カフェ風ダイニングキッチン/造作収納/ニッチ/ダイニング/ダイニングキッチン/キッチン/ダイニングテーブル/ダイニングチェア/ペンダント照明/インテリア/ナチュラルインテリア/注文住宅/施工例/ジャストの家/diningroom/kitchen/diningkitchen/interior/house/homedecor/housedesign

カフェ風ダイニングキッチン/造作収納/ニッチ/ダイニング/ダイニングキッチン/キッチン/ダイニングテーブル/ダイニングチェア/ペンダント照明/インテリア/ナチュラルインテリア/注文住宅/施工例/ジャストの家/diningroom/kitchen/diningkitchen/interior/house/homedecor/housedesign

キッチンカウンターにワークスペース的な。モノを置いてしまいそう。それが目立ちそう。

キッチンカウンターにワークスペース的な。モノを置いてしまいそう。それが目立ちそう。

ニッチ/飾り棚/インテリア/ナチュラルインテリア/注文住宅/施工例/ジャストの家/niche/interior/house/homedecor/housedesign

ニッチ/飾り棚/インテリア/ナチュラルインテリア/注文住宅/施工例/ジャストの家/niche/interior/house/homedecor/housedesign

片付く収納

片付く収納

間取り 33坪

間取り 33坪

クリックすると新しいウィンドウで開きます

クリックすると新しいウィンドウで開きます

10畳程度のリビングにモダンアジアン家具をレイアウトして少しリゾート風な雰囲気にしてみました。モダンアジアン家具でコーディネートしたリビング

10畳程度のリビングにモダンアジアン家具をレイアウトして少しリゾート風な雰囲気にしてみました。モダンアジアン家具でコーディネートしたリビング

21m² 1Kアパート(5畳)  今回は5畳の部屋なので圧迫感のあるベッドは置かず、敷布団スタイルでコーディネートしています。 やはり大きな家具が無いとレイアウトの自由度が高く色々な配置を試したくなります。 またロースタイルでまとめているので、ラグなどで床にクッション性を持たせておいたほうがいいですね。 畳ならその必要もないですが、、、部屋の奥、布団を敷く位置にだけ畳を置いても面白そうです。 今回のインテリアはモダンアジアンな家具を扱われているaflatさんを参考にさせて頂きました。 下記にリストアップしておきますので、興味のある方はぜひショップを訪れてみて下さい。9畳ワンルーム

21m² 1Kアパート(5畳) 今回は5畳の部屋なので圧迫感のあるベッドは置かず、敷布団スタイルでコーディネートしています。 やはり大きな家具が無いとレイアウトの自由度が高く色々な配置を試したくなります。 またロースタイルでまとめているので、ラグなどで床にクッション性を持たせておいたほうがいいですね。 畳ならその必要もないですが、、、部屋の奥、布団を敷く位置にだけ畳を置いても面白そうです。 今回のインテリアはモダンアジアンな家具を扱われているaflatさんを参考にさせて頂きました。 下記にリストアップしておきますので、興味のある方はぜひショップを訪れてみて下さい。9畳ワンルーム

一人暮らしの5畳正方形ワンルームをアジアンモダンにコーディネート 実例4

一人暮らしの5畳正方形ワンルームをアジアンモダンにコーディネート 実例4

まずは外見から美しいこのプレハブハウスは、その外見だけが特徴ではありません。 なんと「部屋のレイアウトを自由に変更できる」というスグレモノ。 家全体は32平米ですが、内部のフロアは1.5mの正方形でグリッド上に分割されています。 そして軽量なパネルで出来た仕切りで自由に部屋を作れるという仕組み。 えー、すごい。 これだったら部屋の模様替えだけでなく簡単に内部のレイアウトを変えることができますね。 自分だけのワーキングスペースを作ったり、ホームパーティーのためにリビングを広くしたり、気分次第で部屋を変えれてしまうってなんだか楽しそう! ちなみに側面の窓枠も同じ仕切りのパネルで壁に変更することも出来るそうです。 どこまでもフレキシブル! デザイン性、機能性を備えたなんともカッコイイ家です。 ちなみに値段は42000ユーロ(約600万)だそうです。 よくよく考えてみれば、昔の日本家屋もこの家と同じように、障子で仕切られたフレキシブルな造りだったんですよね。 言い換えればこの家は現代版日本家屋とも言えるかな? Via : SMALL HOUSE BLISS

まずは外見から美しいこのプレハブハウスは、その外見だけが特徴ではありません。 なんと「部屋のレイアウトを自由に変更できる」というスグレモノ。 家全体は32平米ですが、内部のフロアは1.5mの正方形でグリッド上に分割されています。 そして軽量なパネルで出来た仕切りで自由に部屋を作れるという仕組み。 えー、すごい。 これだったら部屋の模様替えだけでなく簡単に内部のレイアウトを変えることができますね。 自分だけのワーキングスペースを作ったり、ホームパーティーのためにリビングを広くしたり、気分次第で部屋を変えれてしまうってなんだか楽しそう! ちなみに側面の窓枠も同じ仕切りのパネルで壁に変更することも出来るそうです。 どこまでもフレキシブル! デザイン性、機能性を備えたなんともカッコイイ家です。 ちなみに値段は42000ユーロ(約600万)だそうです。 よくよく考えてみれば、昔の日本家屋もこの家と同じように、障子で仕切られたフレキシブルな造りだったんですよね。 言い換えればこの家は現代版日本家屋とも言えるかな? Via : SMALL HOUSE BLISS

Pinterest
検索