インテリアコーディネート リビングルーム

インテリアコーディネート リビングルーム

男性で、3LDKのリビング/多肉植物/西海岸風/WTW/ロンハーマン/壁板貼り…などについてのインテリア実例を紹介。「リビングのソファのあるこの空間、凄く気に入ってるのでせっかくなんで参加してみました!(≧∇≦)レザーのソファは探し回った結果、ACTUSの物が1番革の色や質感が気に入って購入。アームレストが太くてマクラにしたら気持ち〜のが決めてでした!(笑)奥のGE290はフレームの形状と何よりクッションの色にヤラれて唯一引越し前に購入していた家具です!壁の色、完全にコレに合わせました!(^^)」(この写真は 2015-03-09 12:39:29 に共有されました)

Lounge/多肉植物/西海岸風/WTW/ロンハーマン/壁板貼り…などのインテリア実例 -2015-03-09 12:39:29

男性で、3LDKのリビング/多肉植物/西海岸風/WTW/ロンハーマン/壁板貼り…などについてのインテリア実例を紹介。「リビングのソファのあるこの空間、凄く気に入ってるのでせっかくなんで参加してみました!(≧∇≦)レザーのソファは探し回った結果、ACTUSの物が1番革の色や質感が気に入って購入。アームレストが太くてマクラにしたら気持ち〜のが決めてでした!(笑)奥のGE290はフレームの形状と何よりクッションの色にヤラれて唯一引越し前に購入していた家具です!壁の色、完全にコレに合わせました!(^^)」(この写真は 2015-03-09 12:39:29 に共有されました)

土間リビングの家 | 有限会社FCDの実績 | SuMiKa

土間リビングの家 | 有限会社FCDの実績 | SuMiKa

商店だった建物を大改装倉庫を改装したロフトのようなクールな空間にリノベーション

商店だった建物を大改装倉庫を改装したロフトのようなクールな空間にリノベーション

「スタイルのある家と暮らし」をテーマに情報発信する『100%LiFE』。クリエイティブな感性で暮らしと空間を楽しむ人たちのライフスタイルメディアとして2012年にスタート。お馴染みのウェブマガジンの他、スマートフォン向けのNewsstand版も人気です。 毎週、個性的な戸建て住宅を紹介。人気建築家の最先端の設計から、他人の手を借りずDIYで仕上げたオリジナル空間、築数十年の日本家屋のリフォームまで、ほんとにいろいろ。 そんな中で『100%LiFE』に集う読者の方々は、どんな家、どんな暮らしに興味を持っているのでしょうか。2015年の年間ランキングを公開です。 第1位 湘南のサーファーズハウス 海を気持ちよく楽しめる カリフォルニアスタイルの家 サーフィンを愛する家主がサーファーである建築士に依頼して建てた、サーフィンライフを楽しむためのサーファーズハウス。イメージしていたバケーションレンタルの家通りに完成しました。 第2位 無駄を省いて快適に シンプルが美しい ストレスフリーに暮らすコツ 気持ちよく暮らすには余白が大事。家を建てたことから整理収納アドバイザーの資格も取るに至った森山尚美

土間リビングの家(筑西の家)  敷地は、筑西市の中心市街地、歴史的な建築物も近隣に建ち並ぶ住宅地に位置します。 若いご夫婦と二人の子供達のための家。 1階と2階は吹き抜けにより繋がり、動線突き当たりの落ち着いた位置にある主寝室は、L字に張り出した形状とすることで、リビングと視線が重なる位置関係となっています。一体的な空間で構成することにより、互いの気配を感じることが出来る家、意外と短い家族全員で過ごす時間を、みんなで共有できるプランとしています。各部屋はプライバシーや空調効率を調整出来るよう、常時開放可能な開口でエリア分けされており、家族の成長に合わせ変化できるよう考えています。 LDKとひと繋がりになった広い土間は、縁側のように内外の境界を曖昧にし、積極的に人を招き入れる、開けた交流の場所をつくり出します。 深い軒や色彩など、現代的にアレンジした和のデザインにより、歴史ある街並みや地域の生活に溶け込み、永く愛され住み継がれて行く家になるよう設計しました。

土間リビングの家(筑西の家) 敷地は、筑西市の中心市街地、歴史的な建築物も近隣に建ち並ぶ住宅地に位置します。 若いご夫婦と二人の子供達のための家。 1階と2階は吹き抜けにより繋がり、動線突き当たりの落ち着いた位置にある主寝室は、L字に張り出した形状とすることで、リビングと視線が重なる位置関係となっています。一体的な空間で構成することにより、互いの気配を感じることが出来る家、意外と短い家族全員で過ごす時間を、みんなで共有できるプランとしています。各部屋はプライバシーや空調効率を調整出来るよう、常時開放可能な開口でエリア分けされており、家族の成長に合わせ変化できるよう考えています。 LDKとひと繋がりになった広い土間は、縁側のように内外の境界を曖昧にし、積極的に人を招き入れる、開けた交流の場所をつくり出します。 深い軒や色彩など、現代的にアレンジした和のデザインにより、歴史ある街並みや地域の生活に溶け込み、永く愛され住み継がれて行く家になるよう設計しました。

LEGARE(レガーレ) ビーン ダイニングテーブル

LEGARE(レガーレ) ビーン ダイニングテーブル

内装壁はすべて針葉樹合板で、コストを抑えながら構造的にも強化しています。天井は片流れ屋根の形状のままに構造材をあらわしにして木の温もりと経年変化を楽しみます。家の中央に置かれた薪ストーブは両面ガラス仕様でダイニング側からも炎が楽しめます。 専門家:小磯一雄|KAZ建築研究室が手掛けた、木の温もりを感じるリビング(群馬県太田市・芝屋根住宅-1|mat house)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

内装壁はすべて針葉樹合板で、コストを抑えながら構造的にも強化しています。天井は片流れ屋根の形状のままに構造材をあらわしにして木の温もりと経年変化を楽しみます。家の中央に置かれた薪ストーブは両面ガラス仕様でダイニング側からも炎が楽しめます。 専門家:小磯一雄|KAZ建築研究室が手掛けた、木の温もりを感じるリビング(群馬県太田市・芝屋根住宅-1|mat house)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

勾配天井により、明るく開放的なリビング。 隣接するダイニングスペースと天井の形状・材料を変えることで、空間にメリハリを付ける狙いも…!

勾配天井により、明るく開放的なリビング。 隣接するダイニングスペースと天井の形状・材料を変えることで、空間にメリハリを付ける狙いも…!

キッチン〜ダイニングの床は、掃除をしやすいタイルを貼りました。床材を貼り分けることで、同じ空間で視覚的にゾーニングしています。またこちらのお住まいは形状が特殊なため、一部の壁が斜めに。そこでクラフトの家具部門『CRAFT PRODUCT』のダイニングテーブルを、壁の形状に合わせて造作しました。繊細なシルエットと滑らかな肌ざわりで、デザイン・使い心地ともに気に入っているそうです。 専門家:株式会社クラフトが手掛けた、ダイニング(シンプルのなかの自然素材)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

キッチン〜ダイニングの床は、掃除をしやすいタイルを貼りました。床材を貼り分けることで、同じ空間で視覚的にゾーニングしています。またこちらのお住まいは形状が特殊なため、一部の壁が斜めに。そこでクラフトの家具部門『CRAFT PRODUCT』のダイニングテーブルを、壁の形状に合わせて造作しました。繊細なシルエットと滑らかな肌ざわりで、デザイン・使い心地ともに気に入っているそうです。 専門家:株式会社クラフトが手掛けた、ダイニング(シンプルのなかの自然素材)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

北欧テイストのかわいらしさ溢れる空間、マンションリノベーション事例。「北欧テイスト×かわいらしさ」でリノベーションはこうなります!。築17年の変わった形状のマンションをフルリノベーション。 空間コンセプトは映画「かもめ食堂」。 ほのぼのとした居心地のよい空間を忠実に再現。 リビングに入ると、そこにはパッと気持ちまでもが明るくなるような 北欧テイストのカウンターキッチン。 マンションの形状を活かし拡大したキッチンスペースには、造作のカップボードも設置。 リビングの無垢フローリングとキッチンのブルーの板張り、 そしてタイルの色が見事に調和し、どこかかわいらしさ感じる空間に。 奥にある和室が落ち着きをプラスし、 和洋折衷のまさに穏やかで心落ち着く「居心地いい空間」になりました。

北欧テイストのかわいらしさ溢れる空間、マンションリノベーション事例。「北欧テイスト×かわいらしさ」でリノベーションはこうなります!。築17年の変わった形状のマンションをフルリノベーション。 空間コンセプトは映画「かもめ食堂」。 ほのぼのとした居心地のよい空間を忠実に再現。 リビングに入ると、そこにはパッと気持ちまでもが明るくなるような 北欧テイストのカウンターキッチン。 マンションの形状を活かし拡大したキッチンスペースには、造作のカップボードも設置。 リビングの無垢フローリングとキッチンのブルーの板張り、 そしてタイルの色が見事に調和し、どこかかわいらしさ感じる空間に。 奥にある和室が落ち着きをプラスし、 和洋折衷のまさに穏やかで心落ち着く「居心地いい空間」になりました。

九十九里の海岸から少し離れた住宅地に、若い家族のために設計した住宅である。 敷地は、細長い形状で、建主の両親の住まいが敷地に隣接している。都心の密集住宅地では得難い広さとゆったりとした時間の流れる場所である。また、南側には隣地の畑が広がり、さらに敷地に広がりを与えていた。このような、外部に開きやすい敷地条件であることから、外部空間と住宅が、密接に関わりを持った住宅となるように計画をおこなった。 そこで、建物を小さく分節し、ボリュームを雁行させながら建物を配置しています。この配置計画により、建物と呼応するようにたくさんの小さな庭をつくり、建物に外部空間を感じられる場所を散りばめています。小さな庭は、内部空間のそれぞれの場所に合わせてデザインしており、見るための坪庭や、リビングと連続する活動的なデッキテラス、敷地を立体的に繋ぐルーフバルコニー、ダイニングの背景となる植栽等、内と外の近い関係のある場所を何気ない日常の中にいくつも取り入れることで、生活に豊かさを与えることを目指しています。…

九十九里の海岸から少し離れた住宅地に、若い家族のために設計した住宅である。 敷地は、細長い形状で、建主の両親の住まいが敷地に隣接している。都心の密集住宅地では得難い広さとゆったりとした時間の流れる場所である。また、南側には隣地の畑が広がり、さらに敷地に広がりを与えていた。このような、外部に開きやすい敷地条件であることから、外部空間と住宅が、密接に関わりを持った住宅となるように計画をおこなった。 そこで、建物を小さく分節し、ボリュームを雁行させながら建物を配置しています。この配置計画により、建物と呼応するようにたくさんの小さな庭をつくり、建物に外部空間を感じられる場所を散りばめています。小さな庭は、内部空間のそれぞれの場所に合わせてデザインしており、見るための坪庭や、リビングと連続する活動的なデッキテラス、敷地を立体的に繋ぐルーフバルコニー、ダイニングの背景となる植栽等、内と外の近い関係のある場所を何気ない日常の中にいくつも取り入れることで、生活に豊かさを与えることを目指しています。…

祐成大秀建築設計事務所 の モダンな リビングルーム 岩崎の家

穏やかな時間が流れる二世帯住宅

祐成大秀建築設計事務所 の モダンな リビングルーム 岩崎の家

チワワのあんずちゃんが走り回るリビングの床は、建築現場で使われていた古材の足場板。「汚れても気にならないのがいいです」

商店だった建物を大改装倉庫を改装したロフトのようなクールな空間にリノベーション

チワワのあんずちゃんが走り回るリビングの床は、建築現場で使われていた古材の足場板。「汚れても気にならないのがいいです」

この住居は富山市の郊外に位置する月見町の主要道路に面して建っています。 施主の要望により、正面の外観は白く、スクエアな形に。 数十年前の新興住宅地で築年数が経った家が多く並んでいるため、この住居の色と形が町並みに強い印象を与えています。 もともとの敷地の高低差をそのままに階段上のアプローチから玄関へたどり着くと、その先には大きなテラスと庭に面したLDKが広がります。 LDKから三角形状に切り出された大きなテラスにはすべて屋根をかけ、南からの陽射しを和らげて、やさしく程よい光をLDKに届けてくれることを期待しました。 また、ダイニングはリビングより300mm下がった床高さにすることで、リビングとダイニングの相互の視線の関係をデザインしています。

この住居は富山市の郊外に位置する月見町の主要道路に面して建っています。 施主の要望により、正面の外観は白く、スクエアな形に。 数十年前の新興住宅地で築年数が経った家が多く並んでいるため、この住居の色と形が町並みに強い印象を与えています。 もともとの敷地の高低差をそのままに階段上のアプローチから玄関へたどり着くと、その先には大きなテラスと庭に面したLDKが広がります。 LDKから三角形状に切り出された大きなテラスにはすべて屋根をかけ、南からの陽射しを和らげて、やさしく程よい光をLDKに届けてくれることを期待しました。 また、ダイニングはリビングより300mm下がった床高さにすることで、リビングとダイニングの相互の視線の関係をデザインしています。

不思議な半円形のダイニングテーブルです。 福井県にある「福地」という老舗の家具メーカーと女性インテリアデザイナー五十嵐久枝氏のコラボから生れた「おいしいキッチン」というプロジェクト。今回のオリジナリティ溢れるダイニングテーブルもそこから生れたものです。 インテラボでも何度も取り上げさせて頂いておりますが、最近の地方の家具プロジェクトの動きの素晴らしさには、ただただ感心させられることが本当に多いんですよ。 海外の優れたインテリアデザインを土台にしながらも、日本人的な細やかな感性と優れた木工技術が融合して、新しくて懐かしい…そして生活が楽しくなるようね優れたプロジェクトが生れ、新しい家具が発表されています。微力ながら応援をしていきたいと思っています。 半円形天板に収納スペースを付けたハイコストパフォーマンステーブル。 半円形テーブルの特徴については以前、少しお話したことがあります。半円形という形は、円形テーブルの自由さと直線部分があることで省スペースも実現できるという大変優れた形なんです。また、天板下の収納スペースも良いアイデアです。…

不思議な半円形のダイニングテーブルです。 福井県にある「福地」という老舗の家具メーカーと女性インテリアデザイナー五十嵐久枝氏のコラボから生れた「おいしいキッチン」というプロジェクト。今回のオリジナリティ溢れるダイニングテーブルもそこから生れたものです。 インテラボでも何度も取り上げさせて頂いておりますが、最近の地方の家具プロジェクトの動きの素晴らしさには、ただただ感心させられることが本当に多いんですよ。 海外の優れたインテリアデザインを土台にしながらも、日本人的な細やかな感性と優れた木工技術が融合して、新しくて懐かしい…そして生活が楽しくなるようね優れたプロジェクトが生れ、新しい家具が発表されています。微力ながら応援をしていきたいと思っています。 半円形天板に収納スペースを付けたハイコストパフォーマンステーブル。 半円形テーブルの特徴については以前、少しお話したことがあります。半円形という形は、円形テーブルの自由さと直線部分があることで省スペースも実現できるという大変優れた形なんです。また、天板下の収納スペースも良いアイデアです。…

クライアントのナチュラルな色の木材に囲まれた生活をしたい。というご希望を叶えるため天板に集成材を採用し、側面にリビングで採用している床材を施工することとしました。さらに、天板がそのまま大きなダイニングテーブルとなるように、足元に100mm程度の段差を設けることでキッチンの天板とフラットに繋がる形状としています。このシンプルでフラットな形状のキッチンにアクセントとしてスプリング状にデザインされている

クライアントのナチュラルな色の木材に囲まれた生活をしたい。というご希望を叶えるため天板に集成材を採用し、側面にリビングで採用している床材を施工することとしました。さらに、天板がそのまま大きなダイニングテーブルとなるように、足元に100mm程度の段差を設けることでキッチンの天板とフラットに繋がる形状としています。このシンプルでフラットな形状のキッチンにアクセントとしてスプリング状にデザインされている

Pinterest
検索