asiba4

洗面のミラーは、この物件の顔でもある「丸窓」に合わせた丸型ミラー。黒の洗濯機もオシャレに馴染み、生活感を感じさせていない。 専門家:株式会社 空間社が手掛けた、洗面・ユーティリティー(ヴィンテージマンションで渋カッコよく暮らす – circle -)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

築43年のマンションをモダンに進化させた、スマート・リノベーションミッドセンチュリーテイストのただようこちらのお住まいは、築43年のヴィンテージ・マンション。素…

株式会社ロフトのオフィシャルウェブサイトです。

「東京リノベ」のリノベーション事例「壁式構造のマンションでも叶う モルタル床に光を取りいれた、素材を楽しむ上質リノベーション」

音楽関係の仕事をされているご夫婦が住む、広いルーフバルコニーが特徴的なヴィンテージマンションです。立地や眺望を気に入り購入されたのですが、北側に集約された光の届かない暗いトイレや浴室をなんとかしたいという事で今回のリノベーションが始まりました。photo:KentaHasegawa[[company_board:tokyo_r]]壁構造のリノベーションで光る、採光と通気性が自由に行きかう工夫壁式…

戸塚の家 | 東京のリノベーションと新築ならエキップへ

東京都港区で建築設計/不動産仲介のエキップ。住宅のプロによる不動産紹介やハイグレード / ヴィンテージマンションのリノベーション。

昔の学校の雰囲気に 料理研究家・小堀紀代美さんが暮らすのは、都心にあって落ち着いた佇まいを見せるヴィンテージマンション。 「引っ越しが多いのですが、ここ数年は古い低層マンションが落ち着く気分になっていて。ここは築40年経っていますが、自由に直してよい、ということだったので入居しました」。 床、壁を張り替え、キッチンの一部を壊してリフォーム。 「もともと好きで持っていたヴィンテージの家具とも合うようにコーディネートしました」。 料理教室のアトリエとしているダイニングは、昔の学校をイメージして。バウハウスで使われていたデッサン机、インドネシアの扉が加工されたダイニングテーブル…。経年の味わいを感じさせるインテリアに調和する空間を目指してリメイクした。 外国人も多く暮らすヴィンテージマンション。繁華街に近いのに静謐な空気感が漂う。フィラメントがレトロな白熱電球はロフトで購入。 料理教室で作業台として使っているのは、ドイツのバウハウスのデッサン机。美術教室のような雰囲気が面白い。 床は学校風の市松張りなど色々と考え、自分でアレンジ。規則的でリズミカルなところが、部屋のアクセントに。…

昔の学校の雰囲気に 料理研究家・小堀紀代美さんが暮らすのは、都心にあって落ち着いた佇まいを見せるヴィンテージマンション。 「引っ越しが多いのですが、ここ数年は古い低層マンションが落ち着く気分になっていて。ここは築40年経っていますが、自由に直してよい、ということだったので入居しました」。 床、壁を張り替え、キッチンの一部を壊してリフォーム。 「もともと好きで持っていたヴィンテージの家具とも合うようにコーディネートしました」。 料理教室のアトリエとしているダイニングは、昔の学校をイメージして。バウハウスで使われていたデッサン机、インドネシアの扉が加工されたダイニングテーブル…。経年の味わいを感じさせるインテリアに調和する空間を目指してリメイクした。 外国人も多く暮らすヴィンテージマンション。繁華街に近いのに静謐な空気感が漂う。フィラメントがレトロな白熱電球はロフトで購入。 料理教室で作業台として使っているのは、ドイツのバウハウスのデッサン机。美術教室のような雰囲気が面白い。 床は学校風の市松張りなど色々と考え、自分でアレンジ。規則的でリズミカルなところが、部屋のアクセントに。…

ツェツェ・アソシエのキッチンラックを壁に取り付けた。吊り戸棚の圧迫感がなく、ディスプレイ感覚で楽しい。

ツェツェ・アソシエのキッチンラックを壁に取り付けた。吊り戸棚の圧迫感がなく、ディスプレイ感覚で楽しい。

DK STYLE すくすくリノベーションvol.7 | 東京のリノベーションと新築ならエキップへ

東京都港区で建築設計/不動産仲介のエキップ。住宅のプロによる不動産紹介やハイグレード / ヴィンテージマンションのリノベーション。

聞きたいのは生の声!今回はリノベりすの「リノベ会社紹介」をご利用いただき、女性建築家さんとリノベーションをされた方の声をお届けします。■家族構成N様夫妻2人暮らし■東京都■70.32㎡、2階部分■当初の予算400万円→実施した費用418万円<工事費:380万円+設計・監理費:38万円(工事費の10%)>※施主支給含まず■間取り:3LDK→2LDK+クローゼットルーム■依頼した会社:+Marchi…

聞きたいのは生の声!今回はリノベりすの「リノベ会社紹介」をご利用いただき、女性建築家さんとリノベーションをされた方の声をお届けします。■家族構成N様夫妻2人暮らし■東京都■70.32㎡、2階部分■当初の予算400万円→実施した費用418万円<工事費:380万円+設計・監理費:38万円(工事費の10%)>※施主支給含まず■間取り:3LDK→2LDK+クローゼットルーム■依頼した会社:+Marchi…

郊外のヴィンテージマンションに暮らす インテリアセンスが光る 緑の中のリノベーション住居 | ToKoSie ー トコシエ

郊外の小高い丘の上に建つ築約40年のヴィンテージマンション。ここを購入したいと滝沢さんはずっと考えていた。「友人が別の部屋に住んでいて知っていたので。色々な条件にぴったりだったし、内井昭蔵さんの建築も気に入っていました」。と夫の時雄さん。 内見はたった1回、1時間弱。「どうせスケルトンにするのだし、中はあまり気になりませんでした。自分の中で新たに創り上げる空間がイメージできていたんです」。リフォーム会社は色々調べ、いちばん自由が利きそうだったHandi House Projectに依頼。和室のあった2LDKを取り壊し、ベッドルームだけが独立した1LDKにリノベーションした。 「セオリーを無視してやりたいようにやりたかったんです。きれいに作り込むよりも徐々に風合いが出て行くのがいいなと思いましたね」。そう語る空間は、無垢材のナチュラルな床に真っ白な壁、アンティークのドアが、美しくもあり温かさも感じさせる。「隙がないのは嫌ですが、手作り感が行き過ぎるのも…。適度な感じがいいと思いました」。…

Kamikomachi House、マンションリノベーション事例。土間のあるヴィンテージマンション。さいたま市大宮区にあるヴィンテージマンションの1室をフルリノベーション。 2DKの間取りをスケルトンにし、広いLDKと土間を設けたエントランスと水回りを配置しました。空間を緩くつなげるアイアンの室内窓で開放的なLDKとしています。

Kamikomachi House、マンションリノベーション事例。土間のあるヴィンテージマンション。さいたま市大宮区にあるヴィンテージマンションの1室をフルリノベーション。 2DKの間取りをスケルトンにし、広いLDKと土間を設けたエントランスと水回りを配置しました。空間を緩くつなげるアイアンの室内窓で開放的なLDKとしています。

Pinterest
検索