ワインの生産量が多い国、消費量が多い国をランキング形式でまとめたインフォグラフィックです。ワインラバー向けに、ワインに使われている生産されて...

ワインの生産量が多い国、消費量が多い国をランキング形式でまとめたインフォグラフィックです。ワインラバー向けに、ワインに使われている生産されて... もっと見る

それぞれの国の料理や食材で作られた国旗シリーズ

それぞれの国の料理や食材で作られた国旗シリーズ

世界の国々にはそれぞれ、国を象徴する国旗が存在しており、そのデザインは非常にさまざま。今回はそんな国旗を、それぞれの国の料理や食材で作りあげたシリーズ作品を紹介したいと思います。

不思議の国のアリスのファンタジーな世界へようこそ

ふたりだけのLOVEエピソードを形にした、こだわり入魂のオリジナルウエディングケーキがずらりと勢揃い! 見返すたび幸せがよみがえるように、大好きなケーキにHAPPYをたくさん仕掛けて、記憶と写真に最高のスマイルを焼き付けよう。

インフォグラフィックス-infogra.me(インフォグラミー)

日本の一部地方から水揚げされた魚介類が放射性物質に汚染されていることで、韓国がその地方の海産物に対して行った輸入禁止措置が先日大きなニュースになりました。放射性物質が人体に与える影響に関しては様々な見解があり、そうした特殊な問題に突然直面してしまった私たち日本人は、それぞれの立場から困惑しています。 そんなときに、水産資源の持続可能性の問題なんて気にしてられるか! と言われそうですが、この本日1日だけでもこの国で多くの魚が消費されていくわけですし、海は繋がっていますから、他の国の人たちが日本の領海を心配するように、日本も世界の人々のために海とその資源のことを考えなくてはならないのです。 私たちが大好きなマグロも、世界的に依然として厳しい漁獲制限が続いています。かつて親魚を多く獲りすぎたため、再生産サイクルがうまくいかなくなったのです。現在ではマグロの資源量はわずかながら回復傾向にあるそうですが、ピーク時の1950年代後半には遠く及ばないとのこと。そして日本は相変わらず世界最大のマグロ消費国です。…

Recipe : あさりとクレソンの鍋/おだやかな昆布だしをアジアっぽいアレンジに #レシピ #Recipe

あさりとクレソンの鍋

【ELLE a table】あさりとクレソンの鍋レシピ|エル・オンライン / Japanese broth with clams and rice/glass noodles [recipe in Japanese (I guess?) , needs translator]

さまざまな国のテイストがミックスされた、大きなワンルーム本日よりスタートするインテリア連載vol.14。今回は、料理研究家、口尾麻美(くちおあさみ)さんのご自宅にお邪魔しました。世界各地を旅するのが大

ワンルームだからこそ!見た目重視の、便利なキッチンインテリア術

さまざまな国のテイストがミックスされた、大きなワンルーム本日よりスタートするインテリア連載vol.14。今回は、料理研究家、口尾麻美(くちおあさみ)さんのご自宅にお邪魔しました。世界各地を旅するのが大

丘をのぼって月の街へ【ソウル】 Run Run Jump★真夏の韓国へキターッ!~1 (ソウル)

丘をのぼって月の街へ【ソウル】 Run Run Jump★真夏の韓国へキターッ!~1 (ソウル) - 旅行のクチコミサイト フォートラベル

ソウルでのがりさんの旅行記です。初海外の旅で訪れてから1年2ヶ月、ついに再びの韓国の旅がはじまります♪今年の韓国旅のメインは大邱で開催される世界陸上の観戦!はたして再びの韓国で、今年はどんな出...

さまざまな国のテイストがミックスされた、大きなワンルーム本日よりスタートするインテリア連載vol.14。今回は、料理研究家、口尾麻美(くちおあさみ)さんのご自宅にお邪魔しました。世界各地を旅するのが大

ワンルームだからこそ!見た目重視の、便利なキッチンインテリア術

さまざまな国のテイストがミックスされた、大きなワンルーム本日よりスタートするインテリア連載vol.14。今回は、料理研究家、口尾麻美(くちおあさみ)さんのご自宅にお邪魔しました。世界各地を旅するのが大

さまざまな国のテイストがミックスされた、大きなワンルーム本日よりスタートするインテリア連載vol.14。今回は、料理研究家、口尾麻美(くちおあさみ)さんのご自宅にお邪魔しました。世界各地を旅するのが大

ワンルームだからこそ!見た目重視の、便利なキッチンインテリア術

さまざまな国のテイストがミックスされた、大きなワンルーム本日よりスタートするインテリア連載vol.14。今回は、料理研究家、口尾麻美(くちおあさみ)さんのご自宅にお邪魔しました。世界各地を旅するのが大

味わいはトロリと濃厚。 上品でクリーミーな味なので、食べやすく人気が高いチーズです。

おつまみに、おもてなしに。カマンベールチーズのおいしいレシピ集

チーズの女王とも呼ばれる「カマンベールチーズ」は、とろりとやわらかな食感とまろやかな風味で、本場フランスでも日本でも人気の高いチーズです。そのまま食べる以外にも、様々な食べ方、楽しみ方があるんです。もっと日常的に食卓に並べたくなる、カマンベールを使ったレシピをおつまみからメイン・デザートまでたっぷりとご紹介します。

寝るときの「姿勢」を意識するだけで、慢性的な症状は改善できるかも | TABI LABO

寝るときの「姿勢」を意識するだけで、慢性的な症状は改善できるかも

上品な味わいの「マスカルポーネチーズ」は、ティラミスだけでなく、さまざまなケーキに使用されています。あの濃厚なクリーミーさを冷蔵庫にあるもので再現できたら、手作りスイーツの質がグッと上がりますよね。用意するのは、牛乳、レモン汁、生クリームの3つです。これだけで、限りなくマスカルポーネに近い味を再現できちゃいます。鍋に牛乳600mlを入れて強火にかけ、沸騰直前で火を止め、レモン汁大さじ2を加え...

外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒントがギュッと詰まった料理が楽しめます。5月〜6月は、美しい自然が広がる「スイス」の家庭料理を味わえるんです。スイスの朝ごはん ¥1,500(税抜き)日本人なら、『アルプスの少女ハイジ』を思い浮かべる人も多いと思います。制作にあたって...

世界の朝ごはんを食べよう。5月〜6月は「スイス」!

外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒントがギュッと詰まった料理が楽しめます。5月〜6月は、美しい自然が広がる「スイス」の家庭料理を味わえるんです。スイスの朝ごはん ¥1,500(税抜き)日本人なら、『アルプスの少女ハイジ』を思い浮かべる人も多いと思います。制作にあたって...

イタリア料理にイタリアワイン、世界一を誇る世界遺産の登録数。今やイタリアと聞けば明るい国と思い浮かべると思いますが、実は現在に至るまで大変な歴史がありました。イタリアの歴史とはざっくり前半がローマの話、後半がイタリア統一と世界大戦の話、とわけられますが、共通しているのは「勝ったり負けたりを繰り返してきた歴史」

たぶんこれでマスターできる!イタリアの歴史

たぶんこれでマスターできる!イタリアの歴史 | wondertrip

日本は、一人当たりの卵消費量が世界で3番目に多い国。最も卵を食べる国は、一人当たり年間消費量352個のメキシコ。トルティーヤの上に卵とサルサを載せて煮込む朝食のメキシコ定番料理。

オムレツ、卵かけご飯、目玉焼きなど日本人が大好きな卵料理。 世界の人たちは、どのくらい食べているのでしょうか。今回のグラフィックスでは、世界の国での卵の消費量ランキングと共に世界の様々な卵料理も紹介しています。

いいね!220件、コメント25件 ― 花音✧*゜アイコン設定 迷走中さん(@hana87chan)のInstagramアカウント: 「2016.11.01 なんちゃって 北欧系  . 今日も100均コラボ ミニミニ額縁と北欧風柄のペーパーナプキンで #ブラパラ #北欧柄 #toy #食玩 #miniaturefood…」

220 Likes, 25 Comments - 花音✧*゜アイコン設定 迷走中😂 (@hana87chan) on Instagram: “2016.11.01 なんちゃって 北欧系 🌳🌲🌳 . 今日も100均コラボ ミニミニ額縁と北欧風柄のペーパーナプキンで #ブラパラ #北欧柄 #toy #食玩 #miniaturefood…”

昨年、空前のパクチーブームに沸いた日本。その多くはエスニック料理でしたが、そこから派生した豪快なオリジナルパクチー料理も次々登場。この好き嫌いが二分する魅惑のハーブは、古代ギリシャやエジプトなどでも古くから親しまれてきた食材、そこから世界各地に広く浸透していったのです。たとえば、南米ペルーもパクチーを美味しく食べる方法をよく知る国。これはパクチーをペースト状にしたペルーの煮込み料理「セコ」。...

パクチー香る「ほろほろ肉」でパクチストたちの心を鷲づかみ!

昨年、空前のパクチーブームに沸いた日本。その多くはエスニック料理でしたが、そこから派生した豪快なオリジナルパクチー料理も次々登場。この好き嫌いが二分する魅惑のハーブは、古代ギリシャやエジプトなどでも古くから親しまれてきた食材、そこから世界各地に広く浸透していったのです。たとえば、南米ペルーもパクチーを美味しく食べる方法をよく知る国。これはパクチーをペースト状にしたペルーの煮込み料理「セコ」。...

Pinterest
検索