2階の4畳半のキッチン。シンク前の一部以外は畳ばり。

古きよき千駄木の家ゆったりと時間が流れるオール畳のレトロハウス

「谷根千」に帰ってきた 週末には下町の魅力を求めてやってくる観光客で賑わう千駄木。大通りから脇道に入ると、まるで昭和にタイムスリップしたかのような路地があった。道の両側には築50〜60年は経っているであろう家が立ち並び、古い家を大切にしている人々の息づかいが感じられる。 設計と大工施工を総合して請け負う建築事務所「鯰組」の広報を務める堀田智子(さとこ)さんは、5年ほど前からこの一角に一軒家を借りて住んでいる。 「『谷根千』エリア(文京区から台東区・荒川区にかけて位置する谷中、根津、千駄木周辺地区)に惹かれるんです。私は15年程前も根津に部屋を借りていて、その後山梨に10年暮らしました。5年ほど前、東京に戻ってくることになったときに、真っ先にまた『谷根千』に住みたいと思ったんです」と堀田さんは話す。 昔の姿のままがいい…

リフォーム・リノベーション会社:スタイル工房「H邸・家族の笑顔にあふれる快適な住まい」

チェッカーガラスの窓でおうちをレトロかわいい雰囲気にするコツ

新築も検討してみたものの、好みのイメージの物件に出会うことができなかったというHさん夫妻。リノベーションに心が傾き始めた頃、住み慣れた街に見つけたのが築11年のマンションだ。立地条件も予算面も理想的な物件で、リノベーション前提で購入に至った。Hさん夫妻はリノベーションで、手持ちの木製家具が映えるようなナチュラルな住まいにしたいと考えた。そこで相談を持ちかけたのが、自然素材を多く用いたリノベーショ…

近代的な物に囲まれた生活は便利でとても機能的ですが、なんだか大切なことを忘れていそう…ゆっくりでちょっと不便だけど毎日を大切に過ごす!そんなシンプルな生活を過ごすのはいかがですか?今回は1つの物を長く大切に使う!そんな生活をしていた時代「昭和」のレトロなキッチンをご紹介します。

女性で、1DK、一人暮らしの3Coins/賃貸/一人暮らし/DIY/レトロ/家電…などについてのインテリア実例を紹介。「何年も探していた冷蔵庫を近所のリサイクルショップで見つけたときの感動は今でも忘れられない(笑)」(この写真は 2015-04-29 21:44:58 に共有されました) もっと見る

昭和がおしゃれ♡家事が楽しくなるレトロなキッチン特集! | folk

sayo.さんの、インスタ→xsayo.xです♡,とことんレトロにしたい,昭和キッチン,ドライフラワー,vintage,賃貸,男前化計画,ニトスキ,ディスプレイ,団地,megさんのミトン,レトロ,セリア,ニトリ,男前,賃貸でも楽しく♪,DIY,rkmamaちゃん♡,81組,ダイソー,セリアリメイク,リメイク,壁紙屋本舗,しゃれとんしゃあ会,のお部屋写真

1948年にイタリアで生まれ、今や世界中にファンを持つ業務用キッチン用品を扱う会社の SMEG ( スメグ ) 社 。 代表的な冷蔵庫の他に、ミキサーや食洗機、洗濯機など幅広い家電を生産している老舗ブランドですが、中でも …

憧れ ! イタリア生まれ Smeg( スメグ )社の冷蔵庫、おしゃれなキッチンまとめ18選

憧れ ! イタリア生まれ Smeg( スメグ )社の冷蔵庫、おしゃれなキッチンまとめ18選 - VIP WORKS

spaceのデザイン:昼のダイニングキッチン3をご紹介。こちらでお気に入りのspaceデザインを見つけて、自分だけの素敵な家を完成させましょう。

Spaceの写真: 昼のダイニングキッチン3

Spaceの写真: 昼のダイニングキッチン3 | homify

モルタルの天板には白いホーローシンクとレトロな六角形タイルを合わせた。

WORKS マンション事例|リノベーションやコンバージョンならアートアンドクラフトへ!|大阪~阪神間

調理道具は竹にひっかけて“見せる収納”にしている。

古きよき千駄木の家ゆったりと時間が流れるオール畳のレトロハウス

「谷根千」に帰ってきた 週末には下町の魅力を求めてやってくる観光客で賑わう千駄木。大通りから脇道に入ると、まるで昭和にタイムスリップしたかのような路地があった。道の両側には築50〜60年は経っているであろう家が立ち並び、古い家を大切にしている人々の息づかいが感じられる。 設計と大工施工を総合して請け負う建築事務所「鯰組」の広報を務める堀田智子(さとこ)さんは、5年ほど前からこの一角に一軒家を借りて住んでいる。 「『谷根千』エリア(文京区から台東区・荒川区にかけて位置する谷中、根津、千駄木周辺地区)に惹かれるんです。私は15年程前も根津に部屋を借りていて、その後山梨に10年暮らしました。5年ほど前、東京に戻ってくることになったときに、真っ先にまた『谷根千』に住みたいと思ったんです」と堀田さんは話す。 昔の姿のままがいい…

ヴィンテージな和風然としたキッチンも、なぜか今風に見えてしまうから不思議。

明治の建築に暮らす海とカラクリを楽しむ築134年、床面積147.87㎡の家

明治12年に建てられた古民家。暮らすのは庭師であり木工作家の白倉祥充さん、陶芸家のえみさん夫妻。ここは生活の場であり、ギャラリーでもある。

先ほど白いタイルでもご紹介した、台形と三角形の組み合わせ。 ブルーのタイルを使うと、こんなにも雰囲気がかわります。 目地の白さとのコントラストもキレイですね!

上品でちょっとレトロ。キッチン×タイルの素敵な関係

これからお家を立てる人、リフォームしたいなと思っている人、今のお家をちょっと変えたい・・という人にぜひみて欲しい、素敵なタイルのあるキッチンをご紹介します☆ DIYで真似できちゃうものもあるので、参考にしてみてくださいね♪

瀬戸市にて完成現場見学会を開催致します。 【OPENHOUSE】 ■日程:1/28(SAT)、1/29(SUN) ■時間:10:00〜17:00 外観は2色のタイルを貼り分けたボックス型のシンプルデザイン。キッチン腰壁のナラのウッドパネルやタイル、濃いグレーのアクセントクロス、少しレトロなペンダントでアクセントを加えたシンプルなカフェ風インテリア。リビングの折り上げ天井や間接照明など、こだわりいっぱいの内装です。 ※こちらのお住まいのご見学は完全予約制とさせていただきます。見学ご希望のお客様は下記までお電話いただくか、クラシスホーム豊田店までお越しください。 【お問い合わせ】 TEL:0565-42-7296クラシスホーム豊田店 #クラシスホーム #オープンハウス#瀬戸市#マイホーム#注文住宅#新築#一戸建て#タイル#間接照明#ナラ#折り上げ天井

82 Likes, 1 Comments - クラシスホーム (@clasishome) on Instagram: “あま市中萱津にて完成現場見学会を開催致します。 【OPENHOUSE】 ■日程:1/23(MON),1/24(TUE) ■時間:10:00〜20:00…”

大人っぽさとレトロさをミックスした開放的なおうち

大人っぽさとレトロさをミックスした開放的なおうち 茨城で注文住宅を建てるエフリッジホームの写真集です。自然素材を活かした、ナチュラルでおしゃれな家をぜひご覧ください。

ブルーのタイルは、こんなにさわやか! 夏の暑い日も、なんだか涼しくお料理ができそうです♪ タイルの表情も素敵ですね。

上品でちょっとレトロ。キッチン×タイルの素敵な関係

ブルーのタイルは、こんなにさわやか! 夏の暑い日も、なんだか涼しくお料理ができそうです♪ タイルの表情も素敵ですね。 もっと見る

レトロなカフェを思わせるダイニングソファー。

レトロなカフェを思わせるダイニングソファー。 - ソファーで【10%OFFクーポン対象D946】フェイクレザーダイニングソファーを販売する千趣会 ベルメゾンの通販カタログ商品のオンラインショップ。 常時3万点以上の豊富な品揃え。お買い物でポイントも貯まってとってもお得。

キッチンのタイルには平田タイルの「オールドフランセ」でレトロな雰囲気に。

住まいを自由にリノベーションをした事例をたくさんの写真で見ることができます!

Pinterest
検索