ヴィーガンの朝ご飯レシピ

✿アボカドと豆腐のサラダわさびソース✿

✿アボカドと豆腐のサラダわさびソース✿

芯からしっかり温めて代謝UP!心身ともに安らぐ「野菜たっぷりスープ」レシピ3選 ・カリフラワーとパースニップのスープ ・バターナッツカボチャとココナッツのタイカレースープ ・さつまいもとほうれん草のピーナッツ・シチュー

温かいごはんで体の中からしっかり温まりたい今日この頃、日々の生活で不足しがちな野菜をふんだんに使用した「野菜たっぷりスープ」が食卓にあると嬉しい季節になりました。そして、せっかくカラダのことを考えてスープを作るなら“グルテン&乳製品フリー”のものがおすすめです。

こちらもお盆を使ったコーディネートです。栄養バランスも配膳のバランスも綺麗ですよね。ちなみに梅干しやらっきょうなどの漬物類は副々菜には含まれません。

日本人ならきちんと知っておきたい、正しい「和食の並べ方」

こちらもお盆を使ったコーディネートです。栄養バランスも配膳のバランスも綺麗ですよね。ちなみに梅干しやらっきょうなどの漬物類は副々菜には含まれません。 もっと見る

【和風ワンプレート】女子会・おうちカフェ♪おしゃれに見える盛り付けのコツ◎ | ギャザリー

自分で料理することが好きでいつかこんなお洒落な料理作ってみたい。

グリーンカレーのアジアンプレート。 |あ~るママオフィシャルブログ「毎日がお弁当日和♪」Powered by Ameba

毎日食べるおうちごはん。今日は何にしよう…栄養バランス大丈夫かななどと毎回頭を悩ませることも多いと思います。そんな時参考になるのが一汁三菜、栄養バランスもばっちりの定食メニューではないでしょうか?今回は、みんなも実践している、栄養バランスもばっちり、おなかも心も大満足な「おうち定食」をご紹介したいと思います♪

《冷めてももちもち☆豆腐ドーナツ》 by やんしゃん [クックパッド]  ホットケーキミックス 200g 豆腐150g 砂糖適量 http://cookpad.com/recipe/395894

冷めてももちもち☆豆腐ドーナツ♪

《冷めてももちもち☆豆腐ドーナツ》 by やんしゃん [クックパッド] ホットケーキミックス 200g 豆腐150g 砂糖適量 http://cookpad.com/recipe/395894

春野菜のワンプレートランチ

西野椰季子さんのブログ「西野椰季子のマクロビオティックレシピ」です。最新記事は「日常の中に花見の華やかさを。」です。

え?砂糖も小麦粉も使わない!?簡単&ヘルシーなシンプルパンケーキレシピ | by.S

バナナと卵だけで! パンケーキ

うそみたい、バナナと卵 材料 バナナ 1本 卵 2こ 作り方 1 よく熟れたバナナをフォークでしっかり潰します。 2 卵を加えてよーくよーくかき混ぜます。フライパンで焼いたらあら不思議、パンケーキ 《my覚書:お弁当のデザートに作って持ってこ♪良いかも!♪》《my覚書②: クリームチーズ (キリのクリームチーズ個装のもの2個)が残ってたから常温に戻して、バナナをちょっとレンチンして温めたところにクリチを入れて、後はレシピ通りに、ほんと よーくよーく混ぜて焼いてみた。これまた美味かった〜❤︎ ただ、バナナとクリームチーズを混ぜた後は冷め切ってしまうと、部分部分、固まり始めてしまうので、冷めきる前に卵を入れて混ぜないと 混ざりにくくなっちゃった…ᐠ( ᐝ̱ )ᐟ マスカルポーネ入れても美味そ❤︎》

材料たった3つだけ。究極に簡単なノンシュガー・ジェラートの作り方2種。  …【究極に簡単なジェラートその2。美肌の見方!ベリーベリージェラート】レモンやグレープフルーツなどの柑橘類やキウイには「ソラニン」という紫外線の吸収を促進してしまう成分が含まれているので、 朝食べるとシミやしわの原因になるというのはアンチエイジング界(笑)では有名ですよね。 一方、ベリー類やにんじんやスイカなどの「赤い食べ物」は、 豊富なポリフェノールやアントシアニンが紫外線でダメージを受けた肌の修復に効果を発揮します。 【材料】・冷凍したバナナ 大1本(なるべく黒い斑点が出るまで熟したバナナを凍らせてください。)・ブルーベリー、ラズベリー、いちごなど冷凍のベリー類 たっぷりひとつかみ・ココナッツオイル(またはオリーブオイルやココナッツバターでもOK) 大さじ1〜2【作り方】 1、完熟バナナは皮をむいてから一晩凍らせておく。他のベリー類も凍らせて。2、材料をすべてフードプロセッサにかけて、なめらかなソフトクリーム状にして出来上がり。

いよいよ暑さもピークを迎え、みなさんそろそろ冷たいものの飲み過ぎ、 甘いアイスクリームの食べ過ぎで、むくみやお肌の調子が悪くなってくる頃ではないでしょうか? 私はというと、 甘いものを食べると必ず胃腸の反射区である「あごの上」に吹き出物が出てきます。 そして、だるさを感じてきます。 体は摂りすぎた砂糖を排出しようと、いろいろなサインとなって体に現れてきます。 とにかく、市販のアイスクリームは甘すぎる。 いくらオーガニックのアイスクリームを選んだとしても、甘味料の量はとても多い。 そして乳化剤・安定剤などの添加物も必ず入ってくる。 そもそも冷たいもので胃腸に負担をかけるわけですから、 どうしても夏は、内臓もお疲れ気味になってきますよね。 今回は、なるべく体に負担をかけないアイスクリームの作り方。 砂糖も卵も牛乳も豆乳もいらない、クリーミーでや穏やかな甘さのジェラート2種をお教えします。 材料はたった3つだけ! 作業時間1分で食べられます。 作ってみたーい!と思った方、 えと、作ってみて。 冷凍ストックした果物さえあれば、「食べたい!」と思った瞬間にできます!…

朝ごはんの昆布レモン和え|ありあわせの野菜を大根おろしと塩昆布、レモン果汁で和えるだけなのですが、さっぱりしておいしいのです。今日は茹でたもやしと切り干し大根、千切りセロリを和えました。余談ですが、セロリの芳香成分は消化を促したり、胃腸を整えたり、精神安定にもいいそうですよ。

毎月第二土曜日は庄司自身のクラス。 その時々で気になるテーマを取り上げていますが、6月講座は、好評テーマ、『野菜の基本おかず』レッスンです。 これから料理を…

Pinterest
検索