将来は自宅でカフェを開く、おもてなしの家の部屋 リビング

ナチュラルテイストな外観。自転車の妻飾りが可愛い印象です。 専門家:SPACE LABが手掛けた、玄関ポーチ(将来は自宅でカフェを開く、おもてなしの家)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

敷地の広さを活かした家・間取り(三重県) | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

敷地の広さを活かした家・間取り(三重県) | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

太田の家 | 株式会社SYNC

校舎がみえる家: toki Architect design officeが手掛けたキッチンです。

キッチンの写真: 校舎がみえる家

木目調のキッチンのデザイン:をご紹介。こちらでお気に入りのキッチンデザインを見つけて、自分だけの素敵な家を完成させましょう。

“家づくりを楽しもう” 住まいの写真で人をつなぐ新感覚ソーシャルネットワーク

Yahoo! JAPANのメールサービス。大容量のメールボックスや、迷惑メール対策機能を用意。パソコンやスマートフォン、携帯電話でも便利に使えるヤフーメール(無料)です。

リフォーム・リノベーション会社:湘南リフォーム「二世帯を楽しむ家」

絶対に真似したくなる!キッチン収納術8選

二人で作業するのも十分な広さのキッチン。<br /> お母様も取り出しやすいように吊戸棚は、昇降式のものを採用しました。<br /> 人大のカウンターは、シンクまでひとつながりでお掃除もラクラク。<br /> ガラストップコンロに食洗機と、機能も充実したキッチンです。<br /> 家電は、LD側から見えないところへ配置して、すっきりとした空間になりました。 専門家:湘南リフォームが手掛けた、キッチン(二世帯を楽しむ家)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

ステンレスキッチン/ネイチャー×SSキッチン(クリナップ)

ネイチャー×SSキッチン(クリナップ)事例清潔に保つことができるクリナップのオールステンレスキッチン「S.S」を、足元を黒のシックなタイルで落ち着かせ、どことなく和の自然な風土を感じさせる空間に、浮き立つことなくしっくりと配置させました。背面には大容量の木製の食品棚とパントリーを作りつけて、全ての品物を収納できるようにプランニングしてあります。 | キッチンリフォームなら、東京・大阪・横浜・京都・埼玉・神戸・千葉などで施工可能な横田満康建築研究所へご相談下さい。東京などの地域でキッチンリフォームのご要望にお応え致します。

koudaiです。大好評(?)のオガスタキッチンまとめシリーズの続編です。最近L型キッチンが続いたので、まとめておきます。L型キッチンとは、L字型に設置されたキッチンのことです。◎山木戸の家B ウッドワンのL型タイプ シンクは、リビング方向を向いています。L型という

koudaiです。大好評(?)のオガスタキッチンまとめシリーズの続編です。最近L型キッチンが続いたので、まとめておきます。L型キッチンとは、L字型に設置されたキッチンのことです。◎山木戸の家B ウッドワンのL型タイプ シンクは、リビング方向を向いています。L型という

建築家:新井敏洋「木造耐火構造の町屋」

独立型キッチンのメリット・デメリット教えます!

防火地域にある住まいの玄関。 玄関ドアは延焼ラインを避け木製としています。 少し奥に入口を設けることで、傘のたたみ場をつくりガレージからも濡れずに済む。 なによりこの奥行きが住まいを上質なものとしている。 また、来客を迎え街に潤いを与える植栽は何より大切と考える。 自然の変化を見ているだけで楽しい。 シンボルツリーは...

『無垢扉のキッチン』ウッドワン”スイージー” キッチン紹介シリーズPART5 (注文住宅 HaScasa(ハスカーサ) 営業スタッフ ブログ)

『無垢扉のキッチン』ウッドワン”スイージー” キッチン紹介シリーズPART5 (注文住宅 HaScasa(ハスカーサ) 営業スタッフ ブログ)

2家事コーナー

2家事コーナー

【楽天市場】カップボード Panasonic (パナソニック) Lacucina(ラクシーナ)W2740mm フルワイドカウンター 扉グレード40:激安住設リフォームの新建

【楽天市場】カップボード Panasonic (パナソニック) Lacucina(ラクシーナ)W2740mm フルワイドカウンター 扉グレード40:激安住設リフォームの新建 もっと見る

奥さんがクローズなつくりにして良かったというキッチン。幅が狭いため親密感の感じられる空間になっている。

東京という森に浮かぶひとつの船陰影と質感にこだわってつくり上げた“静かな家”

一際目を引く寡黙な外観 竣工後1年に満たないM邸にお邪魔した。場所は、東急東横線の駅から歩いて10分ちょっと。近くには幹線道路が走るが、周囲にはそのような立地を感じさせない閑静で落ち着いた佇まいの家並みが続く。 M邸のグレーの外壁はモルタル色粉入りしごき材仕上げ。手前の開口のない壁の左右に、それとはそれぞれ高さの異なる壁が少し奥まって立っている。この寡黙でフラットな壁面に対して、道路際に立つ表札のかかげられた塀は、薄くスライスされた石材を重ねた、質感へのこだわりを感じさせるデザインが対照的だ。 陰影のある家 玄関を入って1階の中庭のあたりにまで進むと、心地良い静けさと質感がすぐさま肌にまで浸透してくるかのよう。さきほどの外壁や塀の仕上げは、この心地良さを予告していたようにも感じられる。 しっとりと落ち着いたその空気感は、階により濃淡をもちながらこの家の大きな特徴になっている。 この空気感をつくり出すのに大きく寄与しているのが、室内のそこここにつくりだされている陰影である。 Mさんは、明るすぎる家は嫌だったと話す。…

キッチン・棚、床の感じ-あめいろ工務店(熊本)

ロフト付き平屋,LOAFERの物件実例ページです。埼玉県のヴィンテージヴァリューの物件です。カフェ+アンティークな可愛い内観は、女性必見!別荘の様な広い庭と、3連窓、ウッドデッキの組み合わせは、カフェ好きな女性やアンティークが好きな方に人気です。

Pinterest
検索