見下ろす山桜の大木が打ち上げ花火のような花を咲かせ、秋には金色に輝く稲穂が風に揺れる。 「家は、窓から見える景色も大切な要素だと思っています。目の前が田んぼで日当たりがよくて、雨に煙る雨巻山や、遠く男体山を望めるこの場所がとても気に入りました。今から10年前、息子が小学校に上がる直前に、ここに越すことに決めました」 陶芸の街、益子には、他の土地にはない特別な空気感があるという。 「東京から移住してくる人が多いのですが、地元の人は移住組をいい意味で放っておいてくれるのがありがたいです。陶芸家の濱田庄司が益子で作陶するなど、芸術家が移り住んできた歴史がこの土地にあるからだと思います。そして移住してきた人たちそれぞれが、こだわりを持って自分の生活を大切にしているところも気に入っています」 プレハブならではの柱のない大空間。…

2階の天井はコンパネのまま。「解体されたコンパネは作業員が踏むこともあるので、天井になぜか足跡がついているんです(笑)」。パーティションで区切られた部屋は、長男の源樹さんの個室。時に客間になることも。足元を透過パネルにして階段周りに明るさをキープ。

変化を続ける家自分たちで家を造ることが生活の一部になっている

木工作家の高山英樹さんの家は、栃木県益子町の里山の自然に囲まれた土地に建つ。早春に目の前の水田に水が張られると景色は一変、湖畔に家が建っているような風景に変わる。家を見下ろす山桜の大木が打ち上げ花火のような花を咲かせ、秋には金色に輝く稲穂が風に揺れる。 「家は、窓から見える景色も大切な要素だと思っています。目の前が田んぼで日当たりがよくて、雨に煙る雨巻山や、遠く男体山を望めるこの場所がとても気に入りました。今から10年前、息子が小学校に上がる直前に、ここに越すことに決めました」 陶芸の街、益子には、他の土地にはない特別な空気感があるという。 「東京から移住してくる人が多いのですが、地元の人は移住組をいい意味で放っておいてくれるのがありがたいです。陶芸家の濱田庄司が益子で作陶するなど、芸術家が移り住んできた歴史がこの土地にあるからだと思います。そして移住してきた人たちそれぞれが、こだわりを持って自分の生活を大切にしているところも気に入っています」 プレハブならではの柱のない大空間。…

室内で使われている階段は、以前に屋外で使われていたもの。使い込まれた鉄の深い味わいが、高山さんの家具にもよく似合う。パーティションの奥が寝室になっている。棚には益子の陶芸作家の作品と、高山さんの作品が並ぶ。「手前のテーブルは実家にあった漆塗りのものです」

変化を続ける家自分たちで家を造ることが生活の一部になっている

木工作家の高山英樹さんの家は、栃木県益子町の里山の自然に囲まれた土地に建つ。早春に目の前の水田に水が張られると景色は一変、湖畔に家が建っているような風景に変わる。家を見下ろす山桜の大木が打ち上げ花火のような花を咲かせ、秋には金色に輝く稲穂が風に揺れる。 「家は、窓から見える景色も大切な要素だと思っています。目の前が田んぼで日当たりがよくて、雨に煙る雨巻山や、遠く男体山を望めるこの場所がとても気に入りました。今から10年前、息子が小学校に上がる直前に、ここに越すことに決めました」 陶芸の街、益子には、他の土地にはない特別な空気感があるという。 「東京から移住してくる人が多いのですが、地元の人は移住組をいい意味で放っておいてくれるのがありがたいです。陶芸家の濱田庄司が益子で作陶するなど、芸術家が移り住んできた歴史がこの土地にあるからだと思います。そして移住してきた人たちそれぞれが、こだわりを持って自分の生活を大切にしているところも気に入っています」 プレハブならではの柱のない大空間。…

Pinterest
検索