葛飾応為(おうい)   夜桜美人図     余の美人画は、お栄に及ばざるなり   お栄は巧妙に描きて、よく画法にかなえり    美人画にかけては応為には敵わない   応為は妙々と描き、よく画法に適っている 葛飾北斎

北斎の娘「葛飾応為」が描いた『光の浮世絵』江戸のレンブラントと称され、父の才能を受け継ぐ幻の作品たち

夜桜美人図 12811_03 出典:葛飾応為《夜桜美人図》抒情と科学の暗闇 メナード美術館蔵 白く石灯籠の明かりが娘の顔や手元や桜を浮かび上がらせ、着物の朱を足元の雪見灯籠の小さな明かりが照らす。白い点描に加え、淡い藍や紅を一点二点と描き加え、夜空の星の明るさの等級の違いを表わすために、5種類くらいの描き分けが見られる。

窓の家―仕様・設備|無印良品の家

無印良品の家「窓の家」は絵画を見るように風景を窓で切り取り、暮らしと風景と家族をつなぎます。家族構成や暮らし方に合わせて「永く使える、変えられる」家です。

葛飾応為(Katsushika Ohi)  月下砧打ち美人図

北斎の娘「葛飾応為」が描いた『光の浮世絵』江戸のレンブラントと称され、父の才能を受け継ぐ幻の作品たち

『grape [グレイプ]』は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツを動画・画像を中心にお届けするメディアです。あなたが出会うことがなかったかもしれない素晴らしいコンテンツを厳選してご紹介します。

ヨハネス・フェルメール『天文学者』 1668年 Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / René-Gabriel Ojéda / distributed by AMF - DNPartcom|六本木の国立新美術館|2015年2月21日から

フェルメール『天文学者』日本初公開、欧州風俗画の歴史を辿る『ルーヴル美術館展』

ヨハネス・フェルメール『天文学者』 1668年 Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / René-Gabriel Ojéda / distributed by AMF - DNPartcom|六本木の国立新美術館|2015年2月21日から

レンブラントの行方不明絵画がオークションで発見

長い間行方不明となっていたレンブラントの絵画がオークションで発見された。

Title: 唐獅子図 by 葛飾応為

北斎の娘「葛飾応為」が描いた『光の浮世絵』江戸のレンブラントと称され、父の才能を受け継ぐ幻の作品たち

唐獅子図(1844年) この鮮やかで力強い浮世絵。真ん中の獅子は父・葛飾北斎の作、周りの花を描いたのはその娘・葛飾応為。そう、唯一無二の天才2人による親子合作です。完成したのは、北斎が死ぬ5年前、83歳のとき。 幕末・明治に活躍する新世代が力をつけるなか、旧世代・北斎と新世代・応為は、お互いになにを想って合作したのか?興味はつきません。

ティツィアーノ、クラーナハ、ルーベンス、ヴァン・ダイク、レンブラント、スルバラン、フラゴナール…。エルミタージュ美術館の中核をなすオールドマスターの傑作が一堂に介します。芳醇で重厚、繊細で優美。西洋絵画の王道ともいえる珠玉のコレクションをお見逃しなく!

大エルミタージュ美術館展 | オールドマスター西洋絵画の巨匠たち | エルミ2017

Pinterest
検索